スプリント力のあるライバルを巧みなコース取りで抑えてサイモン・イェーツが会心の勝利 総合は動きなし [ツール・ド・フランス2019 ステージ12]


ツール・ド・フランス2019、ステージ12(ETAPE 12)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
序盤4級。上りの手前にスプリントポイント。
そして、ついに来たぞとばかりに、1級ペイルスルード峠、1級アンチザン峠が登場。それらを超えて下りきったところでゴール。
ステージ構成上は逃げ切り容認という感じもするが総合争いに誰がアタックして誰がどう防ぐのかという攻防が期待のステージ。

 


Tour de France 2019 – 18/07/2019 – Etape 12 – Toulouse / Bagnères-de-Bigorre (209,5 Km) – Simon YATES (MITCHELTON SCOTT) Vainqueur de la 12e étape © ASO/Pauline BALLET

サイモン・イェーツがスプリントを制す。

40km経過しても逃げが決まらずやっと決まった逃げはなんと40人。
中間スプリントポイントを獲得したいサガンなどが逃げたい意向を示したためスプリンター勢を抱えるチームが逃さず、
また山岳賞ジャージのウェレンスも逃げに乗ったためそれを追いかけるチームやメンバーも入り混沌と化した結果、逃げ切り容認はしない形でメイン集団が追いかける展開。

山岳はウェレンスが序盤を1位通過。1級ペイルスルード峠もカルメジャーヌが先行するもののしっかりウェレンスが差し切りポイントを重ねました。
ペイルスルードの峠のダウンヒルでサイモン・クラークが仕掛けて1人逃げを敢行。しかしこれらの逃げも最後の1級上りで捕まります。

最後の1級をサイモン・イェーツ、ミュールベルガーの2人。ついでビルバオ。最後までこの3名がもつれてゴールまで直行。
スプリント力を純粋に比べればミュールベルガーに軍配があがる3人は仕掛け合いもなくスプリント勝負へ。
ゴール150m手前あたりで大きく左に曲がるコーナーへ。サイモン・イェーツが先行、ビルバオ、ミュールベルガーの順で通過しサイモン・イェーツが残100mをそのまま押し切りました。
コーナーの妙。突入するコース、番手、ブレーキング。そのコーナーの妙の僅かな差でサイモン・イェーツが勝利しました。

メイン集団はこの強烈な1級2つを使った仕掛けやアタックは無し。平和の一時となりました。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 SIMON YATES 108 MITCHELTON – SCOTT 04h 57′ 53” B : 18”
2 PELLO BILBAO LOPEZ DE ARMENTIA 72 ASTANA PRO TEAM B : 8”
3 GREGOR MÜHLBERGER 15 BORA – HANSGROHE B : 9”
4 TIESJ BENOOT 162 LOTTO SOUDAL + 00h 01′ 28”
5 FABIO FELLINE 135 TREK – SEGAFREDO + 00h 01′ 28”
6 MATTEO TRENTIN 107 MITCHELTON – SCOTT + 00h 01′ 28”
7 OLIVER NAESEN 37 AG2R LA MONDIALE + 00h 01′ 28”
8 RUI COSTA 124 UAE TEAM EMIRATES + 00h 01′ 28”
9 SIMON CLARKE 93 EF EDUCATION FIRST + 00h 01′ 28”
10 JASPER STUYVEN 138 TREK – SEGAFREDO + 00h 01′ 28”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

アラフィリップのまま。
イネオスの面々がずっとコントロールしていて着々と狙ってる気配のまま、平和に終わったとはいえ冷戦という感じ。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 JULIAN ALAPHILIPPE 21 DECEUNINCK – QUICK – STEP 52h 26′ 09” B : 24”
2 GERAINT THOMAS 1 TEAM INEOS + 00h 01′ 12”
3 EGAN BERNAL 2 TEAM INEOS + 00h 01′ 16”
4 STEVEN KRUIJSWIJK 81 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 27”
5 EMANUEL BUCHMANN 12 BORA – HANSGROHE + 00h 01′ 45”
6 ENRIC MAS 25 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 01′ 46”
7 ADAM YATES 101 MITCHELTON – SCOTT + 00h 01′ 47”
8 NAIRO QUINTANA 61 MOVISTAR TEAM + 00h 02′ 04”
9 DANIEL MARTIN 121 UAE TEAM EMIRATES + 00h 02′ 09”
10 THIBAUT PINOT 51 GROUPAMA – FDJ + 00h 02′ 33” B : 8”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンのまま。しかも逃げにのって1位通過。ポイントをまた大きく稼ぐ結果に。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 PETER SAGAN 11 BORA – HANSGROHE 277 PTS
2 SONNY COLBRELLI 43 BAHRAIN – MERIDA 191 PTS
3 ELIA VIVIANI 28 DECEUNINCK – QUICK – STEP 184 PTS
4 MICHAEL MATTHEWS 141 TEAM SUNWEB 167 PTS
5 CALEB EWAN 161 LOTTO SOUDAL 148 PTS
6 JASPER STUYVEN 138 TREK – SEGAFREDO 132 PTS
7 MATTEO TRENTIN 107 MITCHELTON – SCOTT 118 PTS
8 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 101 PTS
9 DYLAN GROENEWEGEN 84 TEAM JUMBO – VISMA 96 PTS
10 JULIAN ALAPHILIPPE 21 DECEUNINCK – QUICK – STEP 75 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ウェレンスが序盤の1級を頑張りました。偉い。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 TIM WELLENS 168 LOTTO SOUDAL 54 PTS
2 THOMAS DE GENDT 164 LOTTO SOUDAL 37 PTS
3 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO 30 PTS
4 XANDRO MEURISSE 195 WANTY – GOBERT CYCLING TEAM 27 PTS
5 NATNAEL BERHANE 152 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 20 PTS
6 TIESJ BENOOT 162 LOTTO SOUDAL 16 PTS
7 DYLAN TEUNS 47 BAHRAIN – MERIDA 13 PTS
8 SERGE PAUWELS 115 CCC TEAM 13 PTS
9 BENJAMIN KING 205 TEAM DIMENSION DATA 13 PTS
10 SIMON YATES 108 MITCHELTON – SCOTT 10 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

ベルナルのまま。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 EGAN BERNAL 2 TEAM INEOS 52h 27′ 25”
2 ENRIC MAS 25 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 00′ 30”
3 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 00h 03′ 16”
4 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO + 00h 13′ 19”
5 GREGOR MÜHLBERGER 15 BORA – HANSGROHE + 00h 23′ 59”
6 MAXIMILIAN SCHACHMANN 18 BORA – HANSGROHE + 00h 25′ 12”
7 LAURENS DE PLUS 83 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 27′ 43”
8 TIESJ BENOOT 162 LOTTO SOUDAL + 00h 32′ 48”
9 GIANNI MOSCON 5 TEAM INEOS + 00h 48′ 02”
10 SØREN KRAGH ANDERSEN 147 TEAM SUNWEB + 00h 49′ 05”

 

余談:
動きなかったなー。
とりあえずニバリとバルデはもう無理そうね。

 

(texted by 新堀 勝)