鮫が牙むく 前年王者のニバリが意地を見せて逃げ切り勝利 総合争いではキンタナがフルームを引きちぎる [ツール・ド・フランス2015 ステージ19]

tdf2015_stage19

tdf2015_stage19_high

さてさて、ツール・ド・フランス2015、ステージ19(ETAPE 19)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

ステージ解説:
アルプス3戦目。
距離は短いが、1級,HC級,2級,1級の頂上ゴールと、険しい険しいステージ。

総合争いのフルームの牙城を誰が崩すのか。そこに尽きます。
本命◎ フルーム
対抗◯ ニバリ、コンタドール、バルベルデ、キンタナ

ニバリやバルギル辺りはタイム差が結構あって逃げても許されるぐらいだと思うので頑張っていただきたい。

 

ステージ結果:

tdf2015_stage19_nibali

ニーバリがやっと本調子に戻ってきた形。
ガッツポーズかっこ良すぎ。

超級の登坂途中でギャンブルアタック。
ちょうどこのアタック時にフルームがメカトラっぽく止まった瞬間でもありました。
他選手はタイム差もあるためか見送り。
超級の山頂を超えたところで、先頭を行くローランに追い付くと最後の山で振りきりました。

最後の山で総合争いが激化。
ずっと息をひそめていたキンタナが猛追。フルームも振り切る早さでがんがんタイム差を詰める。
2分差がゴール地点では40秒差まで詰め寄る走りでした。でもキンタナはニバリには届かず。

 

 

1. NIBALI V. AST 04h 22′ 53”
2. QUINTANA ROJAS N. MOV 00′ 44”
3. FROOME C. SKY 01′ 14”
4. PINOT T. FDJ 02′ 26”
5. BARDET R. ALM 02′ 26”
6. VALVERDE BELMONTE A. MOV 02′ 26”
7. MOLLEMA B. TFR 02′ 26”
8. GESINK R. TLJ 02′ 26”
9. CONTADOR A. TCS 02′ 26”
10. SANCHEZ S. BMC 02′ 26”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ニバリが途中でアタックして一気に4位。キンタナがフルームとのタイム差を詰めました。

1. FROOME C. SKY 78h 37′ 34”
2. QUINTANA ROJAS N. MOV 02′ 38”
3. VALVERDE BELMONTE A. MOV 05′ 25”
4. NIBALI V. AST 06′ 44”
5. CONTADOR A. TCS 07′ 56”
6. GESINK R. TLJ 08′ 55”
7. FRANK M. IAM 12′ 39”
8. MOLLEMA B. TFR 13′ 22”
9. BARDET R. ALM 14′ 08”
10. ROLLAND P. EUC 17′ 27”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンだね。サガン。

1. SAGAN P. TCS 420 pts
2. GREIPEL A. LTS 316 pts
3. DEGENKOLB J. TGA 281 pts
4. CAVENDISH M. EQS 192 pts
5. FROOME C. SKY 128 pts
6. COQUARD B. EUC 122 pts
7. VALVERDE BELMONTE A. MOV 90 pts
8. DE GENDT T. LTS 85 pts
9. GALLOPIN T. LTS 85 pts
10. PINOT T. FDJ 83 pts

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

バルデ念願の山岳賞。
何故かフルームが2位。フルームやめてあげて。

1. BARDET R. ALM 90 pts
2. FROOME C. SKY 87 pts
3. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 78 pts
4. FUGLSANG J. AST 64 pts
5. QUINTANA ROJAS N. MOV 56 pts
6. PAUWELS S. MTN 55 pts
7. ROLLAND P. EUC 54 pts
8. NIBALI V. AST 47 pts
9. MAJKA R. TCS 40 pts
10. PORTE R. SKY 40 pts

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

こっちももう村長は確定かな。バルデが2位。

1. QUINTANA ROJAS N. MOV 78h 40′ 12”
2. BARDET R. ALM 11′ 30”
3. BARGUIL W. TGA 24′ 22”
4. PINOT T. FDJ 38′ 02”
5. JUNGELS B. TFR 01h 28′ 55”
6. SAGAN P. TCS 01h 52′ 36”
7. YATES A. OGE 02h 11′ 09”
8. KELDERMAN W. TLJ 02h 43′ 41”
9. BUCHMANN E. BOA 02h 46′ 28”
10. PREIDLER G. TGA 02h 51′ 55”

 

余談:
スカイのポエルス。2013でフルームが優勝したときのリッチー・ポートのようなアシストとしてコレ以上ないぐらい働いてる。
彼の活躍は計り知れない。かっこいいよね。こういう選手は。

明日はついにラルプデュエズ。

 

(texted by 新堀 勝)