短距離&超級山頂フィニッシュステージはポガチャルが連勝 強さが一段も二段も違う異次元の強さでねじ伏せて山岳賞も奪取 [ツール・ド・フランス2021 ステージ18]


さてさて、ツール・ド・フランス2021、ステージ18(ETAPE 18)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
やってきた山頂ゴールステージ2。129kmと短いステージだが、4級、4級、中間スプリント、超級、超級で山頂フィニッシュという過酷。
遅れた人が脱落Part2です。昨日ポガチャルの強さが際立ってしまったが、タイムトライアルも別格の強さのポガチャルに対抗するにはここで勝負しないとと。
そしてもちろん山岳賞も今日でほぼ決まるため決戦必至。

 



15/07/2021 – Tour de France 2021 – Etape 18 – Pau / Luz Ardiden (129,7 km) – Tadej Pogacar (UAE TEAM EMIRATES)- Vainqueur de l’étape © A.S.O./Charly Lopez

モホリッチ、ユールイェンセン、ベネットの3名が逃げが形成。アラフィリップ、ペリションが追走し先頭に合流し5名に。
最初の4級はユールイェンセンが1位通過。次の4級は追いついたアラフィリップが1位通過。そして中間スプリントもアラフィリップ。メイン集団同士の対決はカヴェンディッシュがちゃんと踏んで先に通過してポイントを稼ぐ。
今日のステージはここまではある種前座。

超級1つ目、ツールマレーへ突入。逃げはアラフィリップとモホリッチの2名のみ。メイン集団は1分12秒ほどでUAEが引いて追いかける。
追走としてエリッソンドがアタックしたのをきっかけに追走集団形成。これをFDJのマデュアスが引いて残り41kmあたりで先頭の2人をキャッチ。
先頭はマデュアス、ゴデュ、エリッソンド、ゲレイロ、ラトゥール、ヨン・イザギレ、オマールフライレ、アラフィリップ、モホリッチ。30秒差でイネオスがひく形でメイン集団。
マデュアスが落ちてゴデュが先頭にたつと先頭集団はゴデュ、ゲレイロ、アラフィリップ、ラ・トゥールの4名に。が、頂上手前でアラフィリップは脱落。

メイン集団からウッズが山岳賞を狙うためにアタックするとポエルスがぴったりマークで2人のマッチアップ。先頭の3名からはゲレイロが遅れてゴデュとラトゥールの2名に。
ツールマレーはラトゥールが1位通過し、4位にポエルスがウッズをやっつけて先行通過。山岳賞は大きく差がついた。
そしてここのダウンヒルでゴデュがかなりのハイペースで爆走。が、メイン集団はこれを30秒差程度で追いかけ逃さない。ゴデュは残り9.4kmでキャッチされてしまう。
またメイン集団内でもポエルスやキンタナは後退。イネオスのアシスト陣がカラパスのために引き倒す。ゲイガンハートの牽引が終わるとUAEのマイカが引く。
この引きでポエルスがまたも脱落。ポガチャルに1位を取られてしまうと4位以内で入らないと山岳賞を失ってしまうポエルスは痛恨。

3km手前でマイカが外れるとポガチャル自らアタック。残ったのはポガチャル、カラパス、ヴェンゲゴー、クス、マスの5名。
マスが総合争いの間隙をぬって漁夫の利を狙うものの、ポガチャルの会心のアタックで全員白旗。圧倒的な強さでまたもねじ伏せました。
ここまでさんざん戦ってきた山岳賞争いも下位から倍ポイントで大まくりしたポガチャルが獲得。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 1 UAE TEAM EMIRATES 03h 33′ 45” B : 10”
2 JONAS VINGEGAARD 18 JUMBO – VISMA + 00h 00′ 02” B : 6”
3 RICHARD CARAPAZ 22 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 02” B : 4”
4 ENRIC MAS 65 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 13”
5 DANIEL MARTIN 36 ISRAEL START-UP NATION + 00h 00′ 24”
6 SEPP KUSS 15 JUMBO – VISMA + 00h 00′ 30”
7 SERGIO ANDRES HIGUITA 114 EF EDUCATION – NIPPO + 00h 00′ 33”
8 BEN O’CONNOR 124 AG2R CITROEN TEAM + 00h 00′ 34”
9 WILCO KELDERMAN 73 BORA – HANSGROHE + 00h 00′ 34”
10 ALEJANDRO VALVERDE 67 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 40”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ポガチャル。2夜連続。強い。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 1 UAE TEAM EMIRATES 75h 00′ 02” B : 36”
2 JONAS VINGEGAARD 18 JUMBO – VISMA + 00h 05′ 45” B : 12”
3 RICHARD CARAPAZ 22 INEOS GRENADIERS + 00h 05′ 51” B : 8”
4 BEN O’CONNOR 124 AG2R CITROEN TEAM + 00h 08′ 18” B : 10”
5 WILCO KELDERMAN 73 BORA – HANSGROHE + 00h 08′ 50”
6 ENRIC MAS 65 MOVISTAR TEAM + 00h 10′ 11”
7 ALEXEY LUTSENKO 188 ASTANA – PREMIER TECH + 00h 11′ 22”
8 GUILLAUME MARTIN 91 COFIDIS + 00h 12′ 46”
9 PEIO BILBAO 162 BAHRAIN VICTORIOUS + 00h 13′ 48”
10 RIGOBERTO URAN 111 EF EDUCATION – NIPPO + 00h 16′ 25”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

カヴェンディッシュ維持のままだが中々なポイント状況。まだわからない。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 MARK CAVENDISH 55 DECEUNINCK – QUICK – STEP 298 PTS
2 MICHAEL MATTHEWS 171 TEAM BIKEEXCHANGE 260 PTS
3 SONNY COLBRELLI 163 BAHRAIN VICTORIOUS 208 PTS
4 JASPER PHILIPSEN 105 ALPECIN – FENIX 184 PTS
5 JULIAN ALAPHILIPPE 51 DECEUNINCK – QUICK – STEP 155 PTS
6 TADEJ POGACAR 1 UAE TEAM EMIRATES 146 PTS
7 MICHAEL MØRKØV 58 DECEUNINCK – QUICK – STEP 112 PTS
8 WOUT VAN AERT 12 JUMBO – VISMA 101 PTS
9 MATEJ MOHORIC 165 BAHRAIN VICTORIOUS 98 PTS
10 JONAS VINGEGAARD 18 JUMBO – VISMA 88 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ポガチャルが奪取。山頂フィニッシュの2倍は大きい。ポエルスは頑張りきれませんでした。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 TADEJ POGACAR 1 UAE TEAM EMIRATES 107 PTS
2 WOUTER POELS 166 BAHRAIN VICTORIOUS 88 PTS
3 JONAS VINGEGAARD 18 JUMBO – VISMA 82 PTS
4 MICHAEL WOODS 37 ISRAEL START-UP NATION 72 PTS
5 WOUT VAN AERT 12 JUMBO – VISMA 68 PTS
6 NAIRO QUINTANA 136 TEAM ARKEA – SAMSIC 66 PTS
7 RICHARD CARAPAZ 22 INEOS GRENADIERS 56 PTS
8 BEN O’CONNOR 124 AG2R CITROEN TEAM 44 PTS
9 BAUKE MOLLEMA 44 TREK – SEGAFREDO 41 PTS
10 DAVID GAUDU 81 GROUPAMA – FDJ 41 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ポガチャルのまま。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 1 UAE TEAM EMIRATES 75h 00′ 02” B : 36”
2 JONAS VINGEGAARD 18 JUMBO – VISMA + 00h 05′ 45” B : 12”
3 DAVID GAUDU 81 GROUPAMA – FDJ + 00h 18′ 42”
4 AURÉLIEN PARET PEINTRE 125 AG2R CITROEN TEAM + 00h 37′ 21”
5 SERGIO ANDRES HIGUITA 114 EF EDUCATION – NIPPO + 01h 03′ 01” B : 6”
6 VALENTIN MADOUAS 87 GROUPAMA – FDJ + 02h 08′ 44”
7 MARK DONOVAN 144 TEAM DSM + 02h 11′ 10”
8 NEILSON POWLESS 117 EF EDUCATION – NIPPO + 02h 12′ 14”
9 JONAS RUTSCH 118 EF EDUCATION – NIPPO + 02h 44′ 49”
10 BRANDON MCNULTY 8 UAE TEAM EMIRATES + 02h 50′ 15”

 

余談:
今日もポガチャル。タイムトライアルも多分ポガチャル。つまり今年はポガチャルである。

 

(texted by 新堀 勝)