兄貴が逃げて弟が仕留める 兄弟連携の頭脳プレーでしっかり足をチャージしたヨン・イザギレが勝利 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ6]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2020、ステージ6(ETAPE 6)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
本来は超級が2回ほど登場するピレネーでの今年のクイーンステージになる予定がCOVIDによる制限地域があるため短縮&コース変更される形に。
3級、2級、そして1級頂上フィニッシュ。

 



25/10 – La Vuelta 2020 – Etapa 6 – Biescas-Col du Tourmalet

逃げはマルタンら23名の大逃げ集団。約3分30秒程度のリードで展開。

残り約30km。2級を超えた後の下りのところでで、ゴルカ・イザギレが飛び出し単独走を開始。
最後の1級にはいって、残り7kmを切ってゴルカ・イザギレは吸収。逃げ集団は13名となって再び一つに。
メイン集団ではモビスターが精力的に牽引してペースを上げて約2分のリード。
メイン集団からもデラクルスのアタックを皮切りに、アルミラルのアシストでゴデュ、マルクソレルの4名が追いついて追走集団を形成。

残り2.8km、13名からぼろぼろと選手が脱落していくなか、今度は弟のヨン・イザギレがアタック。
ヨン・イザギレが兄の逃げで貯めることの出来た脚を最後の上りでいかんなく発揮。抜群のペースで単独走で仕留めあげました。

メイン集団ではログリッチェが大きくタイムロス。まったくペースが上がらず、ライバル勢に対して30秒ほど遅れるフィニッシュ。
カラパスをはじめライバル勢に対して40秒〜50秒ほどタイムを落としてしまいました。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ION IZAGUIRRE INSAUSTI 55 ASTANA PRO TEAM 03H 41′ 00” B : 10”
2 MICHAEL WOODS 108 EF PRO CYCLING + 00H 00′ 25” B : 6”
3 RUI COSTA 22 UAE TEAM EMIRATES + 00H 00′ 25” B : 4”
4 ROB POWER 41 TEAM SUNWEB + 00H 00′ 27”
5 MICHAEL HUNDAHL VALGREN 166 NTT PRO CYCLING TEAM + 00H 00′ 27”
6 GUILLAUME MARTIN 151 COFIDIS + 00H 00′ 27”
7 MATTIA CATTANEO 13 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00H 00′ 38”
8 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING + 00H 00′ 48”
9 GORKA IZAGIRRE INSAUSTI 57 ASTANA PRO TEAM + 00H 00′ 53” B : 3”
10 SERGIO LUIS HENAO 24 UAE TEAM EMIRATES + 00H 00′ 55”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
カラパスが奪取。カラパスが奪ったというよりログリッチェが落ちたという感じ。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 24H 34′ 39” B : 10”
2 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING + 00H 00′ 18”
3 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION + 00H 00′ 20” B : 18”
4 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA + 00H 00′ 30” B : 22”
5 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM + 00H 01′ 07”
6 FELIX GROSSSCHARTNER 63 BORA – HANSGROHE + 00H 01′ 30”
7 MARC SOLER 177 MOVISTAR TEAM + 00H 01′ 42” B : 10”
8 JHOAN ESTEBAN CHAVES 81 MITCHELTON – SCOTT + 00H 02′ 02”
9 DAVID DE LA CRUZ 21 UAE TEAM EMIRATES + 00H 02′ 46”
10 ALEJANDRO VALVERDE 171 MOVISTAR TEAM + 00H 03′ 00”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ログリッチェが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA 79 PTS
2 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 61 PTS
3 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION 57 PTS
4 GUILLAUME MARTIN 151 COFIDIS 36 PTS
5 HUGH JOHN CARTHY 102 EF PRO CYCLING 33 PTS
6 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM 33 PTS
7 FELIX GROSSSCHARTNER 63 BORA – HANSGROHE 33 PTS
8 MARC SOLER 177 MOVISTAR TEAM 29 PTS
9 TIM WELLENS 141 LOTTO SOUDAL 26 PTS
10 SEPP KUSS 6 TEAM JUMBO – VISMA 26 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ウェレンスが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM POINTS P
1 TIM WELLENS 141 LOTTO SOUDAL 19 PTS
2 RICHARD CARAPAZ 72 INEOS GRENADIERS 18 PTS
3 DANIEL MARTIN 181 ISRAEL START-UP NATION 16 PTS
4 GUILLAUME MARTIN 151 COFIDIS 15 PTS
5 SEPP KUSS 6 TEAM JUMBO – VISMA 14 PTS
6 ION IZAGUIRRE INSAUSTI 55 ASTANA PRO TEAM 11 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIC 1 TEAM JUMBO – VISMA 7 PTS
8 QUENTIN JAUREGUI 127 AG2R LA MONDIALE 6 PTS
9 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM 6 PTS
10 ALEJANDRO VALVERDE 171 MOVISTAR TEAM 6 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
マスが維持。

RANK RIDER RIDER NO. TEAM TIMES B P
1 ENRIC MAS 174 MOVISTAR TEAM 24H 35′ 46”
2 DAVID GAUDU 94 GROUPAMA – FDJ + 00H 02′ 40”
3 GINO MÄDER 168 NTT PRO CYCLING TEAM + 00H 02′ 57”
4 ALEKSANDR VLASOV 51 ASTANA PRO TEAM + 00H 05′ 27”
5 KOBE GOOSSENS 144 LOTTO SOUDAL + 00H 12′ 36”
6 GEORG ZIMMERMANN 137 CCC TEAM + 00H 12′ 54”
7 WILLIAM BARTA 132 CCC TEAM + 00H 14′ 06”
8 IVAN RAMIRO SOSA CUERVO 76 INEOS GRENADIERS + 00H 17′ 26”
9 ANDREA BAGIOLI 12 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00H 17′ 54”
10 JUAN PEDRO LOPEZ PEREZ 31 TREK – SEGAFREDO + 00H 20′ 41”

 

余談:
ログリッチェ失速。これでレース全体中止とかになったら、多分カラパスの総合優勝みたいになると思うと目も当てられないなー。

 

(texted by 新堀 勝)