ピックアップ, ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
超テクニカルなダウンヒルを一緒に駆け抜けたロハスとの一騎打ちを制したトレンティンが2勝目 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ステージ10]

超テクニカルなダウンヒルを一緒に駆け抜けたロハスとの一騎打ちを制したトレンティンが2勝目 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ステージ10]

さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ、ステージ10(ETAPE 10)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
休息日開けの10ステージ目は、ゆるやかに下っていって終盤に大きな1級山岳があって下ってゴールとなるステージ。
1級山岳の途中に3級がありますが、2つの山というよりは続いてて一個の厳しい山という印象。

逃げ切り必至。

 

Matteo Trentin © Unipublic/Photogomez Sport

逃げ集団から逃げ切ったトレンティンが2勝目。

やはりポイントは3級1級と続く上りでした。
思ったよりもヒルクライム能力の高い選手が早いわけではなく、むしろスプリンターの脚質っぽいロハスやトレンティンなどが小気味よく山岳を突破。
つづら折りのダウンヒルが続く箇所でトレンティンとロハスが抜けでて、最後の平坦では一騎打ちに。
しっかり後ろに付いていたトレンティンがロハスをまくって勝利。ロハスはもうちょっと駆け引きしてよかったんじゃ・・・?

メイン集団ではダウンヒルポイントでニバリがアタックするも最終的にはメイン集団が吸収。
ダウンヒルの終わりかけのあたりでニコラス・ロッシュが飛び出して少し秒差を縮めたものの大勢には影響なしといった感じ。

 

1. TRENTIN M. QST 03h 34′ 56”
2. ROJAS J. MOV 00′ 01”
3. ROSON GARCIA J. CJR 00′ 19”
4. JANSE VAN RENSBURG J. DDD 00′ 21”
5. GENIEZ A. ALM 00′ 56”
6. SOLER GIMENEZ M. MOV 00′ 59”
7. SANCHEZ L. AST 02′ 22”
8. DE MARCHI A. BMC 02′ 22”
9. COURTEILLE A. FDJ 02′ 40”
10. REIS R. CJR 03′ 05”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
フルームのまま。ロッシュがタイムを少し稼ぎました。

1. FROOME C. SKY 40h 12′ 44”
2. CHAVES RUBIO J. ORS 00′ 36”
3. ROCHE N. BMC 00′ 36”
4. NIBALI V. TBM 01′ 17”
5. VAN GARDEREN T. BMC 01′ 27”
6. DE LA CRUZ MELGAREJO D. QST 01′ 30”
7. ARU F. AST 01′ 33”
8. WOODS M. CDT 01′ 52”
9. YATES A. ORS 01′ 55”
10. ZAKARIN I. KAT 02′ 15”

 

ポイント賞 プントスの結果:
トレンティンがステージ勝利で返り咲き。

1. TRENTIN M. QST 78 pts
2. FROOME C. SKY 55 pts
3. POLJANSKI P. BOH 44 pts
4. MOHORIC M. UAD 43 pts
5. ROJAS J. MOV 41 pts
6. CHAVES RUBIO J. ORS 38 pts
7. NIBALI V. TBM 37 pts
8. ALAPHILIPPE J. QST 34 pts
9. POLANC J. UAD 32 pts
10. LUTSENKO A. AST 29 pts

 

山岳賞 モンターニャの結果:
ヴィレッラがキープのまま。今年の山岳賞は動きが少ないが、これからですね。

1. VILLELLA D. CDT 38 pts
2. DE GENDT T. LTS 17 pts
3. FROOME C. SKY 15 pts
4. ROJAS J. MOV 14 pts
5. ATAPUMA HURTADO J. UAD 12 pts
6. GENIEZ A. ALM 11 pts
7. MAS BONET L. CJR 11 pts
8. MAJKA R. BOH 10 pts
9. CHAVES RUBIO J. ORS 9 pts
10. SOLER GIMENEZ M. MOV 6 pts

 

複合賞 コンビナータの結果
フルームのまま。

1. FROOME C. SKY 6 pts
2. CHAVES RUBIO J. ORS 17 pts
3. ROJAS J. MOV 31 pts
4. ROCHE N. BMC 43 pts
5. WOODS M. CDT 45 pts
6. POLANC J. UAD 53 pts
7. MOHORIC M. UAD 66 pts
8. ROSON GARCIA J. CJR 70 pts
9. KELDERMAN W. SUN 73 pts
10. MARCZYNSKI T. LTS 78 pts

 

余談:
トレンティンはグランツールでの勝利数多いね。なにか相性がいいのか?

 

Share this Story

Related Posts