ラストのシャンゼリゼを制したのはグリーンジャージの意地 サム・ベネットが完勝 総合優勝はポガチャルで幕 [ツール・ド・フランス2020 ステージ21]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ21(ETAPE 21)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
お疲れさまでした。今日で最終日。本当に終わり。
いつものパレードラン&スプリント勝負となるステージ。

 



20/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 21 – Mantes-la-Jolie / Paris Champs-Elysées (122 km) – Sam BENNETT (DECEUNICK – QUICK – STEP) vainqueur d’étape © A.S.O./Alex Broadway

グリーンジャージの意地、サム・ベネット。

55kmぐらいから始まる周回コースになるまではパレードラン。
パウレスが最初に仕掛けてそこからは長蛇の列が続く。中間スプリントは逃げ4名シャフマン、ヴァンアーヴェルマート、ペリション、コナー・スウィフトの中でシャフマンが1位通過。
メイン集団ではサム・ベネットが5位(集団内1位)で通過しポイントを獲得。

ファンアールトのスプリント勝利を狙うユンボヴィスマがメイン集団を牽引。これをサンウェブのトレインが取って代わる位置取り争い。
すぐさまアラフィリップのアタックとともにアスグリーン、モルコフ、サム・ベネットというドゥクーニンクトレインが主導権を握る。
このままライバルスプリンターを番手につけさせず完勝。グリーンジャージの意地を見せつけました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 02h 53′ 32” B : 10”
2 MADS PEDERSEN 105 TREK – SEGAFREDO B : 6”
3 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE B : 4”
4 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES
5 ELIA VIVIANI 128 COFIDIS
6 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA
7 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL
8 HUGO HOFSTETTER 174 ISRAEL START-UP NATION
9 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM
10 MAXIMILIAN WALSCHEID 198 NTT PRO CYCLING TEAM

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

総合優勝はポガチャル。若干21歳で戴冠ということでこれからが心配(老婆心)ですが、何よりもおめでとう。
ログリッチェおよびユンボヴィスマは落胆しかないだろうが、ポガチャルが出来すぎただけです。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 87h 20′ 05” B : 32”
2 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 59” B : 33”
3 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO + 00h 03′ 30” B : 4”
4 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 05′ 58”
5 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 06′ 07”
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 06′ 47” B : 10”
7 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 07′ 48”
8 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 08′ 02”
9 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 09′ 25” B : 12”
10 DAMIANO CARUSO 63 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 14′ 03”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

マイヨヴェールはサム・ベネットが獲得。
サガンはツール・ド・フランスに出場したらほぼ必ず緑のジャージを着てましたが今年は残念でした。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 380 PTS
2 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 284 PTS P : 13
3 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 260 PTS
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 181 PTS
5 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 174 PTS P : 4
6 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 170 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 150 PTS
8 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 143 PTS
9 SØREN KRAGH ANDERSEN 205 TEAM SUNWEB 138 PTS
10 MICHAEL MØRKØV 48 DECEUNINCK – QUICK – STEP 138 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ポガチャルが山岳賞も獲得。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 82 PTS
2 RICHARD CARAPAZ 3 INEOS GRENADIERS 74 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 67 PTS
4 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB 62 PTS
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM 51 PTS
6 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 36 PTS
7 PIERRE ROLLAND 218 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 36 PTS
8 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO 36 PTS
9 NANS PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 32 PTS
10 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE 27 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ポガチャルが総合優勝したんだから当然新人賞も。
新人賞チャンスはまだあと4回もあるという。ポガチャルは山岳賞も合わせて3冠。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 87h 20′ 05” B : 32”
2 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 06′ 07”
3 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 01h 42′ 43”
4 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 01h 55′ 12” B : 15”
5 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE + 02h 15′ 39” B : 26”
6 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 02h 37′ 02”
7 NIKLAS EG 102 TREK – SEGAFREDO + 02h 50′ 04”
8 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 02h 54′ 34” B : 38” P : 20”
9 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 03h 03′ 09”
10 PAVEL SIVAKOV 7 INEOS GRENADIERS + 04h 15′ 38”

 

余談:


ログリッチェが幸い笑顔で良かった。


総合優勝、山岳賞、3冠達成のポガチャルでした。

 

(texted by 新堀 勝)