平坦なのにマイヨジョーヌ、マイヨヴェール争いが激化したハイペースステージはファンアールトが制圧 [ツール・ド・フランス2020 ステージ7]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ7(ETAPE 7)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
いわゆる平坦ステージ。3級、中間スプリント、3級、4級。そして長い距離走ってフィニッシュとなるステージ。
集団スプリントになるでしょうというステージ。団子だ団子。

 



04/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 7 – Millau / Lavaur (168 km) – Wout VAN AERT (TEAM JUMBO VISMA) Vainqueur du jour © A.S.O./Alex Broadway

疾走 ファンアールト。

逃げは最初の3級が近いのでコネフロワーが出て獲得しにいくものの、突然サガンを率いるボーラ・ハンスグローエの面々が突然のハイペース牽引。
グリーンジャージのサム・ベネットを含む多数のエーススプリンターたちが横風の影響で遅れだしたため、山岳ポイントには興味ないものの、分断するために超加速をしたのだった。
中間スプリントに到達するあたりで30秒以上の差がひらいており、サガンは2位通過。トレンティンが1位通過。

ボーラ・ハンスグローエが引き続き牽引を続けて次の3級山岳到達時にはサム・ベネットらの集団とは4分以上の差。さらにユアンやヴィヴィアーニたちの集団とは7分以上の差。
その3級山岳でデヘントがアタックしてやっと一人逃げ。押しまくったボーラ・ハンスグローエもデヘントに30秒程度はどうぞと、さすがに後方が離れたため、スプリント勝負ができる程度に泳がせる判断に。

そして残り30kmを切るあたりで総合争いの位置取りついででイネオスが集団を牽引。
これでマイヨ・ブランのポガチャルや、ランダなどが遅れたため、ユンボヴィズマやFDJなども引きはじめる。スプリンター対決かと思いきや総合争い勢も加勢するハードな展開。
ラストのスプリント勝負は、NTTがエースのボアッソンハーゲンを発射しようと牽引。そこにまたも無賃乗車したワウト・ファンアールト。
サガンは最後の最後にチェーントラブルで大きく失速。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 03h 32′ 03” B : 10”
2 EDVALD BOASSON HAGEN 192 NTT PRO CYCLING TEAM B : 6”
3 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM B : 4”
4 CHRISTOPHE LAPORTE 125 COFIDIS
5 JASPER STUYVEN 107 TREK – SEGAFREDO
6 CLÉMENT VENTURINI 37 AG2R LA MONDIALE
7 HUGO HOFSTETTER 174 ISRAEL START-UP NATION
8 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS
9 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT
10 ALEJANDRO VALVERDE 91 MOVISTAR TEAM

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

アダム・イェーツが維持。
ポガチャル、ランダが大きく後退。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Adam YATES 161 MITCHELTON – SCOTT 30h 36′ 00” B : 12”
2 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 03” B : 10”
3 Guillaume MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 09” B : 4”
4 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 13”
5 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 13”
6 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 13”
7 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 13”
8 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 13”
9 THIBAUT PINOT 51 GROUPAMA – FDJ + 00h 00′ 13”
10 RIGOBERTO URAN 71 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 13”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンが獲得。
チーム全体でのベネット置き去り作戦が大成功。
しかしステージも中間スプリントでも勝ててないのはどうなの?

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 138 PTS
2 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 129 PTS
3 WOUT VAN AERT 18 TEAM JUMBO – VISMA 106 PTS
4 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 105 PTS
5 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 93 PTS
6 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 91 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 82 PTS
8 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 75 PTS
9 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 64 PTS
10 CEES BOL 203 TEAM SUNWEB 62 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 25 PTS
2 MICHAEL GOGL 194 NTT PRO CYCLING TEAM 12 PTS
3 NICOLAS ROCHE 208 TEAM SUNWEB 11 PTS
4 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 10 PTS
5 ALEXEY LUTSENKO 146 ASTANA PRO TEAM 10 PTS
6 JESUS HERRADA 124 COFIDIS 9 PTS
7 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 8 PTS
8 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 7 PTS
9 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 7 PTS
10 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS 6 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ベルナルが獲得。
ポガチャル大きく後退。しかしベルナルといいポガチャルといい、マイヨ・ブラン獲得対象が強すぎて笑えてくるw

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS 30h 36′ 13”
2 Enric MAS NICOLAU 94 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 09”
3 Sergio Andres HIGUITA GARCIA 74 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 28”
4 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 01′ 15” B : 6”
5 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 18′ 44”
6 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 00h 27′ 18”
7 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 30′ 14”
8 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 00h 34′ 39”
9 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE + 00h 36′ 19”
10 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 36′ 35”

 

余談:
英語実況だと「ワウファナールト)って聞こえます。

 

(texted by 新堀 勝)