山岳7つで超級の頂上フィニッシュという驚異のステージを驚異的な成長を遂げるポガチャルが制す ログリッチェは総合2位以下とタイム差をさらに開く [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ13]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2019、ステージ13(ETAPE 13)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
はい、バカ。アホなステージ参りました。
3級、3級、2級、2級、3級、3級と通過した後に超級を登りきってフィニッシュ。
平坦0。ただただ厳しい斜度をアップダウンを繰り返し、最後に極めつけが待ってるというステージ。

 

ポガチャルが2勝目。なんだ、ただの天才か。

逃げのきっかけを作ったチームイネオスのポエルスをはじめ、デラクルス、エナオ、ヘスス・エラダ、デヘント、ブランビッラなどの実力のある選手や、連日逃げに乗って勝負しているブシャール、グロスチャートナーなどで逃げ集団を形成。特に今日は山岳ポイントを大きく稼げるためステージだけでなく山岳賞狙いの選手たちも混ざったため大所帯。最初は29名でどんどんと脱落していく。

メイン集団での勝負は、最も最初に仕掛けたのはアスタナ。残り30km地点からユンボヴィズマの牽引から取って代わる形でペースを上げる。
超級山岳に入ってエース勝負となったとき、キンタナが真っ先に仕掛けてそれを追う展開に。
そして急勾配の中で最も力を発揮したのはクライマーではないログリッチェとポガチャル。キンタナに追いつくとそれをさらっと交わしバルベルデやミゲル・アンヘル・ロペスが置いていかれてしまう。
そのままスロベニア人2人で逃げを全て吸収しそのまま2人でフィニッシュ。

ログリッチェは2位以下にタイム差をさらに大きく作る形になりました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 04h 28′ 26” B : 10”
2 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA B : 6”
3 PIERRE LATOUR 11 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 27” B : 4”
4 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 27”
5 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 27”
6 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 00′ 27”
7 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 01”
8 GIANLUCA BRAMBILLA 161 TREK – SEGAFREDO + 00h 01′ 08”
9 MARC SOLER 8 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 08”
10 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 01′ 08”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
ログリッチェがキープ。キープどころかクライマー勢とタイム差をつける快活な走り。
3位にステージ優勝したポガチャルが浮上。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 49h 20′ 28” B : 22”
2 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 02′ 25” B : 10”
3 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 03′ 01” B : 20”
4 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 03′ 18” B : 4”
5 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 03′ 33” B : 16”
6 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 06′ 15”
7 NICOLAS EDET 203 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS + 00h 07′ 18” B : 1”
8 CARL FREDRIK HAGEN 93 LOTTO SOUDAL + 00h 07′ 33”
9 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 07′ 39”
10 DYLAN TEUNS 38 BAHRAIN – MERIDA + 00h 09′ 58” B : 6”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ログリッチェのまま。2位にポガチャルが浮上。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 109 PTS
2 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 86 PTS
3 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM 82 PTS
4 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 75 PTS
5 ALEXANDER ARANBURU DEBA 193 CAJA RURAL – SEGUROS RGA 52 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 51 PTS
7 SAM BENNETT 43 BORA – HANSGROHE 45 PTS
8 PIERRE LATOUR 11 AG2R LA MONDIALE 40 PTS
9 NIKIAS ARNDT 152 TEAM SUNWEB 39 PTS
10 DYLAN TEUNS 38 BAHRAIN – MERIDA 37 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
マドラソがキープ。
が、着実に2位との差が縮まってきている。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 ANGEL MADRAZO RUIZ 181 BURGOS BH 32 PTS
2 GEOFFREY BOUCHARD 13 AG2R LA MONDIALE 30 PTS
3 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 25 PTS
4 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 22 PTS
5 SERGIO LUIS HENAO MONTOYA 174 UAE TEAM EMIRATES 21 PTS
6 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 20 PTS
7 WOUT POELS 121 TEAM INEOS 17 PTS
8 JESUS HERRADA 201 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 17 PTS
9 MIKEL BIZKARRA ETXEGIBEL 215 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS 16 PTS
10 JETSE BOL 182 BURGOS BH 11 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
遂にポガチャルが奪取。ミゲル・アンヘル・ロペスは痛恨の遅れ。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 49h 23′ 29”
2 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 17”
3 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST + 00h 08′ 51”
4 JAMES KNOX 66 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 13′ 45”
5 RUBEN GUERREIRO 145 TEAM KATUSHA ALPECIN + 00h 15′ 12”
6 KILIAN FRANKINY 84 GROUPAMA – FDJ + 00h 17′ 40”
7 AMANUEL GHEBREIGZABHIER 113 TEAM DIMENSION DATA + 00h 35′ 11”
8 NIKLAS EG 163 TREK – SEGAFREDO + 00h 35′ 38”
9 BEN O’CONNOR 116 TEAM DIMENSION DATA + 00h 36′ 49”
10 SEPP KUSS 136 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 38′ 07”

 

余談:
ファビオ・アルーがリタイア。
あと公式の写真、山登りのところの写真が全然なかったのですがなんで?