ライバルの消えた今年のピュアスプリント対決はやはりヤコブセン一強 トレインなくても盤石のスプリント勝利 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 ステージ16]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2021、ステージ16(ETAPE 16)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
ステージの50%、ちょうど真ん中あたりで3級山岳、75%あたりで中間スプリントポイント箇所があり、あとは平坦基調なステージ。
ヤコブセン一強となっているポイントジャージの行方はいかに。

 



31/08 – La Vuelta 21 – Etapa 16 – Laredo-Santa Cruz de Bezana © Unipublic/Charly López

逃げは5名で発進。デウェルフ、ビスカラ、クレイス、シモンズ、ボル。
残り65km地点でファンフックが、これに飛び乗りに成功し逃げは全部で6名に。

彼らをドゥクーニンクらがメイン集団をひくレース展開でいわゆるピュアスプリント戦の様相を示すが、3級山岳ポイントでメイン集団からドゥクーニンクのエース、ヤコブセンが集団から遅れてしまう。
ドゥクーニンクを置いていきたいのでUAEがメイン集団を牽引。それに必死で食い下がったドゥクーニンク。結果残り45km地点で合流することに成功。危ういシーンを脱する。
3級山岳も中間ポイントも今日はボルが1位通過。

残り10kmで逃げからデウェルフが単独で粘りに行く。が、残り4.5kmでFDJの牽引する集団に吸収。やはり勝負ポイントは、ピュアスプリント対決に。
ドゥクーニンクのトレインは残り1km地点でもうひとりしかいない状態で突入。
アルペシンの選手やボーラの選手が引き続くもののアシスト0から格の違いでヤコブセンがスプリントに勝利。
いわゆる集団スプリントでトレインでの位置取りどうのこうのという感じではなく、各チームがアシスト0の状態でも一人でしっかり勝ちきったヤコブセンが3勝目。ポイントも大きく稼ぐことに成功。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 04H 08′ 57” B : 10”
2 JORDI MEEUS 55 BORA – HANSGROHE B : 6”
3 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES B : 4”
4 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE
5 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM
6 JON ABERASTURI IZAGA 72 CAJA RURAL – SEGUROS RGA
7 RUI OLIVEIRA 226 UAE TEAM EMIRATES
8 RICCARDO MINALI 145 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX
9 ANTONIO JESÚS SOTO GUIRAO 118 EUSKALTEL-EUSKADI
10 CLÉMENT VENTURINI 18 AG2R CITROEN TEAM

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
エイキングが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ODD CHRISTIAN EIKING 142 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 64H 06′ 47”
2 GUILLAUME MARTIN 81 COFIDIS + 00H 00′ 54”
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA + 00H 01′ 36” B : 22”
4 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 11” B : 10”
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM + 00H 03′ 04” B : 4”
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 03′ 35”
7 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 21”
8 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 34”
9 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 04′ 59”
10 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 05′ 31”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ヤコブセンがキープ。ポイント飛び抜けてて。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 250 PTS
2 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES 123 PTS
3 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 114 PTS
4 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE 110 PTS
5 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM 109 PTS
6 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 108 PTS
7 ARNAUD DEMARE 121 GROUPAMA – FDJ 88 PTS
8 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 75 PTS
9 JORDI MEEUS 55 BORA – HANSGROHE 72 PTS
10 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 70 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
バルデが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 50 PTS
2 DAMIANO CARUSO 43 BAHRAIN VICTORIOUS 31 PTS
3 RAFAL MAJKA 224 UAE TEAM EMIRATES 29 PTS
4 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM 24 PTS
5 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS 16 PTS
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS 15 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 12 PTS
8 KENNY ELISSONDE 213 TREK – SEGAFREDO 11 PTS
9 REIN TAARAMÄE 147 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 10 PTS
10 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA 9 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ベルナルのまま。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 64H 11′ 08”
2 ALEKSANDR VLASOV 31 ASTANA – PREMIER TECH + 00H 01′ 43”
3 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 02′ 26”
4 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 215 TREK – SEGAFREDO + 00H 06′ 47”
5 RÉMY ROCHAS 88 COFIDIS + 00H 22′ 14”
6 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 13 AG2R CITROEN TEAM + 00H 32′ 43” B : 6”
7 STEFF CRAS 162 LOTTO SOUDAL + 00H 37′ 21”
8 JEFFERSON CEPEDA 75 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 00H 45′ 05”
9 GOTZON MARTIN SANZ 116 EUSKALTEL-EUSKADI + 01H 00′ 24”
10 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS + 01H 08′ 18” B : 7”

 

余談:
集団スプリントはヤコブセンやな。もう強いなぁと。

 

(texted by 新堀 勝)