ピックアップ, ブエルタ・ア・エスパーニャ 2015
山頂2戦目は悲願を目指すホアキン・ロドリゲス 珍しいテンポ登坂で他総合勢を置き去りにする勝利 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ステージ15]

山頂2戦目は悲願を目指すホアキン・ロドリゲス 珍しいテンポ登坂で他総合勢を置き去りにする勝利 [ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ステージ15]

vae2015_stage15

vae2015_stage15_high

さてさて、ブエルタ・ア・エスパーニャ、ステージ15(ETAPE 15)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
さあ山頂ゴール3連戦の真ん中。またステージ数自体がなくなってきました。
総合争いから目が離せません。
デュムランはどこまで喰らいついた状態で得意のTTに持ち込めるのか。

本命◎ アルー、キンタナ
対抗◯ ホアキン、バルベルデ、マイカ
大穴✕ デュムラン
今日も総合争い。多分逃げ集団が逃げ切る可能性もありますが山頂ゴールなので総合勢が勝っちゃうかな。
昨日キンタナ良かったので、アルーVSキンタナかな?あとマイカが不気味ですね。

 

Joaquin Rodriguez on stage fifteen of the 2015 Tour of Spain
Joaquin Rodriguez on stage fifteen of the 2015 Tour of Spain

プリト!ホアキン・ロドリゲスだったわ。

山頂ゴール対決となり、予想通り総合争いが激化。
逃げ先行していたスベルディアをASTANA勢が捕まえてガンガン登坂していきます。
ホアキンが仕掛けるとキンタナが遅れ、アルー、マイカが食い下がる展開に。
ホアキンの得意なスプリントではなくテンポで後続を振り切り1位フィニッシュしてボーナスタイム獲得。
アルーは5位フィニッシュでボーナス無し。一気にタイム差が縮まりホアキンは1秒遅れの2位と肉薄。

3連戦のラストとなる明日。どんなバトルロイヤルになるのか。

1. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 04h 33′ 31”
2. MAJKA R. TCS 00′ 12”
3. MORENO FERNANDEZ D. KAT 00′ 14”
4. QUINTANA ROJAS N. MOV 00′ 15”
5. ARU F. AST 00′ 15”
6. LANDA MEANA M. AST 00′ 18”
7. CHAVES RUBIO J. OGE 00′ 20”
8. NIEVE ITURRALDE M. SKY 00′ 24”
9. VALVERDE BELMONTE A. MOV 00′ 29”
10. POZZOVIVO D. ALM 00′ 41”

 

個人総合成績 マイヨ・ロホの結果:
アルーはキープだけども、
ホアキンがアルーをちぎりボーナスタイム獲得で28秒縮めた形。惜しくも届かず1秒差で2位。でかいわ。
デュムランも遅れたもののまだTTで逆転できる圏内。

1. ARU F. AST 61h 53′ 56”
2. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 00′ 01”
3. MAJKA R. TCS 01′ 24”
4. DUMOULIN T. TGA 01′ 25”
5. CHAVES RUBIO J. OGE 01′ 34”
6. MORENO FERNANDEZ D. KAT 02′ 08”
7. NIEVE ITURRALDE M. SKY 02′ 19”
8. VALVERDE BELMONTE A. MOV 02′ 25”
9. QUINTANA ROJAS N. MOV 03′ 00”
10. MEINTJES L. MTN 05′ 07”

 

ポイント賞 プントスの結果:
ポイント賞がホアキンにチェンジ。1位フィニッシュしたし。
といってもチャベスと3pt差。

1. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 99 pts
2. CHAVES RUBIO J. OGE 96 pts
3. VALVERDE BELMONTE A. MOV 84 pts
4. ARU F. AST 80 pts
5. DUMOULIN T. TGA 79 pts
6. MAJKA R. TCS 76 pts
7. ROCHE N. SKY 72 pts
8. ROJAS GIL J. MOV 70 pts
9. DEGENKOLB J. TGA 68 pts
10. QUINTANA ROJAS N. MOV 68 pts

 

山岳賞 モンターニャの結果:
フライレのまま変わらず。

1. FRAILE O. CJR 55 pts
2. PLAZA MOLINA R. LAM 27 pts
3. LANDA MEANA M. AST 25 pts
4. DE MARCHI A. BMC 20 pts
5. CHEREL M. ALM 17 pts
6. ROJAS GIL J. MOV 17 pts
7. LINDEMAN B. TLJ 16 pts
8. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 15 pts
9. PUCCIO S. SKY 15 pts
10. DUMOULIN T. TGA 13 pts

 

複合賞 コンビナータの結果
ホアキンが山岳賞Ptも少しとったしポイント賞では1位になったためコンビナータ獲得。

1. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 11 pts
2. ARU F. AST 16 pts
3. DUMOULIN T. TGA 19 pts
4. MAJKA R. TCS 26 pts
5. CHAVES RUBIO J. OGE 29 pts
6. LANDA MEANA M. AST 40 pts
7. MORENO FERNANDEZ D. KAT 41 pts
8. ROJAS GIL J. MOV 49 pts
9. QUINTANA ROJAS N. MOV 58 pts
10. OLIVEIRA N. LAM 60 pts

 

余談:
ホアキンのテンポはちょっとびっくりしました。スプリントじゃない勝ち方久々に見た気がします。

 

(texted by 新堀 勝)

 

Share this Story

Related Posts