連日メイン集団のバチボコタイムの口火を切ってたタデイ・ポガチャルがエース対決スプリントを制す [ツール・ド・フランス2020 ステージ9]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ9(ETAPE 9)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
ピレネー2戦目。153km。今日も結構過酷なのでバチボコやり合う展開になってほしい。
スタート直後に4級。しばし走って1級、すぐ3級があって山を下って中間スプリント。3級、1級を超えて少し平坦っぽくなってフィニッシュ。
ゴール前の1級を誰がどうこなすかに期待。

 



06/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 9 – Pau / Laruns (153 km) – Tadej POGACAR (UAE TEAM EMIRATES) – Vainqueur à Laruns © A.S.O./Alex Broadway

タデイ・ポガチャル。

最初の4級はコネフロワーが頑張って獲得。この4級の下りでヒルシがアタックしたものの吸収し一団で1級山岳の登り口へ。
山岳の上りで昨日のタイムを取り返したいティボ・ピノーらがアタックして先行する集団が発生。
バルギル、ライエンバッハ、カストロビエホ、マルティネス、フォルモロ、フライレら、総合争いを狙うエースを擁するチームのアシストが前待ち作戦か、10名程度。
この中にステージを狙うメンバーが少ないと思ったのかヒルシが再度逃げ、単独走を開始。
続く中間スプリント、3級山岳はあまり上位陣には関係ない状態で消化。次の1級山岳に入る前にヒルシを追う追走集団はメイン集団に吸収され、ヒルシの逃げと追うメイン集団。

1級の上りで連日調子のいいポガチャルのアタックを皮切りにバチボコタイム突入。
ログリッチェ、ベルナル、ポガチャル、ランダの4人が先行。少し遅れて他エース達。マイヨジョーヌのアダム・イェーツはさらに遅れる展開。
頂上のボーナスタイムはログリッチェ。ポガチャルは頂上でそのログリッチェとぶつかりよろけるアクシデントも。

ヒルシは貯金を払い倒して15秒程度しかリードがない状態でダウンヒル開始。ダウンヒルといっても結構踏まないといけないような緩斜面。
必死の形相でヒルシが踏み倒す。
残り2kmの地点でリードしていたタイム差がなくなってしまい、追いつかれることを覚悟して一旦この集団に取り込まれてスプリント勝負に掛けることに。

ログリッチェを先頭に5名でのスプリント。ヒルシが一時的に休ませた足を使ってスパート。これの後ろにしっかり入ってスリップストリームを生かしたポガチャルが差し切り勝ち。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 03h 55′ 17” B : 12”
2 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA B : 11”
3 Marc HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB B : 12” P : 20”
4 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS
5 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN
6 BAUKE MOLLEMA 104 TREK – SEGAFREDO + 00h 00′ 11”
7 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 11”
8 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 11”
9 RICHIE PORTE 101 TREK – SEGAFREDO + 00h 00′ 11”
10 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 11”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

本命ログリッチェが獲得。
山頂のボーナスタイムも稼いだのも大きい。ポガチャルとの接触は危なかったけどね。
アダム・イェーツは失速してジャージを失いました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 38h 40′ 01” B : 21”
2 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 21”
3 Guillaume MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 28” B : 4”
4 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 30”
5 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 32”
6 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 32”
7 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 44” B : 18”
8 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 01′ 02” B : 12”
9 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 15”
10 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN + 00h 01′ 42”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンがキープ。上位陣のポイントは変化なし。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 138 PTS
2 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 131 PTS
3 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 111 PTS
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 106 PTS
5 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 98 PTS
6 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 93 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 82 PTS
8 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 75 PTS
9 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 69 PTS
10 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 64 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。
ヒルシの大逃げ大活躍で3位に浮上。
こっちも混沌としてきた。この山岳賞に意欲がある選手が誰なのか?でまた注目ポイントが変わりますな。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 36 PTS
2 NANS PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 31 PTS
3 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB 26 PTS
4 ILNUR ZAKARIN 118 CCC TEAM 25 PTS
5 TOMS SKUJINS 106 TREK – SEGAFREDO 24 PTS
6 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 20 PTS
7 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 18 PTS
8 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 14 PTS
9 CARLOS VERONA 98 MOVISTAR TEAM 14 PTS
10 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING 14 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ベルナルがキープ。
ポガチャルが山頂およびゴールのボーナスタイムを稼いでかなりタイム差を詰めてきた。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS 38h 40′ 22”
2 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 23” B : 18”
3 Enric MAS NICOLAU 94 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 41”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA 74 EF PRO CYCLING + 00h 05′ 47”
5 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 39′ 37”
6 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 45′ 24”
7 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 00h 58′ 05”
8 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 01h 01′ 03”
9 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 01h 02′ 36” B : 20” P : 20”
10 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 01h 05′ 26”

 

余談:
ファビオ・アルーがリタイア。

 

(texted by 新堀 勝)