斜度インフレの最後の激坂勝負を制したのはコンディション安定のベテランおじさんバルベルデ 総合ジャージはまたもロペスに移動 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ステージ7]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2019、ステージ7(ETAPE 7)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
一周目の鬼門登場。ほぼ平坦で進む前半と、ぎっざぎざの後半。その後半は3級、2級、3級、2級、1級の頂上フィニッシュという形。
もちろん勝負となるポイントは最後の1級。22.5%とか25%とか17.5%とか斜度がインフレしている。

 

おじさんの星、世界チャンピオンのバルベルデが勝利。

逃げ集団は10名ほど。ジルベールやセルジオ・ルイス・エナオなどなどが逃げるものの、最後の山の入り口入ったところで必死の逃げも瞬殺。
モビスター、アスタナ、ユンボヴィズマの3チームが、積極的に攻める展開。この状態で集団はもう10数名程度に絞られました。
残り3km時点でのキンタナのアタックで集団は崩壊。勝負はキンタナ、バルベルデ、ログリッチェ、ミゲル・アンヘル・ロペスの4名に。
そのまま距離は消化し、ラストの150mのところでバルベルデが先頭にたつ。激坂の150mではバルベルデが最強。2位にログリッチェ。
斜度はインフレしてる短い上りでの、バルベルデの強さの安定っぷりったら、もう、ね。

最後の1級の手前の2級山岳(残り26kmあたり)で、モビスターの激しい牽引により、マイヨロホのテウンスは遅れてしまいました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 04h 34′ 11” B : 10”
2 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA B : 6”
3 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 06” B : 4”
4 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 06”
5 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 00′ 42”
6 ION IZAGUIRRE INSAUSTI 27 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 48”
7 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 51”
8 FABIO ARU 171 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 51”
9 GEORGE BENNETT 132 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 07”
10 OSCAR RODRIGUEZ GARAICOECHEA 211 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS + 00h 01′ 20”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
またミゲル・アンヘル・ロペスに戻りました。2位のログリッチェは6秒差に縮めてきました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 28h 19′ 13” B : 4”
2 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 06” B : 12”
3 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 16” B : 10”
4 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 27” B : 10”
5 RAFAL MAJKA 41 BORA – HANSGROHE + 00h 01′ 58”
6 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 02′ 36”
7 JHOAN ESTEBAN CHAVES RUBIO 101 MITCHELTON – SCOTT + 00h 02′ 52”
8 GEORGE BENNETT 132 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 03′ 34”
9 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 03′ 36”
10 FABIO ARU 171 UAE TEAM EMIRATES + 00h 03′ 36”

 

ポイント賞 プントスの結果:
キンタナ返り咲き。といってもまあね。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 NAIRO QUINTANA 7 MOVISTAR TEAM 50 PTS
2 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 48 PTS
3 SAM BENNETT 43 BORA – HANSGROHE 45 PTS
4 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 44 PTS
5 FABIO JAKOBSEN 65 DECEUNINCK – QUICK – STEP 34 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 33 PTS
7 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES 31 PTS
8 JESUS HERRADA 201 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 25 PTS
9 LUKA MEZGEC 105 MITCHELTON – SCOTT 25 PTS P : 0”
10 JETSE BOL 182 BURGOS BH 24 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
マドラソがキープ。
本日の山岳のほとんどを獲得したセルジオ・ルイス・エナオが2位に浮上。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 ANGEL MADRAZO RUIZ 181 BURGOS BH 29 PTS
2 SERGIO LUIS HENAO MONTOYA 174 UAE TEAM EMIRATES 17 PTS
3 ALEJANDRO VALVERDE 1 MOVISTAR TEAM 16 PTS
4 JETSE BOL 182 BURGOS BH 11 PTS
5 WOUT POELS 121 TEAM INEOS 8 PTS
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 6 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIC 131 TEAM JUMBO – VISMA 6 PTS
8 JOSE HERRADA 205 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 6 PTS
9 JESUS HERRADA 201 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 5 PTS
10 JELLE WALLAYS 98 LOTTO SOUDAL 5 PTS

 

新人賞 ブランコの結果
ミゲル・アンヘル・ロペスがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 28h 19′ 13”
2 TADEJ POGACAR 177 UAE TEAM EMIRATES + 00h 02′ 36”
3 OSCAR RODRIGUEZ GARAICOECHEA 211 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS + 00h 04′ 55”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA GARCIA 75 EF EDUCATION FIRST + 00h 06′ 24”
5 CRISTIAN RODRIGUEZ MARTIN 197 CAJA RURAL – SEGUROS RGA + 00h 09′ 27”
6 DANIEL FELIPE MARTINEZ POVEDA 76 EF EDUCATION FIRST + 00h 10′ 17”
7 JAMES KNOX 66 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 10′ 44”
8 KILIAN FRANKINY 84 GROUPAMA – FDJ + 00h 12′ 06”
9 NIKLAS EG 163 TREK – SEGAFREDO + 00h 16′ 39”
10 RUBEN GUERREIRO 145 TEAM KATUSHA ALPECIN + 00h 17′ 25”

 

余談:
39歳。世界チャンピオン。安定のコンディション。ブエルタ・ア・エスパーニャでのステージ勝利。
まさにベテランとか老獪とかロートルとか、なんか色々な味を感じますなー。