うまく乗った逃げ集団の中で3つ目の1級山岳を越えたところからアタックし今大会最も不運だったイギータが勝利を掴む [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ18]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2019、ステージ18(ETAPE 18)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
1級を4つ。越えてから下ってフィニッシュする逃げ切りやすいステージ。
ステージ17のとてもロックなステージの疲労などの影響がどうかな?と。

 


© Sarah Meyssonnier

イギータの独り逃走。

1級が連発する中で、ポエルスの一人逃げなどから色々なメンツが逃げに。
ブシャールは山岳ポイントをしっかり獲得してほぼ山岳賞を手中に収める。

1級を4つ超えるステージで3つ目をこえたところでイギータがダウンヒルでアタック。このまま単独で下って登って下って。
逃げ集団の中で虎視眈々と「上り終わってやっと一息。ここで仕掛けるには早いだろ」という油断につけこんで、ダウンヒルでのアタックで出し抜いて逃走。
今大会ではエースのウランがリタイアし、序盤のステージで落車もしていたイギータがこれらのビハインドをひっくり返す仕事をやってのけました。

メイン集団内の勝負おmこの3つ目の山岳でミゲル・アンヘル・ロペスがアタックして先行するものの、この後のダウンヒルで吸収。
4つめの上りでポガチャルはタイムを落とし新人賞は再度ミゲル・アンヘル・ロペスへ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST 04h 33′ 09” B : 13”
2 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 15” B : 6”
3 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 15” B : 4”
4 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 00′ 15”
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 17”
6 CARL FREDRIK HAGEN 93 LOTTO SOUDAL + 00h 01′ 16”
7 LOUIS MEINTJES 111 TEAM DIMENSION DATA + 00h 01′ 16”
8 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 16”
9 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 01′ 16”
10 OSCAR RODRIGUEZ GARAICOECHEA 211 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS + 00h 03′ 47”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
ログリッチェがキープ。キンタナはまた遅れて3位へ後退。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 71h 16′ 54” B : 28”
2 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 02′ 50” B : 14”
3 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 03′ 31” B : 16”
4 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 04′ 17” B : 4” P : 00′ 10”
5 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 04′ 49” B : 20”
6 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 07′ 46”
7 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 09′ 46” B : 2”
8 CARL FREDRIK HAGEN 93 LOTTO SOUDAL + 00h 11′ 50”
9 JAMES KNOX 66 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 12′ 44”
10 MARC SOLER 8 MOVISTAR TEAM + 00h 21′ 09”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ログリッチェがキープ。今大会終始上位フィニッシュを繰り返しているためポイントは大きい。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 137 PTS
2 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 99 PTS
3 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 98 PTS
4 SAM BENNETT 43 BORA – HANSGROHE 94 PTS
5 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM 92 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 64 PTS P : 0”
7 PHILIPPE GILBERT 61 DECEUNINCK – QUICK – STEP 59 PTS
8 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST 52 PTS
9 ALEXANDER ARANBURU DEBA 193 CAJA RURAL – SEGUROS RGA 52 PTS
10 DYLAN TEUNS 38 BAHRAIN – MERIDA 51 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ブシャールが大きくポイントをまた稼ぎキープ。キープどころか2位以下を大きく突き放してほぼ確定かな。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 GEOFFREY BOUCHARD 13 AG2R LA MONDIALE 76 PTS
2 ANGEL MADRAZO RUIZ 181 BURGOS BH 44 PTS
3 TAO GEOGHEGAN HART 124 TEAM INEOS 35 PTS
4 WOUT POELS 121 TEAM INEOS 31 PTS
5 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 26 PTS
6 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 25 PTS
7 JAKOB FUGLSANG 25 ASTANA PRO TEAM 24 PTS
8 MIKEL BIZKARRA ETXEGIBEL 215 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS 22 PTS
9 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 22 PTS
10 SERGIO LUIS HENAO MONTOYA 174 UAE TEAM EMIRATES 21 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ミゲル・アンヘル・ロペスが奪い返す。
ポガチャルが遅れてしまった。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 71h 21′ 11”
2 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 32”
3 JAMES KNOX 66 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 08′ 27”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST + 00h 27′ 52”
5 RUBEN GUERREIRO 145 TEAM KATUSHA ALPECIN + 00h 35′ 57”
6 KILIAN FRANKINY 84 GROUPAMA – FDJ + 00h 43′ 08”
7 SEPP KUSS 136 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 58′ 29”
8 TAO GEOGHEGAN HART 124 TEAM INEOS + 00h 58′ 35”
9 OSCAR RODRIGUEZ GARAICOECHEA 211 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS + 00h 59′ 53”
10 NEILSON POWLESS 138 TEAM JUMBO – VISMA + 01h 09′ 51”

 

余談:
1級4つは見てる側に伝わるぐらいきっつい。コロンビア人のパンタノとかもそうだけどダウンヒル早い選手多いなぁ。
昨日の超ハイペースステージの疲れは、早めに終わったから早く休めて意外にリフレッシュしてるなんていう選手もいたようです。頭おかしい。