地獄の109kmアングリル頂上フィニッシュを制したのは耐えきって男ギア一閃 一気に踏み切ったヒューカーシーが勝利 総合もカラパスが再び奪取 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ12]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2020、ステージ12(ETAPE 12)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
3級、3級、1級、1級、超級の頂上フィニッシュ。109kmという短さもあって今大会のクイーンステージ。
ラストの超級はアングリルという悪名高き山。途中20%を超える斜度があり、かのコンタドールでもよれるほど。
山岳賞狙い、逃げ切り、総合争い。全てが見もののステージ。

 



Cycling: Vuelta España 2020 / Tour Spain 2020 / 12 Etapa / 12 Stage / ARRIVAL / LLEGADA / CARTHY, Hugh John (GBR) / CHAVES, Jhoan Esteban (COL) / La Pola Llaviana – Angliru (109 km) 1-11-2020/Cycling: Vuelta España 2020 / Tour Spain 2020 / 11 Etapa

男ギア全開 ヒューカーシー。

逃げは山岳ジャージのマルタンを含む約20名。序盤の3級2つはどちらもマルタンが1位通過で山岳ポイントをコツコツ貯金。
次の1級もマルタンが1位通過。この下りで逃げ集団に必死にブリッジしたステージ候補のフォルモロが単独落車するアクシデント。悲しい。

4つ目の1級山岳でメイン集団がひたひたと差を詰めてきて、逃げ集団から脱落してきた選手たちを次々吸収。また昨日同様チャベスがアングリル前に早々に遅れる展開。
先頭集団ではLLサンチェス、カッタネオの2名がアタックし、一旦マルタンは引き離されるもののペースで追いついて3名の先頭集団。この山岳もマルタンが1位通過。
メイン集団は35秒差で追いかける中で、イネオスのフルームがメイン集団を牽引しメイン集団もかなり人数が減って絞られる。

そしていよいよ残り12km。アングリルへ。先頭は依然3名。集団はユンボのヘーシンクが牽引。残り10km地点で先頭は吸収。
勾配が20%を超える6kmのところでは約10名程度。全員がきつくなった中残り3.5kmでエンリク・マスがアタック。
最後尾からカラパスが追い上げマスをキャッチ。ヒューカーシーとカラパス、マスの3名。これに対してログリッチェが遅れる。

そしてヒューカーシーが少しのリードが取れたと見るやギアを上げて一気に踏む。カラパスはスパートが早かったのか先頭についていけず。
重いギアに入れてグイグイ踏んで後方と大きく溝を開けたヒューカーシーが1位フィニッシュ。
ヴラソフ、マス、カラパスが約16秒遅れ、さらに10秒(先頭から26秒)遅れてログリッチェ、クス、ダン・マーティンがフィニッシュ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING 03H 08′ 40” B : 10”
2 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM + 00H 00′ 16” B : 6”
3 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM + 00H 00′ 16” B : 4”
4 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS + 00H 00′ 16”
5 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA + 00H 00′ 26”
6 SEPP KUSS 6 TEAM JUMBO – VISMA + 00H 00′ 26”
7 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION + 00H 00′ 26”
8 WOUTER POELS 111 BAHRAIN – MCLAREN + 00H 01′ 35”
9 MICHAEL WOODS 108 EF PRO CYCLING + 00H 01′ 35”
10 FELIX GROSSSCHARTNER 63 BORA – HANSGROHE + 00H 02′ 15”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
カラパスがまたも奪う。ログリッチェは遅れたがTTが残ってるしね。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 48H 29′ 27” B : 16”
2 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA + 00H 00′ 10” B : 42”
3 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING + 00H 00′ 32” B : 10”
4 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION + 00H 00′ 35” B : 22”
5 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM + 00H 01′ 50” B : 4”
6 WOUTER POELS 111 BAHRAIN – MCLAREN + 00H 05′ 13”
7 FELIX GROSSSCHARTNER 63 BORA – HANSGROHE + 00H 05′ 30” B : 6”
8 ALEJANDRO VALVERDE 171 MOVISTAR TEAM + 00H 06′ 22” B : 5”
9 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM + 00H 06′ 41” B : 6”
10 MIKEL NIEVE 83 MITCHELTON – SCOTT + 00H 06′ 42”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ログリッチェが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA 147 PTS
2 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 104 PTS
3 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION 100 PTS
4 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING 75 PTS
5 GUILLAUME MARTIN 151 COFIDIS 74 PTS
6 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM 66 PTS
7 FELIX GROSSSCHARTNER 63 BORA – HANSGROHE 60 PTS
8 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM 57 PTS
9 MARC SOLER 177 MOVISTAR TEAM 53 PTS
10 MICHAEL WOODS 108 EF PRO CYCLING 52 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ギヨーム・マルタンが昨日に続きめちゃくちゃ稼いだ。ほぼ確定かも。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 GUILLAUME MARTIN 151 COFIDIS 76 PTS
2 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 30 PTS
3 SEPP KUSS 6 TEAM JUMBO – VISMA 27 PTS
4 TIM WELLENS 141 LOTTO SOUDAL 22 PTS
5 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING 21 PTS
6 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA 21 PTS
7 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION 20 PTS
8 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM 18 PTS
9 MICHAEL STORER 46 TEAM SUNWEB 17 PTS
10 MICHAEL WOODS 108 EF PRO CYCLING 16 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
マスが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM 48H 31′ 17” B : 4”
2 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM + 00H 04′ 51” B : 6”
3 DAVID GAUDU 94 GROUPAMA – FDJ + 00H 06′ 37” B : 10”
4 GEORG ZIMMERMANN 137 CCC TEAM + 00H 32′ 59”
5 KOBE GOOSSENS 144 LOTTO SOUDAL + 00H 41′ 14”
6 GINO MÄDER 168 NTT PRO CYCLING TEAM + 00H 42′ 08”
7 WILLIAM BARTA 132 CCC TEAM + 00H 42′ 30”
8 CLÉMENT CHAMPOUSSIN 121 AG2R LA MONDIALE + 01H 09′ 47”
9 ANDREA BAGIOLI 12 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 01H 12′ 25” B : 4”
10 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 31 TREK – SEGAFREDO + 01H 15′ 17”

 

余談:
相変わらずアングリルやべぇな。
フルームの牽引にはちょっと感動した。頑張ってほしい。

 

(texted by 新堀 勝)