ピックアップ, ブエルタ・ア・エスパーニャ 2018
今大会の総合優勝を占う可能性のある超級山頂ゴールはなんと逃げ切りでベンジャミン・キングが2勝目をあげる 総合争いどうした? [ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 ステージ9]

今大会の総合優勝を占う可能性のある超級山頂ゴールはなんと逃げ切りでベンジャミン・キングが2勝目をあげる 総合争いどうした? [ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 ステージ9]


さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ、ステージ9(ETAPE9)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
さて1週目ラストのクイーンステージとまではいかないですが、ほぼ今大会を決定づけるのでは?
1級、3級、2級と超えて、最後に超級山岳の山頂ゴールでフィニッシュする、総合争いの行方を占う試金石のステージ。
もちろん総合優勝を狙う各チームのエースクライマーによるデッドヒートが。

 

Ben King | La Vuelta 18 Stage 9 Talavera de la Reina – La Covatilla © PhotoGomezSport

ベンジャミン・キングが超級山岳の勝負のステージを制しました。

ステージ勝利したキング、逃げのデヘント、山岳賞狙いのマテ・マルドネス、惜しいところで勝利を逃したモレマら、今大会で活躍しているメンバーを含む11名で逃げが形成。
途中までの山岳、1級、3級、2級の3つはすべてマテ・マルドネスが1位通過でさらにポイントを加算。
勝負はやはり最後の超級山岳での勝負に。しかしメイン集団はうまく追えず、なんとまた逃げ切りが確定。
逃げ集団の中から好調のベンジャミン・キングが早めのアタック。それを逃げ集団からのモレマが猛追。
20秒差まで詰め寄ったものの届かず。最後まで粘りきったベンジャミン・キングでした。嬉しい2勝目。

総合争いではブッフマンが脱落。
キンタナ、ミゲル・アンヘル・ロペス、ケルデルマンが上位でフィニッシュ。
若干遅れたサイモン・イェーツ、ヨン・イザギレ。力負けしたのがブッフマン、ティボ・ピノーやバルベルデが遅れた形。
まあバルベルデは総合狙いじゃないでしょうけど。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 BENJAMIN KING 106 TEAM DIMENSION DATA 05h 30′ 38” B : 13” P : 00′ 20”
2 BAUKE MOLLEMA 161 TREK – SEGAFREDO + 00h 00′ 48” B : 6”
3 DYLAN TEUNS 37 BMC RACING TEAM + 00h 02′ 38” B : 5”
4 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 02′ 40”
5 NAIRO QUINTANA 81 MOVISTAR TEAM + 00h 02′ 40”
6 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB + 00h 02′ 40”
7 RIGOBERTO URAN 111 TEAM EF EDUCATION FIRST – DRAPAC P/B CANNONDALE + 00h 02′ 43”
8 JON IZAGUIRRE INSAUSTI 4 BAHRAIN – MERIDA + 00h 02′ 46”
9 SIMON PHILIP YATES 71 MITCHELTON – SCOTT + 00h 02′ 49”
10 GEORGE BENNETT 132 TEAM LOTTO NL – JUMBO + 00h 03′ 02”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
サイモン・イェーツが獲得。遅れた選手もいれば詰めた選手もいて。振り出しに戻った感。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 SIMON PHILIP YATES 71 MITCHELTON – SCOTT 36h 54′ 52”
2 ALEJANDRO VALVERDE 88 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 01” B : 26”
3 NAIRO QUINTANA 81 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 14”
4 EMANUEL BUCHMANN 42 BORA – HANSGROHE + 00h 00′ 16”
5 JON IZAGUIRRE INSAUSTI 4 BAHRAIN – MERIDA + 00h 00′ 17”
6 TONY GALLOPIN 14 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 24” B : 10”
7 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 27”
8 RIGOBERTO URAN 111 TEAM EF EDUCATION FIRST – DRAPAC P/B CANNONDALE + 00h 00′ 32”
9 STEVEN KRUIJSWIJK 131 TEAM LOTTO NL – JUMBO + 00h 00′ 43”
10 GEORGE BENNETT 132 TEAM LOTTO NL – JUMBO + 00h 00′ 48”

 

ポイント賞 プントスの結果:
バルベルデのまま。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 ALEJANDRO VALVERDE 88 MOVISTAR TEAM 81 PTS
2 PETER SAGAN 41 BORA – HANSGROHE 63 PTS
3 BENJAMIN KING 106 TEAM DIMENSION DATA 58 PTS
4 MICHAL KWIATKOWSKI 145 TEAM SKY 50 PTS
5 DANNY VAN POPPEL 138 TEAM LOTTO NL – JUMBO 46 PTS
6 ELIA VIVIANI 91 QUICK – STEP FLOORS 41 PTS
7 BAUKE MOLLEMA 161 TREK – SEGAFREDO 40 PTS
8 JON IZAGUIRRE INSAUSTI 4 BAHRAIN – MERIDA 39 PTS
9 TONY GALLOPIN 14 AG2R LA MONDIALE 37 PTS
10 WILCO KELDERMAN 151 TEAM SUNWEB 37 PTS

 

山岳賞 モンターニャの結果:
マテ・マルドネスがまた今日もゴール以外は全部1位で通過してポイント獲得。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 LUIS ANGEL MATE MARDONES 206 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 60 PTS
2 BENJAMIN KING 106 TEAM DIMENSION DATA 33 PTS
3 BAUKE MOLLEMA 161 TREK – SEGAFREDO 24 PTS
4 PIERRE ROLLAND 116 TEAM EF EDUCATION FIRST – DRAPAC P/B CANNONDALE 20 PTS
5 THOMAS DE GENDT 64 LOTTO SOUDAL 10 PTS
6 BEN GASTAUER 15 AG2R LA MONDIALE 7 PTS
7 DYLAN TEUNS 37 BMC RACING TEAM 6 PTS
8 NIKITA STALNOV 26 ASTANA PRO TEAM 6 PTS
9 HECTOR SAEZ BENITO 218 EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS 4 PTS
10 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 4 PTS

 

複合賞 コンビナータの結果
バルベルデ。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 ALEJANDRO VALVERDE 88 MOVISTAR TEAM 18 PTS
2 BENJAMIN KING 106 TEAM DIMENSION DATA 23 PTS
3 MIGUEL ANGEL LOPEZ MORENO 21 ASTANA PRO TEAM 30 PTS
4 BAUKE MOLLEMA 161 TREK – SEGAFREDO 37 PTS
5 SIMON PHILIP YATES 71 MITCHELTON – SCOTT 42 PTS
6 MICHAL KWIATKOWSKI 145 TEAM SKY 42 PTS
7 NAIRO QUINTANA 81 MOVISTAR TEAM 46 PTS
8 LAURENS DE PLUS 93 QUICK – STEP FLOORS 74 PTS
9 DYLAN TEUNS 37 BMC RACING TEAM 74 PTS
10 SIMON CLARKE 112 TEAM EF EDUCATION FIRST – DRAPAC P/B CANNONDALE 75 PTS

 

余談:
期待していたエース勢が遅れて、着実に勝負に絡んできたキンタナとロペスは今大会一番パフォーマンスよいかもしれません。

 

Share this Story

Related Posts

Facebook