エースのヤコブセンが脱落したピュアスプリント対決を急遽エース代役になったセネシャルがしっかりカバーして勝利に [ブエルタ・ア・エスパーニャ2021 ステージ13]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2021、ステージ13(ETAPE 13)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
THEド平坦のステージ。フィリプセンが抜けてヤコブセン一強のようなピュアスプリント対決はどうなるのか?
山岳ポイントは無しで、ゴールの13km程度のほぼ直前のところにスプリントポイントがあって、どうポイント戦略取るのかは気になるところ。

 



27/08 – La Vuelta 21 – Etapa 13 – Belmez-Villanueva de la Serena © Unipublic/Charly López

逃げは3名。ルビオ、マテ・マルドロス、クアドロス。
1〜2分程度でメイン集団が追いかける展開で、明らかにスプリントで仕留めようという流れで逃げ切りはできない雰囲気。
残り60km地点で集団が横風により分断。先頭と20秒程度まで一気に詰まるものの、そのメイン集団先行側がペースを緩めて分断組が合流し一旦事なきを得る。

残り28km地点で逃げはキャッチされ大きな集団一つに。このあとも誰も飛び出す展開もなく静かに平和に進む。
スプリントポイントの奪い合いは、全くバトルせずヤコブセンが全選手の先頭で通過で着実にポイントを加算。

残り5kmを切ってドゥクーニンクが完璧な並びを作って集団を牽引。残り3km地点の直角カーブでエースのヤコブセンは番手を下げてしまう。
更に2km地点から続くカーブでドゥクーニンクが後続勢を破壊。先頭10名程度での勝負に持ち込む。残り1.5kmでエースのヤコブセンがパンクで脱落。
ここまでドゥクーニンクが確実なトレインをしていたのにもっ変わらず急遽作戦を変更。この電車にずーっと無賃乗車しているトレンティンが目を光らせる。
先に駆けたのはその後ろからサッシャ・モドロ。これにきれいに代役エースのセネシャルとトレンティンがこれをいい具合のアシストにして発射。
セネシャルとトレンティンのロングスプリント対決はセネシャルに軍配。

最高の位置につけていたトレンティンは、急遽代役エースとなったセネシャルに惜敗。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 FLORIAN SENECHAL 95 DECEUNINCK – QUICK – STEP 04H 58′ 23” B : 10”
2 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES B : 6”
3 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM + 00H 00′ 02” B : 4”
4 LUKA MEZGEC 184 TEAM BIKEEXCHANGE + 00H 00′ 03”
5 STAN DEWULF 15 AG2R CITROEN TEAM + 00H 00′ 03”
6 PIET ALLEGAERT 82 COFIDIS + 00H 00′ 03”
7 ITAMAR EINHORN 155 ISRAEL START-UP NATION + 00H 00′ 03”
8 ANTONIO JESÚS SOTO GUIRAO 118 EUSKALTEL-EUSKADI + 00H 00′ 03”
9 RUI OLIVEIRA 226 UAE TEAM EMIRATES + 00H 00′ 03”
10 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 00′ 06”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
エイキングが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ODD CHRISTIAN EIKING 142 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 50H 31′ 52”
2 GUILLAUME MARTIN 81 COFIDIS + 00H 00′ 58”
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA + 00H 01′ 56” B : 22”
4 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM + 00H 02′ 31” B : 10”
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ 174 MOVISTAR TEAM + 00H 03′ 28” B : 4”
6 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 03′ 55”
7 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 41”
8 ADAM YATES 138 INEOS GRENADIERS + 00H 04′ 57”
9 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA + 00H 05′ 03”
10 FELIX GROSSSCHARTNER 51 BORA – HANSGROHE + 00H 05′ 38”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ヤコブセンがキープ。中間ポイントはしっかり取ったけど最後勝ちたかったはず。残念。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 FABIO JAKOBSEN 91 DECEUNINCK – QUICK – STEP 200 PTS
2 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 114 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 106 PTS
4 MATTEO TRENTIN 228 UAE TEAM EMIRATES 103 PTS
5 ALBERTO DAINESE 193 TEAM DSM 93 PTS
6 MICHAEL MATTHEWS 181 TEAM BIKEEXCHANGE 92 PTS
7 ARNAUD DEMARE 121 GROUPAMA – FDJ 74 PTS
8 ENRIC MAS 171 MOVISTAR TEAM 69 PTS
9 ANDREA BAGIOLI 92 DECEUNINCK – QUICK – STEP 69 PTS
10 LILIAN CALMEJANE 12 AG2R CITROEN TEAM 59 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
カルーゾがキープ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 DAMIANO CARUSO 43 BAHRAIN VICTORIOUS 31 PTS
2 ROMAIN BARDET 191 TEAM DSM 27 PTS
3 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM 17 PTS
4 PAVEL SIVAKOV 136 INEOS GRENADIERS 16 PTS
5 JACK HAIG 44 BAHRAIN VICTORIOUS 15 PTS
6 PRIMOŽ ROGLIČ 1 JUMBO – VISMA 12 PTS
7 KENNY ELISSONDE 213 TREK – SEGAFREDO 11 PTS
8 REIN TAARAMÄE 147 INTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX 10 PTS
9 SEPP KUSS 6 JUMBO – VISMA 9 PTS
10 MAGNUS CORT NIELSEN 107 EF EDUCATION – NIPPO 8 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ベルナルのまま。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 EGAN ARLEY BERNAL 131 INEOS GRENADIERS 50H 36′ 33”
2 ALEKSANDR VLASOV 31 ASTANA – PREMIER TECH + 00H 01′ 27”
3 GINO MÄDER 45 BAHRAIN VICTORIOUS + 00H 02′ 13”
4 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 215 TREK – SEGAFREDO + 00H 05′ 22”
5 RÉMY ROCHAS 88 COFIDIS + 00H 17′ 17”
6 STEFF CRAS 162 LOTTO SOUDAL + 00H 32′ 57”
7 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 13 AG2R CITROEN TEAM + 00H 40′ 58” B : 6”
8 JEFFERSON CEPEDA 75 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 00H 43′ 41”
9 GOTZON MARTIN SANZ 116 EUSKALTEL-EUSKADI + 00H 55′ 40”
10 MICHAEL STORER 197 TEAM DSM + 00H 55′ 42” B : 25”

 

余談:
ヤコブセンはやっちまったなぁ。。

 

(texted by 新堀 勝)