チームメイトの完璧なペースメイク、アシスト、リードアウトに支えられ勝負を託されたコルトニールセンが逃げ集団内でのスプリントで3勝目 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 ステージ19]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2021、ステージ19(ETAPE 19)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
3級、2級、2級を序盤に超えて、中盤以降はアップダウンはあるものの凶悪な坂はなく。
フィニッシュゾーンは平坦ステージとなるのでスプリント決戦か。

 



03/09 – La Vuelta 21 – Etapa 19 – Tapia-Monforte de Lemos © Unipublic/Charly López

序盤18名の逃げが形成したものの、中盤超えて残り43km地点では逃げは11名に。またタイム差も1分と逃げ切りを容認しない展開。
ポイント賞ジャージを持っているヤコブセンは既に大きく遅れている状況でステージの勝敗には絡まなそう。

逃げ11名は、
クラドック、コルトニールセン、トゥゼ、パドゥン、バジョーリ、ソト、アントニールー、クロン、デンツ、シモンズ、オリベイラ。
残り10kmを切るとDSMやバイクエクスチェンジのスプリント勝負をしたいチームが引く。が、逃げ集団は巧みな先頭交代でタイム差をキープする。
途中脱落していく選手らも居る中、クラドック、コルトニールセン、アントニールー、シモンズら7名。

この逃げ集団、最後の1kmを切ってもメイン集団から30秒弱のタイム差をキープし続ける。逃げる7名でのスプリント勝負に。
EFのクラドックがチームメイト、コルトニールセンのために集団を牽引しまくり、ペースを全く落とさずまた完璧なリードアウト。
クラドックの後ろからシモンズが早めにスプリントするものの、コルトニールセンが盤石の体制で発射。しっかりステージをもぎ取りました。

コルトニールセンは3勝目。が、本日の主人公はおよそ引き倒したクラドック。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 04H 24′ 54” B : 10”
2 RUI OLIVEIRA 226 UAE TEAM EMIRATES B : 8”
3 QUINN SIMMONS 218 TREK – SEGAFREDO B : 7”
4 ANDREA BAGIOLI 92 DECEUNINCK – QUICK – STEP
5 ANTHONY ROUX 127 GROUPAMA – FDJ
6 ANDREAS KRON 161 LOTTO SOUDAL
7 G LAWSON CRADDOCK 105 EF EDUCATION – NIPPO + 00H 00′ 05” B : 1”
8 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM + 00H 00′ 18”
9 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES + 00H 00′ 18”
10 ALEXANDER KRIEGER 24 ALPECIN – FENIX + 00H 00′ 18”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
ログリッチが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 77H 49′ 37” B : 40”
2 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 30” B : 14”
3 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 53” B : 18”
4 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 04′ 36”
5 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 43” B : 3”
6 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 05′ 44”
7 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 06′ 02” B : 6”
8 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 07′ 48”
9 GUILLAUME MARTIN 81 COFIDIS + 00H 08′ 31”
10 DAVID DE LA CRUZ 221 UAE TEAM EMIRATES + 00H 09′ 24” B : 1”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ヤコブセンが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 250 PTS
2 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 162 PTS
3 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 144 PTS
4 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES 132 PTS
5 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM 120 PTS
6 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE 114 PTS
7 ANDREA BAGIOLI 92 DECEUNINCK – QUICK – STEP 101 PTS
8 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 100 PTS
9 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM 92 PTS
10 ARNAUD DEMARE 121 GROUPAMA – FDJ 91 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ストーラーがキープ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM 59 PTS
2 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 54 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 48 PTS
4 DAMIANO CARUSO 43 BAHRAIN VICTORIOUS 33 PTS
5 RAFAL MAJKA 224 UAE TEAM EMIRATES 33 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM 28 PTS
7 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS 23 PTS
8 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA 19 PTS
9 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 17 PTS
10 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 16 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ベルナルのまま。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 77H 54′ 20” B : 3”
2 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 03′ 05”
3 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 215 TREK – SEGAFREDO + 00H 13′ 20”
4 RÉMY ROCHAS 88 COFIDIS + 00H 34′ 31”
5 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 13 AG2R CITROEN TEAM + 00H 47′ 32” B : 6”
6 STEFF CRAS 162 LOTTO SOUDAL + 01H 05′ 55”
7 JEFFERSON CEPEDA 75 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 01H 23′ 09”
8 ALEKSANDR VLASOV 31 ASTANA – PREMIER TECH + 01H 33′ 13”
9 GOTZON MARTIN SANZ 116 EUSKALTEL-EUSKADI + 01H 36′ 16”
10 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS + 01H 38′ 23” B : 7”

 

余談:


03/09 – La Vuelta 21 – Etapa 19 – Tapia-Monforte de Lemos © Unipublic/Charly López

もう彼が勝ったかのような喜びようだけど、もちろん勝ったのはコルトニールセンなので違うんだけど、最高のシーンですわ。

 

(texted by 新堀 勝)