ウィギンスのTTに勝てる気がしねぇ [ツール・ド・フランス2012 ステージ9]

さてさて、ツール・ド・フランス2012、ステージ9(ETAPE 9)です。
やってきました、タイムトライアルっ! 欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:

今年一番の見所ともいえるでしょう。TTです。
もちろん注目はウィギンス&エヴァンスの勝負でしょう。
そして、総合上位を決めかねないステージです。

ということで!

 

私の注目は、

●ブラッドレー・ウィギンス
前哨戦だったドーフィネでの走り、再来あるか。

●カデル・エヴァンス
さすがにここで遅れを取りたくないでしょう。勝負どころ

●ヴィンチェンツォ・ニバリ
ウィギンス、エヴァンスと比べてTTでは遅れてしまうでしょうが勝負どころ

●トニー・マルティン
●ファビアン・カンチェラーラ
●フレデリック・ケシアコフ
TT得意な選手たくさんいるんだけど、この3人かなぁ。どれもステージ優勝は難しいとおもいますが。
マルティンは怪我していますし、カンチェラーラは黄色ジャージ失って傷心、ケシアコフはステージ8で頑張りすぎ。
だけども頑張って欲しい

です。

 

個人的な予想は、そうだなぁ。。。トニー・マルティン頑張って欲しいからトニマルで。
プロローグの落車を取り返してください。

 

ステージ結果:


photo by http://www.letour.fr/

ウィギンス強ええええええ

というかチーム・スカイやべぇっすね

 

カンチェラーラが最初タイムを出しましたが、終盤に出たフルームが30秒近く開いてゴールしました。

この時点でフルームさん、かっけええええぇえでしたが、ウィギンスが待ってましたね。

またニバリは悪くない形でまとめ、
メンショフはちょっと物足りない感じでまとめましたが、
肝心の連覇がかかってるエヴァンスは大ブレーキ状態でした。

エヴァンスは調子悪いのか?っと思うぐらい本調子ではないというか、タイムが良くなかったです。

 

そしてもうウィギンス、フルームが別世界の走りでした。
特にウィギンスは、無理もしないで総合上位勢に対して2分弱ほどのアドバンテージを取ってしまった結果なので異次元すぎる。

 

明日は休息日。
明後日からウィギンス包囲網が始まるでしょう。
あと2週間あるので何が起こるかわからないです。ウィギンスまた落車で終了とかありうりますからね。

 


movie by http://www.letour.fr/

 

1. WIGGINS B. SKY 51′ 24”
2. FROOME C. SKY 00′ 35”
3. CANCELLARA F. RNT 00′ 57”
4. VAN GARDEREN T. BMC 01′ 06”
5. CHAVANEL S. OPQ 01′ 24”
6. EVANS C. BMC 01′ 43”
7. VELITS P. OPQ 01′ 59”
8. NIBALI V. LIQ 02′ 07”
9. MENCHOV D. KAT 02′ 08”
10. KLÖDEN A. RNT 02′ 09”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

ウィギンスやべぇ。一気にタイム差を開けました。こりゃウィギンスかなぁw
休息日開けのウィギンス包囲網に期待。

1. WIGGINS B. SKY 39h 09′ 20”
2. EVANS C. BMC 01′ 53”
3. FROOME C. SKY 02′ 07”
4. NIBALI V. LIQ 02′ 23”
5. MENCHOV D. KAT 03′ 02”
6. ZUBELDIA H. RNT 03′ 19”
7. MONFORT M. RNT 04′ 23”
8. VAN GARDEREN T. BMC 05′ 14”
9. VAN DEN BROECK J. LTB 05′ 20”
10. ROCHE N. ALM 05′ 29”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

一応スプリントポイントつきましたが上位勢には関係なし。

1. SAGAN P. LIQ 217 pts
2. GOSS M. OGE 185 pts
3. GREIPEL A. LTB 172 pts
4. CAVENDISH M. SKY 129 pts
5. PETACCHI A. LAM 109 pts
6. BOASSON HAGEN E. SKY 95 pts
7. CANCELLARA F. RNT 89 pts
8. EVANS C. BMC 82 pts
9. WIGGINS B. SKY 78 pts
10. VEELERS T. ARG 76 pts

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

山岳一個もないので変わらずです。

1. KESSIAKOFF F. AST 21 pts
2. FROOME C. SKY 20 pts
3. EVANS C. BMC 18 pts
4. PINOT T. FDJ 16 pts
5. WIGGINS B. SKY 12 pts
6. MORKOV M. STB 9 pts
7. GALLOPIN T. RNT 9 pts
8. NIBALI V. LIQ 9 pts
9. SORENSEN C. STB 8 pts
10. KADRI B. ALM 5 pts

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

タラマエに対してヴァンガードレンが逆転し返しましたね。ヴァンガードレンはかなり良かったです。

1. VAN GARDEREN T. BMC 39h 14′ 34”
2. TAARAMAE R. COF 00′ 42”
3. GALLOPIN T. RNT 00′ 45”
4. PINOT T. FDJ 03′ 39”
5. IZAGUIRRE INSAUSTI G. EUS 05′ 11”
6. MALACARNE D. EUC 13′ 55”
7. SAGAN P. LIQ 18′ 15”
8. VALLS FERRI R. VCD 18′ 54”
9. VICHOT A. FDJ 19′ 33”
10. KRUIJSWIJK S. RAB 20′ 34”

 

余談:
ウィギンスはなんとステージ初優勝だったそうです。。。まじかw
あとフルームさんのファンになりましたw