注目の4スプリンターが横一線で並ぶもキラー再び 突然の急加速するポケットロケット カレブ・ユアンが僅差で制す [ツール・ド・フランス2020 ステージ11]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ11(ETAPE 11)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
連続した平坦ステージ。4級が一つあるものの、グリーンジャージというか、ステージ勝利を狙うスプリンターが争いあう。
今日も平和?なステージに。

 



09/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 11 – Châtelaillon-Plage / Poitiers (167,5 km) – Caleb EWAN (LOTTO SOUDAL) – Vainqueur de l’étape © A.S.O./Alex Broadway

ポケットロケット カレブ・ユアン。

ラダニュが単独逃げ。途中追走がでるものの吸収されて一人逃げ展開。
中間スプリントはサム・ベネットが1位通過。残り43km地点で逃げは吸収。
正直ステージの8割は平和&見なくていい時間でした。

残り6kmからが必見。
ボーラのペストルベルガーがアタック。追走のアスグリーン、ユンゲルスが追いついて残り5kmで3名 vs メイン集団。
独走力の高い3名が粘りつづけるが、ラスト2kmでNTTが牽引するメイン集団が吸収。
列車は崩壊。各エースがただただ競り合う数十秒。

ブライアン・コカールを牽引するレザがアタックして早めに外れてしまいコカールが先頭に出されてしまう。距離はまだまだ100mほど残っている状況。
コカールは失速。
乗り換えを余儀なくされたファンアールトは仕方なく早めに発射。
サム・ベネットがその脇から発射。
さらにもう1台後ろから突然のキラーミサイル ユアンが急加速。
ファンアールトに締められている内側をサガンがこじ開けて4人が横一線。
勝者は僅差でポケットロケット、カレブ・ユアン。バイク投げの妙よ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Caleb EWAN 151 LOTTO SOUDAL 04h 00′ 01” B : 10”
2 Sam BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP B : 6”
3 Wout VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA B : 4”
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM
5 CLÉMENT VENTURINI 37 AG2R LA MONDIALE
6 MADS PEDERSEN 105 TREK – SEGAFREDO
7 LUKA MEZGEC 167 MITCHELTON – SCOTT
8 HUGO HOFSTETTER 174 ISRAEL START-UP NATION
9 OLIVER NAESEN 35 AG2R LA MONDIALE
10 RYAN GIBBONS 193 NTT PRO CYCLING TEAM

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ログリッチェがキープ。今日は平和。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 46h 15′ 24” B : 21”
2 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 21”
3 Guillaume MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 28” B : 4”
4 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 30”
5 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 32”
6 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 32”
7 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 44” B : 18”
8 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 01′ 02” B : 12”
9 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 15”
10 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 01′ 42”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サム・ベネットがキープ。
ステージ2位に入ったサガンはルートをこじ開けた際のファンアールトへのタックルをペナルティにされてステージ順位は降着。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 243 PTS
2 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 175 PTS P : 13
3 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 157 PTS
4 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 155 PTS
5 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 140 PTS
6 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 131 PTS
7 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 100 PTS
8 MICHAEL MØRKØV 48 DECEUNINCK – QUICK – STEP 92 PTS
9 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 82 PTS
10 CEES BOL 203 TEAM SUNWEB 72 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 36 PTS
2 NANS PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 31 PTS
3 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB 26 PTS
4 ILNUR ZAKARIN 118 CCC TEAM 25 PTS
5 TOMS SKUJINS 106 TREK – SEGAFREDO 24 PTS
6 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 20 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 18 PTS
8 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 14 PTS
9 CARLOS VERONA 98 MOVISTAR TEAM 14 PTS
10 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING 14 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ベルナルがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS 46h 15′ 45”
2 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 23” B : 18”
3 Enric MAS NICOLAU 94 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 41”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA 74 EF PRO CYCLING + 00h 05′ 47”
5 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 52′ 12”
6 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 52′ 48”
7 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 01h 03′ 30”
8 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 01h 06′ 42” B : 20” P : 20”
9 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 01h 07′ 48”
10 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 01h 15′ 16”

 

余談:
ミュールベルガーがリタイア(吐いてた)。
またヨン・イザギレが、顔、胸、脚をズバッと切ってた。ディスクかな?。。。

 

(texted by 新堀 勝)