今年はここか?まさかのダウンヒルで勝負に出た王者フルーム その体勢でよく踏めるな [ツール・ド・フランス2016 ステージ8]

tdf2016_stage8
tdf2016_stage8_high

さてさて、ツール・ド・フランス2016、ステージ8(ETAPE 8)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
ピレネー山脈は、超級のツールマレー峠、1級のペイルスルード峠の登場です。

総合争い確定のステージでしょう。逃げ切りステージ優勝は難しいでしょう。
総合争いをしている選手たちはここでの逃げは致命傷になりかねないからです。
超級、2級、1級、1級と下ってゴール。最後の1級を単独通過した選手が勝利するようなステージです。

 

tdf2016_stage8_froome

今年はダウンヒルで勝負に出た王者フルーム。

逃げ集団は、昨日遅れたティボ・ピノー、マイカ、トニー・マルティンと豪華な3名。
1級の途中でマイカがアタック、ピノやマルティンはついていけませんで、マイカが単独で上り始めます。

マイカが頂上につくころに、スカイがコントロールするメイン集団が吸収。
その後もスカイがずっとコントロールをし続けて、最後の1級ペイルスルードの山頂を超えた途端にフルームが猛アタック。
そこまでダウンヒルが早いイメージはない、フルームがほぼクラウチングスタイルでサドルに座らないスタイルでペダルを踏む踏む。
下りで約20秒ほどの差をつけてフィニッシュ。今年はダウンヒルで勝利しました。

 

 

1. FROOME C. SKY 04h 57′ 33”
2. MARTIN D. EQS 00′ 13”
3. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 00′ 13”
4. BARDET R. ALM 00′ 13”
5. KREUZIGER R. TNK 00′ 13”
6. ARU F. AST 00′ 13”
7. YATES A. OBE 00′ 13”
8. VALVERDE A. MOV 00′ 13”
9. MOLLEMA B. TFS 00′ 13”
10. PORTE R. BMC 00′ 13”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ダウンヒルで勝負をしかけたフルームが早くも獲得。
そして、期待のティボ・ピノーでしたが、逃げに乗り山岳ポイントを稼ぐ方に舵をきったようですね。

1. FROOME C. SKY 39h 13′ 04”
2. YATES A. OBE 00′ 16”
3. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 00′ 16”
4. MARTIN D. EQS 00′ 17”
5. VALVERDE A. MOV 00′ 19”
6. QUINTANA N. MOV 00′ 23”
7. ARU F. AST 00′ 23”
8. VAN GARDEREN T. BMC 00′ 23”
9. BARDET R. ALM 00′ 23”
10. MOLLEMA B. TFS 00′ 23”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

中間スプリントは、ポイント上位陣の動きはなし。カヴェンディッシュがキープ。

1. CAVENDISH M. DDD 204 pts
2. KITTEL M. EQS 182 pts
3. SAGAN P. TNK 177 pts
4. COQUARD B. DEN 112 pts
5. VAN AVERMAET G. BMC 90 pts
6. GREIPEL A. LTS 89 pts
7. MATTHEWS M. OBE 77 pts
8. KRISTOFF A. KAT 74 pts
9. THEUNS E. TFS 64 pts
10. MARTIN D. EQS 54 pts

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ツールマレーで2位で通過し、その後の山も上位で通過したマイカが獲得。

1. MAJKA R. TNK 31 pts
2. PINOT T. FDJ 30 pts
3. FROOME C. SKY 22 pts
4. MARTIN T. EQS 18 pts
5. HENAO S. SKY 16 pts
6. SICARD R. DEN 14 pts
7. DE GENDT T. LTS 13 pts
8. VAN AVERMAET G. BMC 13 pts
9. LANDA M. SKY 13 pts
10. POELS W. SKY 12 pts

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

アダム・イェーツ。アラフィリップは序盤から大きく遅れました。

1. YATES A. OBE 39h 13′ 20”
2. MEINTJES L. LAM 00′ 18”
3. BARGUIL W. TGA 01′ 35”
4. KELDERMAN W. TLJ 01′ 39”
5. BUCHMANN E. BOA 05′ 20”
6. SEPULVEDA E. FVC 09′ 17”
7. ALAPHILIPPE J. EQS 25′ 42”
8. KONRAD P. BOA 32′ 42”
9. POLANC J. LAM 52′ 54”
10. VALGREN ANDERSEN M. TNK 01h 00′ 41”

 

余談:
クラウチングスタイルで、あんだけのケイデンスで回せるんだなぁ。すごいなぁ。
ケルデルマンが落車しましたね。。。大丈夫かしら。

 

(texted by 新堀 勝)