序盤の逃げ集団に入り各山岳の登りポイントで勝負し単独化する自身が最もよく知る勝ち方を再び実践したマイカが逃げ切って勝利 メイン集団での戦いは決着つかず [ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 ステージ15]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2021、ステージ15(ETAPE 15)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
第2週の山岳決戦2戦目。翌日が休息日のため、山岳賞含めて大事な勝負ポイント。
1級、2級、1級、3級と通過して頂上フィニッシュではないもののかなりの高低差をこなすステージ。

 



29/08 – La Vuelta 21 – Etapa 15 – Navalmoral de la Mata-El Barraco © Unipublic/Charly López

序盤逃げたい選手たちが大暴れ。シバコフとコルトニールセンの2名で少し逃げをうつものの逃げたい元逃げ集団&メイン集団からの追走らが出て1級のもっと手前の上りのところでキャッチされる。
1級の上りに入るとマイカ、ファビオ・アル、ファンギルスの3名の逃げに変わる。追走集団は10名ほど。

1級はマイカが1位通過。ファンギルスは遅れてマイカとアルの2名に。メイン集団とは3分差、追走集団とは1分40秒差。
次の2級の上りでマイカはアルとも決別。ちぎって次の2級もマイカが1位通過。
逃げが決まらず、またそれらを引き離すためのアタック合戦で超ハイペースでレースが進む。

好調のマイカは次の1級の上りに入るころにはメイン集団と6分20秒程度の差で追走とも約2分の差。
追走は7名。中でもクライスヴァイクが単独追走を開始して2位に浮上。マイカを追う。
かなり長い20kmを超える1級山岳はまたもマイカが単独で踏破。

残り10kmを切って最後の3級の上りにマイカが突入。クライスヴァイクは1分48秒差とタイムは全く詰めることができず。
メイン集団はエイキングを守るためのワンテルマルシェがしっかり牽引し5分以上の差。ほぼマイカは逃げ切りが確定する。
実際マイカは全行程の約7〜8割を平均速度40kmとハイペースで逃げ切り勝ち。

そんなメイン集団は最後の3級でばっちばちのバトル開始。アダム・イェーツが仕掛けるとロペスやログリッチらが反応。
結果アダム・イェーツだけ数秒先行し、ほかは集団でフィニッシュ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 RAFAL MAJKA 224 UAE TEAM EMIRATES 04H 51′ 36” B : 13”
2 STEVEN KRUIJSWIJK 5 JUMBO – VISMA + 00H 01′ 27” B : 8”
3 CHRISTOPHER HAMILTON 196 TEAM DSM + 00H 02′ 19” B : 5”
4 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 02′ 42”
5 GIULIO CICCONE 211 TREK – SEGAFREDO + 00H 02′ 57”
6 ODD CHRISTIAN EIKING 142 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX + 00H 02′ 57”
7 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 02′ 57”
8 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 02′ 57”
9 DAVID DE LA CRUZ 221 UAE TEAM EMIRATES + 00H 02′ 57”
10 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 57”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
エイキングが維持。粘るなぁ、素晴らしい。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ODD CHRISTIAN EIKING 142 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 59H 57′ 50”
2 GUILLAUME MARTIN 81 COFIDIS + 00H 00′ 54”
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA + 00H 01′ 36” B : 22”
4 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 11” B : 10”
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM + 00H 03′ 04” B : 4”
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 03′ 35”
7 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 21”
8 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 34”
9 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 04′ 59”
10 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 05′ 31”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ヤコブセンがキープ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 200 PTS
2 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 114 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 108 PTS
4 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES 103 PTS
5 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM 93 PTS
6 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE 92 PTS
7 ARNAUD DEMARE 121 GROUPAMA – FDJ 88 PTS
8 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 75 PTS
9 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 70 PTS
10 ANDREA BAGIOLI 92 DECEUNINCK – QUICK – STEP 69 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
バルデがキープ。大車輪のマイカは3位。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 50 PTS
2 DAMIANO CARUSO 43 BAHRAIN VICTORIOUS 31 PTS
3 RAFAL MAJKA 224 UAE TEAM EMIRATES 29 PTS
4 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM 24 PTS
5 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS 16 PTS
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS 15 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 12 PTS
8 KENNY ELISSONDE 213 TREK – SEGAFREDO 11 PTS
9 REIN TAARAMÄE 147 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 10 PTS
10 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA 9 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ベルナルのまま。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 60H 02′ 11”
2 ALEKSANDR VLASOV 31 ASTANA – PREMIER TECH + 00H 01′ 43”
3 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 02′ 26”
4 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 215 TREK – SEGAFREDO + 00H 06′ 47”
5 RÉMY ROCHAS 88 COFIDIS + 00H 22′ 14”
6 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 13 AG2R CITROEN TEAM + 00H 32′ 43” B : 6”
7 STEFF CRAS 162 LOTTO SOUDAL + 00H 37′ 21”
8 JEFFERSON CEPEDA 75 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 00H 45′ 05”
9 GOTZON MARTIN SANZ 116 EUSKALTEL-EUSKADI + 01H 00′ 24”
10 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS + 01H 06′ 43” B : 7”

 

余談:
久しぶりのマイカ。全盛期は過ぎてしまったように思っていたがまだまだ力あるなぁ。

 

(texted by 新堀 勝)