ベロベロしながら追走を振り切って最初の逃げから全力で逃げ切ったナンズ・ピーターズ メイン集団もバチボコやりあう展開に [ツール・ド・フランス2020 ステージ8]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ8(ETAPE 8)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
来たぜ、ピレネー。約140km程度の短いステージなのですが、ペイルスルードを含む山岳ステージ。
1級、超級を通って最後の1級ペイルスルード峠を超えて、ダウンヒルしてゴール。
逃げ切り、早めのアタック、総合争いなどなど見どころいっぱい。

 



05/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 8 – Cazères-sur-Garonne / Loudenvielle(141 km) – Nans PETERS (AG2R LA MONDIALE) – Vainqueur à Loudenvielle © PresseSports/Franck Faugere

ベロベロ&頭に右手コツンのナンズ・ピーターズ。

山岳賞のコネフロワーや、ザカリン、クザン、スクインシュ、モルコフ、ピーターズなどなど13名の逃げが形成。
中間スプリントはその中でクザンが1位通過。この時すでにメイン集団と11分以上の差。

最初の1級山岳は、逃げ集団の中からコネフロワーがやはり1位通過でポイントを伸ばしました。
次の超級山岳では、ザカリンとピーターズの2名が先行。メイン集団はユンボヴィスマの牽引で、FDJのエース、ティボ・ピノーが遅れてしまう形に。
ピーターズは、ダウンヒルでザカリンをちぎって単独走。ラストとなる1級ペイルスルードでの上りでさらにタイム差を稼ぎ豪快なダウンヒルで逃げ切り勝利。
舌をベロベロ出すアクションや、右手の人差し指中指をおでこにコツンとやるアクションをしながら、必死の形相で走る姿はぐっときました。

その後メイン集団でアラフィリップ、ポガチャルのアタックで混沌化。ポガチャルは昨日の落車でのロスを取り戻したい&余裕あり。
メイン集団ではポガチャルは容認されて40秒ほどのタイムを稼ぐことに成功。他エース勢はバチボコやりあった結果ポガチャル以外はタイム差さほど変わらず。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Nans PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 04h 02′ 12” B : 18”
2 Toms SKUJINS 106 TREK – SEGAFREDO + 00h 00′ 47” B : 8”
3 Carlos VERONA QUINTANILLA 98 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 47” B : 4”
4 ILNUR ZAKARIN 118 CCC TEAM + 00h 01′ 09” B : 5”
5 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 01′ 41”
6 BEN HERMANS 173 ISRAEL START-UP NATION + 00h 03′ 42”
7 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM + 00h 03′ 42”
8 SØREN KRAGH ANDERSEN 205 TEAM SUNWEB + 00h 04′ 04”
9 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 06′ 00”
10 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 06′ 38”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

アダム・イェーツが維持。最後の上りで遅れる姿もあって危うかった。失うのは時間の問題かも。
キンタナ、ログリッチェ、ポガチャルが良く、最も良かったのはポガチャルでタイム差を大きくリカバリー。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Adam YATES 161 MITCHELTON – SCOTT 34h 44′ 52” B : 12”
2 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 03” B : 10”
3 Guillaume MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 09” B : 4”
4 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 11”
5 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 13”
6 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 13”
7 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 13”
8 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 13”
9 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 48” B : 6”
10 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 00”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンがキープ。上位陣のポイントは変化なし。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 138 PTS
2 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 131 PTS
3 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 106 PTS
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 106 PTS
5 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 93 PTS
6 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 91 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 82 PTS
8 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 75 PTS
9 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 64 PTS
10 CEES BOL 203 TEAM SUNWEB 62 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。
2位に今日のステージで大きく稼ぐ結果となったチームメイト、ピーターズ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 35 PTS
2 NANS PETERS 36 AG2R LA MONDIALE 31 PTS
3 ILNUR ZAKARIN 118 CCC TEAM 25 PTS
4 TOMS SKUJINS 106 TREK – SEGAFREDO 24 PTS
5 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 20 PTS
6 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING 14 PTS
7 CARLOS VERONA 98 MOVISTAR TEAM 14 PTS
8 MICHAEL GOGL 194 NTT PRO CYCLING TEAM 12 PTS
9 NICOLAS ROCHE 208 TEAM SUNWEB 11 PTS
10 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 10 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ベルナルがキープ。
ポガチャルがかなりリカバリーして再び2位に。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS 34h 45′ 05”
2 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 35” B : 6”
3 Enric MAS NICOLAU 94 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 47”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA 74 EF PRO CYCLING + 00h 02′ 35”
5 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 31′ 36”
6 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 33′ 20”
7 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 35′ 25”
8 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 00h 46′ 01”
9 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE + 00h 49′ 49”
10 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 00h 53′ 22”

 

余談:
ニッツォーロ、カルメジャーヌ、ディエゴ・ローザなどがリタイア。特にローザはダウンヒル時に落車して救急搬送だそうです。
それにしてもワウト・ファンアールトは、超級山岳の集団を牽引しきった時点で山も登れてなんなんだこいつ状態ですね。強すぎるよね。

それと総合ですが、第1週で良いのと第3週で良いのとは違うので現在調子のいいポガチャルやログリッチェは第3週まで保つのか。

 

(texted by 新堀 勝)