ツール・ド・フランス 2016, ピックアップ
ツール・ド・フランス2016(第103回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

ツール・ド・フランス2016(第103回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

Tour de France 2016 - 24/07/2016 - Etape 21 - Chantilly / Paris Champs-Elysées (113 km) - SAGAN Peter (TINKOFF) maillot vert, FROOME Christopher (TEAM SKY) maillot Jaune, YATES Adam (ORICA BikeExchange) maillot blanc, MAJKA Rafal (TINKOFF) maillot à pois.
Tour de France 2016 – 24/07/2016 – Etape 21 – Chantilly / Paris Champs-Elysées (113 km)
SAGAN Peter (TINKOFF) maillot vert, FROOME Christopher (TEAM SKY) maillot Jaune,
YATES Adam (ORICA BikeExchange) maillot blanc, MAJKA Rafal (TINKOFF) maillot à pois.

Tour de France 2016 - 24/07/2016 - Etape 21 - Chantilly / Paris Champs-Elysées (113 km) - Le Maillot Jaune offre une bière à chacun de ses coéquipiers.
Tour de France 2016 – 24/07/2016 – Etape 21 – Chantilly / Paris Champs-Elysées (113 km)
Le Maillot Jaune offre une bière à chacun de ses coéquipiers.

今年のツール・ド・フランス、いかがだったでしょうか?

 

103回目。モン・サン・ミッシェルをスタート地点とした今大会。
マイヨ・ジョーヌのダウンヒル、唐突なアタック&逃げ切り、仲間の自転車をレンタル、果てはランニングと素晴らしいパフォーマンスでしたw

 

今年はフルームが一段上の力強さを魅せつけて2位以下は団子という珍しい(?)戦いでした。
序盤のコンタドールがリタイアは痛かったなぁ。

 

今回のツール・ド・フランスまとめです。
公式サイトのダイジェストとともに酒のつまみにでもどうぞw

えりすぐりのスナップショット!

tdf2016_final3

ステージ8でのフルーム渾身のダウンヒルアタック。
フルーム自身が自画自賛した「これぞロードレースだ。チームのみんなを置き去りにして少年の時のような気持ちでかっとんで楽しかった」と言った素晴らしいアタック。

Montpellier - France - wielrennen - cycling - radsport - cyclisme - Peter Sagan (SLK-Tinkoff) - Chris Froome (GBR-Team Sky) - Geraint Thomas (GBR-Team Sky) - Maciej Bodnar (POL-Tinkoff)  pictured during stage 11 of the 2016 Tour de France from  Carcassonne to Montpellier, 164.00 km - photo NV/PN/Cor Vos © 2016
Montpellier – France – wielrennen – cycling – radsport – cyclisme
Peter Sagan (SLK-Tinkoff) – Chris Froome (GBR-Team Sky) – Geraint Thomas (GBR-Team Sky) – Maciej Bodnar (POL-Tinkoff) pictured during stage 11 of the 2016 Tour de France from Carcassonne to Montpellier, 164.00 km – photo NV/PN/Cor Vos © 2016

ステージ11でのマイヨ・ヴェールのサガン&マイヨ・ジョーヌのフルーム含めた4人での逃げアタック。
「俺達は強い。追いつけるはずないよ。行こう!」

tdf2016_final5

ステージ12。死の山モン・ヴァントゥをまさかのランニングするフルーム。救済があったからこそだけど、ネタだ。ネタすぎるw

 


Best of – Tour de France 2016 投稿者 tourdefrance

 

[ステージ1] 復活の超特急 トレイン崩壊のカオススプリントを制したカヴェンディッシュ

まさかのカヴェンディッシュ。まさかというと悪いけども多分みんな「まさか」だったんじゃないかなぁ。

 

[ステージ2] 過酷な上り坂スプリントを制したのはペーターサガン 本人は3位だと思ってパフォーマンスなし

サガンが初のマイヨ・ジョーヌ。本人はうっかりしてたみたいね。アラフィリップは可哀想でしたな。

 

[ステージ3] エーススプリンター対決はタイヤ差というギリギリの勝負 カヴェンディッシュが2勝目を飾る

スプリント対決、僅差の結果第1回目。僅差をカヴェンディッシュ。
今大会はカヴェンディッシュが好調で成長したサガン、ベテランのグライペル、近年最強キッテル、新星コカールの争い。

 

[ステージ4] 連日の接戦スプリント対決第3戦目はキッテル タイヤ差どころか数mmの差

スプリント対決、僅差の結果第2回目。今度はキッテル。コカールはあとちょっと。

 

[ステージ5] 中級山岳が多数続くステージで華麗な逃げ切り勝ちヴァンアーベルマート 本人も初となるマイヨジョーヌ獲得

逃げ切り。ヴァンアーベルマートが初のマイヨジョーヌ。今大会は初マイヨジョーヌが多数でしたね。

 

[ステージ6] 新城幸也が逃げた展開 今大会絶好調のカヴェンディッシュが破格の強さのスプリントで3勝目

スプリント対決、僅差の結果第3回目。カヴェンディッシュが3回目。好調だねぇ。新城幸也が敢闘賞。

 

[ステージ7] アスパン峠を含む残り20kmの距離を独走 得意の勝ちパターンで逃げ切ったハゲ…じゃなくてカミングス

またも逃げ切り。カミングスは勝ち方はいつもどんな場合でもかっこいいよなぁ。

 

[ステージ8] 今年はここか?まさかのダウンヒルで勝負に出た王者フルーム その体勢でよく踏めるな

今年のハイライト1つ目。フルームのスーパーダウンヒルアタック。
タイミングといい、走るフォームといい素晴らしい。

 

[ステージ9] 過酷な山岳、突然の悪天候も振り切ったアゴTTことデュムランが独走勝利 コンタドールは失意のリタイア

コンタドールの無念のリタイア。これはある意味一番のハイライトになったかもしれません。
デュムランは昨年のブエルタで完全に覚醒しましたな。総合狙いにきていたらまたもっと違う展開だったかと思います。彼は今後本当に注目株です。

 

[ステージ10] 逃げ集団に7名中3名を残したオリカの作戦が見事に炸裂 マイケル・マシューズが温存した脚を爆発させ勝利

逃げの小集団で勝負したマシューズでした。サガンが連日のアタックでグループ内では最強だったと思いますがチームワークってこういうことなんですよね。

 

[ステージ11] 奇襲をしかけて勝利したサガン マイヨベールとマイヨジョーヌを含む豪華な4人で逃げ切り

今年のハイライト2つ目。マイヨ・ジョーヌとマイヨ・ヴェールのスーパー逃げ切りアタック。
ジャージが豪華なだけじゃなくこれぞロードレースという展開に胸熱でしたな。

 

[ステージ12] 距離の減ったモン・ヴァントゥを制したデヘント しかしその吉報が霞む大事件 マイヨジョーヌ フルームが死の山をランニング

今年のハイライト3つ目というか今年1番。最も話題になったマイヨ・ジョーヌ、フルームのランニング姿。
デヘントごめんねw

 

[ステージ13] アゴTTマン デュムランが圧倒的独走力で1人次元の違う走りで勝利 総合争いはフルームが2位に入り差を開く結果に

TT。やはりTTではデュムラン、フルームが抜けていましたね。

 

[ステージ14] 逆風の中を進む集団スプリントを制したカヴェンディッシュが4勝目をあげる

やはりカヴェンディッシュ。強い。

 

[ステージ15] 山登りで数十秒遅れても追いつく強烈なダウンヒルを魅せつけたパンタノが2人逃げを制して勝利

パンタノのダウンヒルは脅威やでぇ。カメラバイクを振り切ってしまうほどの速度でダウンヒルできるパンタノはキレすぎ。

 

[ステージ16] ラストの石畳でふるい落とされたスプリンター対決を制したサガンが3勝目 マイヨヴェールはほぼ確定

サガン。クラシックっぽいステージは強いねぇー。これも僅差の勝利でした。

 

[ステージ17] ラストの超級山岳ヒルクライムでアタックをしたザカリンが勝利 総合争いは誰が調子悪くて誰が調子良いんだがわからん!

ザカリンは今後総合を狙えるような選手だと思います。ヒルクライマータイプで、フルームのようなスタイルで成長していくと将来のマイヨ・ジョーヌ候補となる選手。

 

[ステージ18] 山岳タイムトライアルで爆速TTを魅せつけたフルームが勝利 注目のデュムランとの対決は20秒差

山岳TT。デュムランも速いけど山岳ではフルームの方が上手。このあたりがTTの面白いところですね。

 

[ステージ19] バルデが総合上位を狙ってアタックしそのまま勝利 雨のダウンヒルで落車多発 総合上位勢はタイムを落とす

期待のフランス人バルデ。強かったですね。またも勝負を決めたのはダウンヒルでしたな。

 

[ステージ20] 大雨ダウンヒル対決 ニバリ、パンタノを置き去りにした112km男 ヨン・イザギレが勝利 フルームが盤石の走りで2連覇確定

雨のダウンヒル。やっぱりダウンヒル。ここのダウンヒルの三つ巴の戦いは熱かった。
112km男ことヨン・イザギレ強かったね。タイミングもよかった。

 

[ステージ21] 吠えるスプリンター グライペルがうれしいシャンゼリゼ勝利 期待のコカールやキッテルはアクシデントに泣く

やっとグライペル。シャンゼリゼを仕留めましたな。

 

 

今年もフルームの大会だったと思います。
ライバル勢もフルームにコンディションもパフォーマンスも1段2段劣っていてあまりライバルらしいライバルはいませんでした。

個人的にはコンタドールのリタイア、キンタナの不調、アルーいまいち、バルギルの不調&デュムランが狙えばよかったのにとか、ライバル軍団がふがいない。
全力でぶつかってもチームスカイのポエルスの壁は分厚すぎたと思います。

総合敢闘賞はサガンでしたが、去年も含めてチームスカイを支えたのはポエルスだと僕は思ってます。

 

(texted by 新堀 勝)

 

Share this Story

Related Posts

Facebook