ピックアップ, ブエルタ・ア・エスパーニャ 2015
約115kmの大逃げ 1級山岳4つを平均38kmの超速でプラサが大激走 そしてアルーが大逆転の総合優勝 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ステージ20]

約115kmの大逃げ 1級山岳4つを平均38kmの超速でプラサが大激走 そしてアルーが大逆転の総合優勝 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ステージ20]

vae2015_stage20

vae2015_stage20_high

さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ、ステージ20(ETAPE 20)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
さあ、ラスト(21あるけどほとんど集団スプリントで確定だと思いますのでプントス以外はこれで99%確定)。
1級、1級、1級、1級となっていますが、2つの山を超えたあと、Uターンしてきて、もう一度同じ山を走る、往復する形のステージ。

本命◎ アルー、キンタナ、逃げ切り
対抗◯ デュムラン、ホアキン、バルベルデ、マイカ

逃げ切りの可能性濃厚ですが、もうアルーとデュムランのバトルロイヤルのほうが気になってしょうがないw

 

Ruben Plaza wins stage twenty of the 2015 Tour of Spain
Ruben Plaza wins stage twenty of the 2015 Tour of Spain

ルーベン・プラサ。ツール・ド・フランス16ステージのサガンの猛追を振りきった独走力、相当すごい。

序盤の逃げ集団に乗り途中から一人でアタック。約115kmを独力で走り切りました。
なんと1級4つを含む山があるのに平均38kmという脅威のアベレージ。やばい。。。

そして総合争い。3つの山でアルーなどデュムラン以外の上位陣全員が仕掛けます。
デュムランはついていけず首を横にふる始末。3つの山上りで遅れ始めます。
3つ目の下りで少し追い付きそうになったんですが、ライバルのAstanaのアシスト陣が鬼の引きで追従させませんでした。
総合争いのライバル勢から約4分遅れて6秒差とはなんだったのかという。。。残念。

Fabio Aru on stage twenty of the 2015 Tour of Spain
Fabio Aru on stage twenty of the 2015 Tour of Spain

アルーは初の総合優勝。全21ステージで他総合争い勢と比べると終始安定していました。

1. PLAZA MOLINA R. LAM 04h 37′ 05”
2. GONCALVES J. CJR 01′ 07”
3. DE MARCHI A. BMC 01′ 08”
4. SICARD R. EUC 01′ 29”
5. MOINARD A. BMC 01′ 30”
6. VERONA QUINTANILLA C. EQS 01′ 30”
7. HENAO MONTOYA S. SKY 01′ 30”
8. ELISSONDE K. FDJ 01′ 35”
9. MONTAGUTI M. ALM 01′ 43”
10. MOSER M. TCG 02′ 40”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
6秒差の壁をぶちやぶってアルーが逆転。マイヨロホ獲得。

1. ARU F. AST 83h 01′ 40”
2. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 01′ 17”
3. MAJKA R. TCS 01′ 29”
4. QUINTANA ROJAS N. MOV 02′ 02”
5. CHAVES RUBIO J. OGE 03′ 30”
6. DUMOULIN T. TGA 03′ 46”
7. VALVERDE BELMONTE A. MOV 07′ 10”
8. NIEVE ITURRALDE M. SKY 07′ 26”
9. MORENO FERNANDEZ D. KAT 07′ 32”
10. MEINTJES L. MTN 10′ 46”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ホアキンのまま。

1. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 116 pts
2. VALVERDE BELMONTE A. MOV 114 pts
3. CHAVES RUBIO J. OGE 108 pts
4. DUMOULIN T. TGA 105 pts
5. ROCHE N. SKY 97 pts
6. ARU F. AST 97 pts
7. MAJKA R. TCS 89 pts
8. QUINTANA ROJAS N. MOV 84 pts
9. ROJAS GIL J. MOV 70 pts
10. GONCALVES J. CJR 69 pts

 

山岳賞 モンターニャの結果:
フライレで確定。プラサの激逃げでプラサが2位w

1. FRAILE O. CJR 82 pts
2. PLAZA MOLINA R. LAM 63 pts
3. SCHLECK F. TFR 30 pts
4. DE MARCHI A. BMC 28 pts
5. LANDA MEANA M. AST 25 pts
6. GONCALVES J. CJR 24 pts
7. TORRES AGUDELO R. COL 22 pts
8. ROLLAND P. EUC 20 pts
9. ROJAS GIL J. MOV 19 pts
10. CHEREL M. ALM 18 pts

 

複合賞 コンビナータの結果
ホアキンのままです。ライバルとなるデュムランは総合を落とし、山岳Ptの低いアルーなどは届かない。
ホアキンで確定か。

1. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 15 pts
2. ARU F. AST 23 pts
3. DUMOULIN T. TGA 24 pts
4. MAJKA R. TCS 37 pts
5. CHAVES RUBIO J. OGE 43 pts
6. ROCHE N. SKY 46 pts
7. GONCALVES J. CJR 47 pts
8. LANDA MEANA M. AST 48 pts
9. OLIVEIRA N. LAM 56 pts
10. SCHLECK F. TFR 56 pts

 

余談:
115kmの逃げ切りのプラサ。絶不調のデュムラン。遅れて諦めたバルベルデ。総合成績を少しでもあげたいマイカ、キンタナ。
そして、もちろん最後の最後にチームの力を信じて戦い総合を勝ちとったアルー。
今日のステージは全部見どころしかなかったですね。

 

(texted by 新堀 勝)

 

Share this Story

Related Posts