未舗装路が最後に待ち受ける山頂ステージはテウンスが一騎打ちを制す マイヨジョーヌは2位のチッコーネへ [ツール・ド・フランス2019 ステージ6]


ツール・ド・フランス2019、ステージ6(ETAPE 6)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
はい、きた山岳ステージ。
1級、3級、2級、1級、3級、2級、そして最後の1級山岳ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユの山頂ゴール。
しかも今回は毎回使われていたゴールではなく、もう少し先の未舗装路フィニッシュ。
このステージ6は分水嶺として大注目のステージとなります。誰が登れて誰が付いていけて誰が脱落するのか。

 


Tour de France 2019 – 11/07/2019 – Etape 6 – Mulhouse / La Planche des Belles Filles (160,5 Km) – Dylan TEUNS (BAHRAIN – MERIDA) Vainqueur de la 6e étape © A.S.O./Alex BROADWAY

山岳ポイント争いには関与せず、うまく気配を殺して一騎打ち勝負に持ち込んだテウンスが先着。

今日は山岳ポイントが大きく稼げることもあり、逃げ集団にかなりの人数が乗る形に。
最初の1級は、ウェレンス。チッコーネが2位。
続いての3級はデヘント。チッコーネがここでも2位。
次の2級は、ベルハネ、ウェレンス、チッコーネ。
補給後の1級。ウェレンス、ムーリッセ、チッコーネ。
次の3級は、デヘント、ウェレンス。その後デヘントは単独走開始。
しかし次の2級で捕まってしまってデヘントは失速。チッコーネが1位通過。
そして最後のラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユへ。

脱落していった逃げ集団の中で生き残ったチッコーネとテウンスによる一騎打ち。
最後の未舗装路のほんの数メートルのところでチッコーネが失速したため、勝利はテウンスの手に。

メイン集団は最後の山岳でバルギル、ランダがアタックしたものの、これは実らず吸収されて、ラスト2kmあたりから。
アラフィリップのアタックから始まったメイン集団内での力の押し比べ。アラフィリップが激走するも、未舗装路と20%を超える斜度はそれを阻み、追いついたギャラント・トーマス、ティボピノーとお団子フィニッシュ。
遅れたバルデやニバリは一歩?いや30歩ぐらいの後退か。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 DYLAN TEUNS 47 BAHRAIN – MERIDA 04h 29′ 03” B : 15”
2 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO + 00h 00′ 11” B : 14”
3 XANDRO MEURISSE 195 WANTY – GOBERT CYCLING TEAM + 00h 01′ 05” B : 4”
4 GERAINT THOMAS 1 TEAM INEOS + 00h 01′ 44”
5 THIBAUT PINOT 51 GROUPAMA – FDJ + 00h 01′ 46”
6 JULIAN ALAPHILIPPE 21 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 01′ 46”
7 NAIRO QUINTANA 61 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 51”
8 EMANUEL BUCHMANN 12 BORA – HANSGROHE + 00h 01′ 51”
9 JAKOB FUGLSANG 71 ASTANA PRO TEAM + 00h 01′ 53”
10 MIKEL LANDA MEANA 65 MOVISTAR TEAM + 00h 01′ 53”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

チッコーネが獲得。やり遂げた。
2位のアラフィリップとはボーナスタイム差レベルなので余談は許さず。
またチームメイトにリッチー・ポートというエースがいるのでどうか。

Rank Rider Rider No. Team Times B P
1 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO 23h 14′ 55” B : 14”
2 JULIAN ALAPHILIPPE 21 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 00′ 06” B : 15”
3 DYLAN TEUNS 47 BAHRAIN – MERIDA + 00h 00′ 32” B : 15”
4 GEORGE BENNETT 82 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 00′ 47”
5 GERAINT THOMAS 1 TEAM INEOS + 00h 00′ 49”
6 EGAN BERNAL 2 TEAM INEOS + 00h 00′ 53”
7 THIBAUT PINOT 51 GROUPAMA – FDJ + 00h 00′ 58”
8 STEVEN KRUIJSWIJK 81 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 01′ 04”
9 MICHAEL WOODS 98 EF EDUCATION FIRST + 00h 01′ 13” B : 2”
10 RIGOBERTO URAN 91 EF EDUCATION FIRST + 00h 01′ 15”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガン。変わらず。

Rank Rider Rider No. Team Points B P
1 PETER SAGAN 11 BORA – HANSGROHE 144 PTS
2 MICHAEL MATTHEWS 141 TEAM SUNWEB 98 PTS
3 ELIA VIVIANI 28 DECEUNINCK – QUICK – STEP 92 PTS
4 SONNY COLBRELLI 43 BAHRAIN – MERIDA 88 PTS
5 MATTEO TRENTIN 107 MITCHELTON – SCOTT 75 PTS
6 MIKE TEUNISSEN 87 TEAM JUMBO – VISMA 64 PTS
7 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 62 PTS
8 JASPER STUYVEN 138 TREK – SEGAFREDO 48 PTS
9 JULIAN ALAPHILIPPE 21 DECEUNINCK – QUICK – STEP 47 PTS
10 CALEB EWAN 161 LOTTO SOUDAL 46 PTS

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ウェレンスが大事なところでポイントを稼いだため1位確保。
2位は全部で2位に入ったチッコーネが近づく。

Rank Rider Rider No. Team Points
1 TIM WELLENS 168 LOTTO SOUDAL 43 PTS
2 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO 30 PTS
3 XANDRO MEURISSE 195 WANTY – GOBERT CYCLING TEAM 27 PTS
4 DYLAN TEUNS 47 BAHRAIN – MERIDA 13 PTS
5 NATNAEL BERHANE 152 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 13 PTS
6 TOMS SKUJINS 137 TREK – SEGAFREDO 9 PTS
7 THOMAS DE GENDT 164 LOTTO SOUDAL 8 PTS
8 GERAINT THOMAS 1 TEAM INEOS 4 PTS
9 SIMON CLARKE 93 EF EDUCATION FIRST 4 PTS
10 GREG VAN AVERMAET 111 CCC TEAM 2 PTS

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

こちらでもチッコーネ。将来有望だなー。

Rank Rider Rider No. Team Times
1 GIULIO CICCONE 133 TREK – SEGAFREDO 23h 14′ 55”
2 EGAN BERNAL 2 TEAM INEOS + 00h 00′ 53”
3 ENRIC MAS 25 DECEUNINCK – QUICK – STEP + 00h 01′ 23”
4 DAVID GAUDU 53 GROUPAMA – FDJ + 00h 01′ 52”
5 WOUT VAN AERT 88 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 13′ 20”
6 NILS POLITT 186 TEAM KATUSHA ALPECIN + 00h 16′ 11”
7 GREGOR MÜHLBERGER 15 BORA – HANSGROHE + 00h 16′ 45”
8 MAXIMILIAN SCHACHMANN 18 BORA – HANSGROHE + 00h 16′ 53”
9 LAURENS DE PLUS 83 TEAM JUMBO – VISMA + 00h 17′ 53”
10 TIESJ BENOOT 162 LOTTO SOUDAL + 00h 19′ 41”

 

余談:
チッコーネは本当に将来有望だな。。。

 

(texted by 新堀 勝)