逃げ集団がバラバラと次々に脱落していくハイペースな1級山岳で余裕のアレクセイ・ルツェンコが一人旅フィニッシュ [ツール・ド・フランス2020 ステージ6]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ6(ETAPE 6)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
なんだか極端なステージ。序盤ずっと平坦。最後の40km程度から突然始まる3級、3級、1級。これを超えてクラス設定はないものの頂上ゴール。
最後にある1級はかなりの斜度らしい。逃げ切りとか先行アタック有利かも。

 



03/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 6 – Le Teil / Mont Aigoual (191 km) – Alexey LUTSENKO (ASTANA PRO TEAM) – Vainqueur de l’étape © PresseSports/Franck Faugere

一切ペースは落ちないし余裕のよっちゃんなルツェンコ。

逃げはロッシュの駆け出しでルツェンコやカバーニャ、アーヴェルマートなどそこそこ豪華な8名。
ステージ前半は何も注目ポイントなし。中間スプリントポイントはボアッソン・ハーゲンが1位通過。
3級2つはロッシュが先行して通過。パウレスがアタックをきっかけに逃げの人数は減って5名。

メイン集団はイネオスが牽引するが、逃げ集団は3分のリードを保ちながら前進。
パウレスやルツェンコのペースアップで逃げ集団は崩壊。ルツェンコとパウレスの一騎打ちか?と思いきやパウレスは先頭交代ができる体力がもうなかった。
先頭をひけ、交代しようぜと促すルツェンコに首を振ることすら厳しいパウレスを見限ってルツェンコが一人旅開始。
1級山岳も1位で通過しつつ追ってくるエラダに30秒のリード。結果そのままステージ逃げ切ってエラダに50秒差をつけてフィニッシュしました。
集団からはアラフィリップが少しだけリードを取るものの大きな動きなし。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Alexey LUTSENKO 146 ASTANA PRO TEAM 04h 32′ 34” B : 18”
2 Jesus HERRADA 124 COFIDIS + 00h 00′ 55” B : 11”
3 Greg VAN AVERMAET 111 CCC TEAM + 00h 02′ 15” B : 6”
4 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 02′ 17”
5 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 02′ 52”
6 BAUKE MOLLEMA 104 TREK – SEGAFREDO + 00h 02′ 53”
7 MICHAL KWIATKOWSKI 5 INEOS GRENADIERS + 00h 02′ 53”
8 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 02′ 53”
9 RICHARD CARAPAZ 3 INEOS GRENADIERS + 00h 02′ 53”
10 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 02′ 53”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

アダム・イェーツが維持。
メイン集団内で上位陣では、特段タイム差はつかなかった形。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Adam YATES 161 MITCHELTON – SCOTT 27h 03′ 57” B : 12”
2 Primož ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 03” B : 10”
3 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 07” B : 6”
4 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 09” B : 4”
5 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 13”
6 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 13”
7 ESTEBAN CHAVES 164 MITCHELTON – SCOTT + 00h 00′ 13”
8 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 13”
9 ROMAIN BARDET 31 AG2R LA MONDIALE + 00h 00′ 13”
10 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 13”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サム・ベネットがキープ。
少しだけポイントを稼いで2位以下と少しだけ広がりました。
が、微々たるものなので、まだまだ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 129 PTS
2 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 117 PTS
3 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 93 PTS
4 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 75 PTS
5 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 71 PTS
6 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 70 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 64 PTS
8 CEES BOL 203 TEAM SUNWEB 62 PTS
9 GIACOMO NIZZOLO 191 NTT PRO CYCLING TEAM 61 PTS
10 ALEXEY LUTSENKO 146 ASTANA PRO TEAM 56 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 23 PTS
2 MICHAEL GOGL 194 NTT PRO CYCLING TEAM 12 PTS
3 NICOLAS ROCHE 208 TEAM SUNWEB 11 PTS
4 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 10 PTS
5 ALEXEY LUTSENKO 146 ASTANA PRO TEAM 10 PTS
6 JESUS HERRADA 124 COFIDIS 9 PTS
7 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 8 PTS
8 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 7 PTS
9 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 6 PTS
10 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS 6 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ポガチャルがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 Tadej POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 27h 04′ 04” B : 6”
2 Egan BERNAL GOMEZ 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 06”
3 Enric MAS NICOLAU 94 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 15”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA 74 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 34”
5 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 04′ 18”
6 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 15′ 48”
7 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 22′ 09”
8 VALENTIN MADOUAS 56 GROUPAMA – FDJ + 00h 27′ 24”
9 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 00h 27′ 57” B : 8”
10 NIKLAS EG 102 TREK – SEGAFREDO + 00h 30′ 38”

 

余談:
メイン集団にもう少し動きがほしいなー。
優勝候補のログリッチが、基本じっとしてれば良いし、仕掛けられるならアタックすればいいしと自由の幅が大きいので余裕があって強い。
で、じっとされるとライバル勢も行きづらいと。なのでメイン集団が動かないに繋がってるんでしょうなー。

 

(texted by 新堀 勝)