マドリードのスプリンター決戦はリケーゼのリードで道が開いたヤコブセンがサム・ベネットを下す ログリッチェ総合優勝で幕 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ21]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2019、ステージ21(ETAPE 21)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
ラストステージ。ツール・ド・フランスよろしく、序盤はパレード。マドリード市内に入ってきたら周回コースとなってスプリントステージに。

 



© Sarah Meyssonnier

ヤコブセン。

周回入って逃げは2名。ダニエル・マルチネス、ルビオ・ヘルナンデス。しかしこの逃げはもちろん吸収。メインの勝負は、やはりスプリンター対決に。

最後のスプリント対決にドゥクーニンク・クイックステップが率先してトレインを開始。
トレックのデゲンコルブがエースを牽引するシーンもあったものの、これの後ろに位置取りしたサム・ベネット。
しかしドゥクーニンクの牽引役リケーゼがトレックのエースを肩で弾き飛ばして、ヤコブセンを牽引。
このリケーゼが開いた道がヤコブセンの勝利の道だった。サム・ベネットは惜しくも届かず2位で決着。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 FABIO JAKOBSEN 65 DECEUNINCK – QUICK – STEP 02h 48′ 20” B : 10”
2 SAM BENNETT 43 BORA – HANSGROHE B : 6”
3 SZYMON SAJNOK 56 CCC TEAM B : 4”
4 JON ABERASTURI IZAGA 192 CAJA RURAL – SEGUROS RGA
5 EDVALD BOASSON HAGEN 114 TEAM DIMENSION DATA
6 EDWARD THEUNS 168 TREK – SEGAFREDO
7 TOSH VAN DER SANDE 95 LOTTO SOUDAL
8 CLEMENT VENTURINI 18 AG2R LA MONDIALE
9 MARC SARREAU 81 GROUPAMA – FDJ
10 DION SMITH 108 MITCHELTON – SCOTT

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
ログリッチェが初のグランツール制覇。もう本当おめでとうございます。
スキージャンパーから転身してきたタイムトライアラーの彼が本当に近年のレースでばっちばちに登れるようになっていて、1週間程度のステージレースで総合優勝を取るようになり、今年ジロ・デ・イタリアで3位、ブエルタ・ア・エスパーニャでは総合優勝と。誰もが羨むような彼の成長記録。
その裏には彼しかわからない辛さや努力があったのだろうと思う。なんにせよ結果がこんな形で出てくるということは素晴らしいよ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 83h 07′ 14” B : 28”
2 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 02′ 33” B : 22”
3 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 02′ 55” B : 33”
4 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 03′ 46” B : 16”
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 04′ 48” B : 4” P : 00′ 10”
6 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 07′ 33” B : 4”
7 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 10′ 04” B : 2”
8 CARL FREDRIK HAGEN 93 LOTTO SOUDAL + 00h 12′ 54”
9 MARC SOLER 8 MOVISTAR TEAM + 00h 22′ 27”
10 MIKEL NIEVE ITURRALDE 106 MITCHELTON – SCOTT + 00h 22′ 34”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ログリッチェがついでに獲得。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 155 PTS
2 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 136 PTS
3 SAM BENNETT 43 BORA – HANSGROHE 134 PTS
4 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 132 PTS
5 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM 100 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 76 PTS P : 0”
7 PHILIPPE GILBERT 61 DECEUNINCK – QUICK – STEP 73 PTS
8 DYLAN TEUNS 38 BAHRAIN – MERIDA 69 PTS
9 TOSH VAN DER SANDE 95 LOTTO SOUDAL 63 PTS
10 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST 62 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ブシャールが獲得。遅咲きとか思わない。素晴らしい。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 GEOFFREY BOUCHARD 13 AG2R LA MONDIALE 76 PTS
2 ANGEL MADRAZO RUIZ 181 BURGOS BH 44 PTS
3 SERGIO SAMITIER SAMITIER 218 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS 42 PTS
4 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 38 PTS
5 TAO GEOGHEGAN HART 124 TEAM INEOS 35 PTS
6 WOUT POELS 121 TEAM INEOS 31 PTS
7 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 29 PTS
8 SERGIO LUIS HENAO MONTOYA 174 UAE TEAM EMIRATES 27 PTS
9 JAKOB FUGLSANG 25 ASTANA PRO TEAM 24 PTS
10 MIKEL BIZKARRA ETXEGIBEL 215 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS 22 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ただの天才、ポガチャルが獲得。もう普通にエースですね。
年齢の若さと周りのチヤホヤする悪い大人や影響で、悪い方にいかなければいいけどなーという老婆心。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 83h 10′ 09”
2 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 53”
3 JAMES KNOX 66 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 20′ 00”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST + 00h 29′ 22”
5 RUBEN GUERREIRO 145 TEAM KATUSHA ALPECIN + 00h 39′ 10”
6 TAO GEOGHEGAN HART 124 TEAM INEOS + 01h 01′ 26”
7 KILIAN FRANKINY 84 GROUPAMA – FDJ + 01h 08′ 47”
8 OSCAR RODRIGUEZ GARAICOECHEA 211 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS + 01h 10′ 19”
9 BEN O’CONNOR 116 TEAM DIMENSION DATA + 01h 22′ 58”
10 SEPP KUSS 136 TEAM JUMBO – VISMA + 01h 32′ 38”

 

余談:



© Sarah Meyssonnier

総合優勝はログリッチェ。今後も勝ちそうだなー。全然笑ったりしないクールガイもさすがに笑顔。
そしてポガチャルねー。ねぇ。