ライバルとなるエース達をぶっちぎり 余裕の実力でチームの牽引を無駄にせず冷静に差し切ったログリッチェ [ツール・ド・フランス2020 ステージ4]


さてさて、ツール・ド・フランス2020、ステージ4(ETAPE 4)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
ステージ4は早くも強烈な山岳ステージ。
序盤にスプリントポイントがあって、3級、4級、3級、3級ときて、ラスト1級フィニッシュ。
勝負のポイントはもちろんラストの1級。いきなり総合争いにふるいがかかるかもしれません。

 



01/09/2020 – Tour de France 2020 – Etape 4 – Sisteron / Orcières-Merlette (160.5 km) – Primoz ROGLIC (TEAM JUMBO – VISMA) Vainqueur à Orcières-Merlette © A.S.O./Pauline Ballet

ファイナルスプリントがえげつないプリモシュ・ログリッチェ。

逃げは6人で形成。3級が連続するためあまり思いっきり山岳ポイントが稼げるわけではないため、激しい展開はなく逃げもさくっと確定。
全チーム・全選手が最後の1級山岳にフォーカス。登坂で”遅れない”ために、1級山岳の登り口までリーダーチームが牽引が展開。

残り7.3kmでメイン集団が逃げをすべて吸収。いよいよ1級山岳の登坂開始。
全員見送っている状況でジリジリと登る中、ピエール・ローランがアタック。しかしこれはすぐ吸収。
ユンボヴィズマのワウト・ファンアールト(スプリンター気質なので上りは決して専門ではない)が牽引して、長蛇の列に。
ファンアールトが力尽きるとするっとバトンタッチしたクス。ユンボヴィズマが全く譲らず牽引。
ゴール前でコフィディスのマルタンがアタック。これでクスも牽引をやめ各エース対決に。エース同士のスプリントアタックで抜け出したのはログリッチェ。
アシストがチームが懸命に作った流れを守ったエースの加速がえげつない、余裕の勝利でした。さすが優勝候補。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 04h 07′ 47” B : 10”
2 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES B : 6”
3 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS B : 4”
4 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC
5 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP
6 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM
7 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS
8 THIBAUT PINOT 51 GROUPAMA – FDJ
9 MIKEL LANDA 61 BAHRAIN – MCLAREN
10 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

アラフィリップことジュリップくんがキープ。
ログリッチェが足を見せて、強烈な印象をつけたなーという形。いつでもひっくり返せるぞと。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 18h 07′ 04” B : 15”
2 ADAM YATES 161 MITCHELTON – SCOTT + 00h 00′ 04” B : 12”
3 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 07” B : 10”
4 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES + 00h 00′ 11” B : 6”
5 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS + 00h 00′ 13” B : 4”
6 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 17”
7 TOM DUMOULIN 14 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 17”
8 ESTEBAN CHAVES 164 MITCHELTON – SCOTT + 00h 00′ 17”
9 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC + 00h 00′ 17”
10 MIGUEL ANGEL LOPEZ 141 ASTANA PRO TEAM + 00h 00′ 17”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンがグリーンジャージをキープ。
サム・ベネットが集団の中で中間スプリントを先行してポイントは並んだ状態。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 PETER SAGAN 21 BORA – HANSGROHE 83 PTS
2 SAM BENNETT 43 DECEUNINCK – QUICK – STEP 83 PTS
3 ALEXANDER KRISTOFF 135 UAE TEAM EMIRATES 80 PTS
4 MATTEO TRENTIN 117 CCC TEAM 61 PTS
5 GIACOMO NIZZOLO 191 NTT PRO CYCLING TEAM 51 PTS
6 CALEB EWAN 151 LOTTO SOUDAL 50 PTS
7 JULIAN ALAPHILIPPE 41 DECEUNINCK – QUICK – STEP 47 PTS
8 BRYAN COQUARD 211 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 43 PTS
9 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 36 PTS
10 CEES BOL 203 TEAM SUNWEB 32 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

コネフロワーがキープ。

Rank Rider Rider No. Team Points P
1 BENOIT COSNEFROY 33 AG2R LA MONDIALE 21 PTS
2 MICHAEL GOGL 194 NTT PRO CYCLING TEAM 12 PTS
3 PRIMOŽ ROGLIC 11 TEAM JUMBO – VISMA 10 PTS
4 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 8 PTS
5 QUENTIN PACHER 216 B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM 6 PTS
6 GUILLAUME MARTIN 121 COFIDIS 6 PTS
7 TOMS SKUJINS 106 TREK – SEGAFREDO 6 PTS
8 KASPER ASGREEN 42 DECEUNINCK – QUICK – STEP 6 PTS
9 NICOLAS ROCHE 208 TEAM SUNWEB 5 PTS
10 NAIRO QUINTANA 81 TEAM ARKEA – SAMSIC 4 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

上位に入ったポガチャルが獲得。今年一番のマイヨ・ブラン候補が早くも獲得。
ベルナルがマイヨジョーヌ候補として強すぎるのでブラン取れないかなぁ。。。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 TADEJ POGACAR 131 UAE TEAM EMIRATES 18h 07′ 15” B : 6”
2 EGAN BERNAL 1 INEOS GRENADIERS + 00h 00′ 06”
3 ENRIC MAS 94 MOVISTAR TEAM + 00h 00′ 15”
4 SERGIO ANDRES HIGUITA 74 EF PRO CYCLING + 00h 00′ 34”
5 MARC HIRSCHI 204 TEAM SUNWEB + 00h 00′ 34” B : 8”
6 DANIEL FELIPE MARTINEZ 76 EF PRO CYCLING + 00h 04′ 10”
7 HAROLD TEJADA 148 ASTANA PRO TEAM + 00h 07′ 51”
8 NIKLAS EG 102 TREK – SEGAFREDO + 00h 12′ 07”
9 LENNARD KÄMNA 24 BORA – HANSGROHE + 00h 14′ 22”
10 NEILSON POWLESS 77 EF PRO CYCLING + 00h 17′ 55”

 

余談:
山岳の1級頂上フィニッシュだったんですが、1級って感じの山岳じゃなかったっすね。
迫力的にはものたりない感じがしました。が、ログリッチェは強い。強いなぁ。

 

(texted by 新堀 勝)