目標が変わったチームイネオスの逃げきりランデブー クヴィアトコウスキー&カラパスが並んでフィニッシュ メイン集団は小競り合うものの差はつかず [ツール・ド・フランス2020 ステージ18]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ18(ETAPE 18)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
山頂フィニッシュではないですが山岳ステージ。
超序盤に中間スプリントポイント。1級、3級、2級、1級、超級と通過したあと設定はない山を超えて下ってフィニッシュするステージ。
獲得標高だけ見てもやはり過酷なステージ。逃げ切り容認ステージかもしれません。

 



17/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 18 – Méribel / La Roche-sur-Foron (175 km) – Michal KWIATKOWSKI et Richard CARAPAZ (INEOS GRENADIERS) © A.S.O./Pauline Balletクヴィアトコウスキー&カラパス

始まって早々の中間スプリントはサム・ベネットが1位で通過しまたも差を広げる。逃げは約17人。
最初の1級、続く3級をヒルシがカラパスを交わしてポイント獲得。この2人は山岳賞がもしかしたら?というところで争う形。そしてステージ勝利も考えて逃げ集団から絶対に遅れたくない状況。
これらの山を超えていく中で逃げは5名まで減少。
続く2級も先着で通過したヒルシ。しかしそのダウンヒルで攻めすぎたのか落車するアクシデント。

この痛恨の落車で逃げ集団から約50秒強の差がつき、次の1級はカラパスが先着。
超級の上りではカラパスをひくクヴィアトコウスキーというイネオス2名が上り続ける。この超級をカラパスが1位通過したことで山岳賞を奪取。
同じこの超級の上りでメイン集団からランダがアタックしタイム回復を狙う。ウランやアダム・イェーツは遅れる。そして総合争いのためポガチャルやマスがアタックしカオスな展開に。
次の未舗装路区間でリッチー・ポートは痛恨のパンク。

メイン集団はログリッチェ、ポガチャル、ミゲル・アンヘル・ロペス、エンリク・マス、クス、ランダで勝負。
山岳ポイントはない最後の丘(残り10km地点)でリッチー・ポートがこのメイン集団に追いつく。

勝利したのは最初から逃げ&山岳争いに参加しながらそのまま逃げ切った2人で並んでのゴール。
着順としては並んで入ったときの先着でクヴィアトコウスキーが勝利となってますが、エースのベルナルのためのチームイネオスが一矢報いたステージとなりました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 MICHAL KWIATKOWSKI 5 INEOS GRENADIERS 04h 47′ 33” B : 15”
2 RICHARD CARAPAZ 3 INEOS GRENADIERS B : 14”
3 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 51” B : 4” P : 10”
4 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 53”
5 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 01′ 53”
6 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO + 00h 01′ 54”
7 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 54”
8 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 01′ 54”
9 DAMIANO CARUSO 63 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 01′ 54”
10 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 54”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ログリッチェがキープ。
小競り合いはあったものの盤石のユンボヴィスマ。残すは平坦で事故らないことと、山岳TTのみ。
そもそものタイムトライアルはログリッチェのお家芸だし、ヒルクライムが劣ってるわけでもない(むしろ強い)ので、ログリッチェ盤石かな。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 79h 45′ 30” B : 33”
2 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 57” B : 32”
3 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 27” B : 10”
4 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO + 00h 03′ 06” B : 4”
5 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 03′ 28”
6 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 04′ 19”
7 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 05′ 55” B : 12”
8 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 06′ 05”
9 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 07′ 24”
10 ALEJANDRO VALVERDE 91 MOVISTAR TEAM + 00h 12′ 12”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サム・ベネットがキープ。
第19ステージが平坦。ここでどうなるか。ベネット濃厚。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 298 PTS
2 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 246 PTS P : 13
3 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 235 PTS
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 171 PTS
5 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 158 PTS
6 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 150 PTS
7 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 142 PTS P : 4
8 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 123 PTS
9 MICHAEL MØRKØV 48 DECEUNINCK – QUICK – STEP 120 PTS
10 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 101 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

カラパスが奪取。
ポガチャルは2pt差。明日は4級しかないので動かない。
セミファイナルの山岳TTでの順位が唯一動くところ。カラパスvsポガチャル、ログリッチェが気になるところ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 RICHARD CARAPAZ 3 INEOS GRENADIERS 74 PTS
2 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 72 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 67 PTS
4 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB 62 PTS
5 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM 51 PTS
6 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 36 PTS
7 PIERRE ROLLAND 218 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 36 PTS
8 NANS PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 32 PTS
9 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO 28 PTS
10 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE 27 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ポガチャルがキープ。
いよいよポガチャル確定感すごい。エンリク・マスがTTで返せるとは思えないなー。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 79h 46′ 27” B : 32”
2 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 03′ 22”
3 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 01h 35′ 35”
4 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 01h 51′ 32” B : 15”
5 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE + 02h 10′ 21” B : 26”
6 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 02h 29′ 13”
7 NIKLAS EG 102 TREK – SEGAFREDO + 02h 42′ 01”
8 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 02h 43′ 00” B : 38” P : 20”
9 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 02h 56′ 52”
10 PAVEL SIVAKOV 7 INEOS GRENADIERS + 04h 06′ 17”

 

余談:

エースのためのチーム、ツールのためのチームが、導き出した一つの答え。万感の思いがあってこれだけで酒飲めるわー。

 

(texted by 新堀 勝)