テクニカルなTTはカンチェラーラ先生が最強 [ツール・ド・フランス2012 プロローグ]

さてさて、ツール・ド・フランス2012、始まりましたねっ!
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
プロローグ。距離は6.4kmと非常に短い、個人TT(タイムトライアル)のステージとなります。
ロータリーを回ったりと地味にテクニカルなコースとなっていまして、こういうカーブが怖い感じのコースはカンチェラーラ先生が得意なのではというのが下馬評だったようです。

 

個人的に思いますのは、後々のTTステージを占うと思うので、総合狙いの選手も狙ってくるとおもいます。
(良くも悪くもライバル陣の調子を測る意味ですごく重要なステージとおもいますぜ)

 

さて私の注目は、

●ファビアン・カンチェラーラ
 コースを考えるとカンチェラーラが最も得意なコースかなと

●フィリップ・ジルベール
 ベルギーという地元ですからホームゲーム的な利点は強いよなと

●ペーター・サガン
 だってサガンさんですもの。ツール・ド・スイス見てたら誰もが注目します

●ブラッドレー・ウィギンス
 ドーフィネで見せた2分前に出たエヴァンスに追いつきそうになるTTっぷり。期待

●カデル・エヴァンス
 優勝候補ですからどういう走りになるのか

あたりです。

 

ステージ結果:

photo by http://www.letour.fr/

うおおおお、カンチェラーラはえぇえええええ!!
やっぱりものすごく早かったですね。素晴らしい。

ウィギンスすげぇと思った矢先にカンチェラーラでしたね。
ウィギンスは、前半遅れてたのに後半で10秒ほどの差を詰めるという鬼っぷりではありました。
途中までは3位に入ったシャバネルがリードしていました。100分の秒差でウィギンスにまくられました。
その後走ったカンチェラーラが全員黙らせるという展開でしたw
50km当たりが平均速度だったようです。カンチェラーラは平均53.2km/hという。。。

 

地元ジルベールの走りに対する応援がすごかったですね。次の選手への応援の沈下具合がひどいw
フルームは鼻に詰め物したまま(メントールの綿なのかな?)走るというw
サガンは初出場&プレッシャーからか、かなり緊張してましたね。足ついちゃって動揺。
トニマルことトニー・マルティンですが、たった6.2km内でパンクという超不運に。。。優勝候補だっただけに残念すぎる。
メンショフの忍者っぷりは健在。TV放送が中段したときに走りきるというwそして8位にしれっと入ってる曲者っぷりw

 

1. CANCELLARA F. RNT in 07′ 13”
2. WIGGINS Bradley SKY in 07′ 20” at 00′ 07”
3. CHAVANEL Sylvain OPQ in 07′ 20” at 00′ 07”
4. V.GARDEREN T. BMC in 07′ 23” at 00′ 10”
5. BOASSON HAGEN E. SKY in 07′ 24” at 00′ 11”
6. LANCASTER B. OGE in 07′ 24” at 00′ 11”
7. GRETSCH Patrick ARG in 07′ 25” at 00′ 12”
8. MENCHOV Denis KAT in 07′ 26” at 00′ 13”
9. GILBERT Philippe BMC in 07′ 26” at 00′ 13′
10. GRIVKO Andriy AST in 07′ 28” at 00′ 15”

 

余談:
僕らも7/1(明日)、フジ55に参加してきますが、しっかりツール・ド・フランスも見るぞってことで。
そして今後のステージもこんな感じで、出来るだけレポーティングしていきますー。