サイクルロードレース, ツール・ド・フランス 2012
ツール・ド・フランス2012(第99回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

ツール・ド・フランス2012(第99回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

今年のツール・ド・フランスはチームスカイの圧勝で終わりました。

 

山岳ではフルームがその強さを見せつけ、TTではウィギンスが圧倒。スプリントもカヴェンディッシュとまさに最強の布陣だったと思います。

もちろん足りない点(フルームのプチ裏切り、敢闘賞0、ボアッソンハーゲンなどのステージ優勝が0など)もあったとは思いますが結果を見れば文句なしでしょう

 

今回のツール・ド・フランスまとめです。
公式サイトのダイジェスト動画とともに酒のつまみにでもどうぞw


movie by http://www.letour.fr/

 

[プロローグ] テクニカルなTTはカンチェラーラ先生が最強

短い距離の中にテクニカルなカーブもあり下馬評どおりカンチェラーラが勝利して健在ぶりをアピール。

 

[ステージ1] ペーター・サガン初出場で初勝利 チキンダンスを披露

チキンダンスwwww登りもあるスプリントステージは若年ながら最強ではないかと。

 

[ステージ2] カヴ1人 アシスト無しでもこの結果

カヴェンディッシュここにあり。今回「総合狙いだからスプリントのアシストはアイゼルだけ」という布陣でも勝てる男。

 

[ステージ3] サガンのフォレストガンプパフォーマンス

僕の中の合言葉「またお前か」。そうサガン強いよサガン。

 

[ステージ4] カヴの欠けた集団スプリント もう控えとは呼ばせないグライペルの強さ

グライペルは過去カヴの控えだったという不遇の時代がある分、勝ってよかったなぁといつも思っちゃう。ピュアスプリンターの中では「なぜこれが控えか」という強さですけど。

 

[ステージ5] グライペル 連続勝利は本物

連日勝つとかwwwすごいよねww

 

[ステージ6] サガンの超人ハルクパフォーマンス

またお前かww ゴールパフォーマンスは「ゥオラぁあ」って。みなさんもご一緒に。
ゥオラぁあ。

 

[ステージ7] ウィギンスのアシストなのに勝っちゃうフルーム

このステージが今回の分水嶺になったと思います。フルームの牽引&勝利はスカイにとっての総合優勝が見えた瞬間だと思います。それにしてもあんだけ引いておきながら最後にスパートして勝つフルームはヤバイ。
僕はこのステージでフルームのファンになっちゃったよ。

 

[ステージ8] FDJ監督歓喜 ティボ・ピノーが逃げ切り

監督めっちゃ喜んでましたね。どうもFDJはサイクルチームの中ではお金があまり無いほうらしくこういう勝利は嬉しいでしょうね。

 

[ステージ9] ウィギンスのTTに勝てる気がしねぇ

このステージがスカイの総合優勝を大きくたぐり寄せるステージでした。
ウィギンス、フルームが1、2フィニッシュという強さ。特にウィギンスは抜け出ていました。

 

[ステージ10] ヴォクレールはステージ優勝・山岳・敢闘賞と3つに輝く活躍

去年、マイヨジョーヌを20日ほど着たヴォクレールが圧倒的な活躍を見せたステージ。ユーロップカーはこれでまず1勝を手に入れました。

 

[ステージ11] 昨年度の白ジャージ、ピエール・ロランは伊達じゃない

ユーロップカー2連勝。去年の”連邦の白い悪魔”は伊達じゃなかったですね。

 

[ステージ12] 逃げ切れる展開。最後の一騎打ちはミラーが勝利

ミラーは嬉しい勝利でしたね。正直最後の駆け引きは格好良かったですねww
イギリス勝ちすぎだろ、という。。。

 

[ステージ13] グライペルのタイヤ1/3差でのスプリント勝利

グライペルのスーパースプリント。サガンとのタイヤ差1/3。

 

[ステージ13] 手首骨折なんてなんのそのLLサンチェス本大会でやっと逃げ切り勝利

序盤の落車で手首骨折。しかしここまでのステージで幾度となく逃げを敢行していたLLサンチェス。このステージでやっと逃げ切ることに成功した素晴らしい勝利でした。最後の仕掛けるタイミングには鳥肌ものでした。

 

[ステージ15] フェデリゴが最後の一騎打ちで封殺

FDJが2勝目。フェデリゴとヴァン・デ・ヴェルデの一騎打ちは素晴らしかったですね。
監督が喜ぶシーンは見れませんでしたが、多分相当喜んでいたはず。

 

[ステージ16] ヴォクレール脅威の全山岳を取る2度目の山岳賞&敢闘賞&ステージ優勝

ヴォクレールが2勝目。ユーロップカー3勝目。このステージのヴォクレールは他選手に比べて圧倒的に輝いていましたね。素晴らしい。

 

[ステージ17] 逃げ切りを決めたバルベルデ 総合ではニバリが遅れる波乱

バルベルデは嬉しい勝利でしたね。なんと4年振りとか。そしてメイン集団のフルームがウィギンスをアシストしたシーンは「来いっ!」という身振り手振りはフルームの強さを象徴したシーンだったと思います。

 

[ステージ18] カヴェンディッシュ無双 超豪快ロングスプリントが大爆発

基本的に僕は山岳や逃げ切れる選手が好きなんですが、ひっさびさにスプリントがかっこいいと思えたステージでした。圧巻のスプリント。

 

[ステージ19] ウィギンス無双 チームスカイの1,2フィニッシュで付け入る隙なし

タイム差を考えると、誰もウィギンスに勝てませんでしたね。それにしてもウィギンス、フルームのスカイ勢は最強でしたね。

 

[ステージ20]カヴェンディッシュ、ラストステージを4連勝に

やっぱりラストのスプリントステージは彼が取らないと始まらないという。しかし4年連続でというのは偉業ですね。素晴らしい。

 

今年も各選手がそれぞれに強みを出したいいツール・ド・フランスだったと思います。

欲を言えば、ウィギンス筆頭のチームスカイが、下馬評どおり&計画どおりというのが見ていた皆様からはちょっと意外性に欠けて残念ということぐらいでしょうか。

 

個人的には非常に面白かったですよ。来年は第100回。面白そ~。そして最後にフルームかっけー。

Share this Story

Related Posts

Facebook