最終日の個人TTでも圧巻の走りで真っ赤なバイクで駆け抜けたログリッチが総合優勝を盤石にした勝利 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 ステージ21]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2021、ステージ21(ETAPE 21)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
本年度のグランツール最終、またブエルタ最終ステージとなる個人TT。
中盤で登りはあるものの、基本的にはいわゆるタイムトライアルが早い選手が勝つステージ。

 



05/09 – La Vuelta 21 – Etapa 21 – Padrón-Santiago de Compostela. © Unipublic/Charly López

序盤に走ったチェルニーに記録を1分以上縮めてかなりの好タイムを出したのは、今大会大活躍のコルトニールセン。44分16秒。
このタイムに対して総合上位勢が挑む形。

総合2位のマスを後方からまくったログリッチがオリンピックさながらの一人次元の違う走りで完璧な勝利。
一瞬コースを間違えそうになったところもあったものの、44分02秒と、コルトニールセンを14秒更新してのフィニッシュ。

ツール・ド・フランスのときのような失速や、怪我、3週目の鬼門などを乗り越え、というか圧倒的かつ盤石な総合優勝を飾りました。
ポイント賞は昨日時点でヤコブセン、山岳賞はストーラーは確定済み。
新人賞はベルナルは伸びず、マーダーが守りきりました。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 00H 44′ 02”
2 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO + 00H 00′ 14”
3 THYMEN ARENSMAN 192 TEAM DSM + 00H 00′ 52”
4 JOSEF ČERNÝ 93 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00H 01′ 16”
5 CHAD HAGA 195 TEAM DSM + 00H 01′ 43”
6 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 01′ 49”
7 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 01′ 52”
8 STEVEN KRUIJSWIJK 5 JUMBO – VISMA + 00H 01′ 52”
9 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 04”
10 ION IZAGUIRRE INSAUSTI 35 ASTANA – PREMIER TECH + 00H 02′ 06”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
ログリッチが総合優勝。レースの最初のステージから最後まで、まじで盤石な運びでした。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 83H 55′ 29” B : 46”
2 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 04′ 42” B : 14”
3 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 07′ 40”
4 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 09′ 06” B : 4”
5 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 11′ 33”
6 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 13′ 27” B : 3”
7 DAVID DE LA CRUZ 221 UAE TEAM EMIRATES + 00H 18′ 33” B : 1”
8 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 18′ 55” B : 6”
9 GUILLAUME MARTIN 81 COFIDIS + 00H 20′ 27”
10 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 22′ 22”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ヤコブセンがポイント賞獲得。2位はログリッチでした。
フィリプセンが途中発熱でリタイアしなければ、もうちょっとごちゃごちゃしたはずでしたが残念。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 250 PTS
2 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 199 PTS
3 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 161 PTS
4 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES 145 PTS
5 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 120 PTS
6 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM 120 PTS
7 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE 114 PTS
8 ANDREA BAGIOLI 92 DECEUNINCK – QUICK – STEP 101 PTS
9 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 96 PTS
10 ARNAUD DEMARE 121 GROUPAMA – FDJ 91 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ストーラーが山岳賞獲得。
途中までカルーゾやバルデが対抗馬でしたが、両者ともアシストやステージ優勝を狙ったからか最終日には戦わなかったですね。
バルデは最後まで争ってもよかったと思うが。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM 80 PTS
2 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 61 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 51 PTS
4 DAMIANO CARUSO 43 BAHRAIN VICTORIOUS 33 PTS
5 RAFAL MAJKA 224 UAE TEAM EMIRATES 33 PTS
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS 23 PTS
7 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA 19 PTS
8 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 17 PTS
9 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 16 PTS
10 FABIO ARU 201 TEAM QHUBEKA NEXTHASH 16 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
マーダーが新人賞。
ベルナルは新人賞欲しさに戦ってないからしょうがないね。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS 84H 07′ 02”
2 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 01′ 54” B : 3”
3 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 215 TREK – SEGAFREDO + 00H 19′ 48”
4 RÉMY ROCHAS 88 COFIDIS + 00H 40′ 59”
5 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 13 AG2R CITROEN TEAM + 00H 45′ 56” B : 16”
6 STEFF CRAS 162 LOTTO SOUDAL + 01H 10′ 33”
7 JEFFERSON CEPEDA 75 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 01H 47′ 21”
8 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS + 01H 53′ 14” B : 7”
9 GOTZON MARTIN SANZ 116 EUSKALTEL-EUSKADI + 01H 59′ 06”
10 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM + 02H 11′ 12” B : 30”

 

余談:
ログリッチおめでとう。
この流れというか盤石な運びで去年のツール・ド・フランスもいってたのに一人の鬼神がひっくり返してしまったんよなぁ。
本当にわからんもんですが普通はこういう形でフィニッシュするのよね。とにかくおめでとうございます。

 

(texted by 新堀 勝)