サイクルロードレース, ピックアップ
2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム カヴェンディッシュが僅差のスプリントを制す

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム カヴェンディッシュが僅差のスプリントを制す

さてさて、ツール・ド・フランスの全面協力の元、毎年必ずやってくるようになってきました、さいたまクリテリウム。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

今年は大きくコースが変更。アリーナは通らず、昨年まで放置気味になってたサイクルフェスタ側にスタートを設ける形に。
さらに4勝ジャージは全部揃わず、総合優勝のフルームと山岳賞のバルギルだけ。

今年もレース展開は他所様のメディアにおまかせして、自分が撮影した写真とともに裏側に迫れたらと思っています。

 

朝のプレスルーム。今年はアリーナがないためVIPやプレスルームは、三菱マテリアルさんのビル内でした。

 

そして毎年冷遇(?)されていたレースとは別で開催されているサイクルフェスタの人の入りの様子。
やはり本部がこっちにあるせいかすごい人の数でした。

 

子供向けのキックバイク体験会や、子供だけのレースもあったりと、思ったより家族でも楽しめる催し物が実施されていました。

 

あ、で、本戦です。
この本戦となるクリテリウムメインレース以外に、スプリントレース、チームタイムトライアルレースも実施されていましたが、所詮は座興よ。

 

集団内のマイヨジョーヌ、フルームの勇姿。体調も良さそうでした。

 

途中、マイヨジョーヌのフルーム、山岳賞のバルギル、総合2位だったウラン、リオ金メダリストのアーベルマートという、すごく豪華な逃げ集団が形成。

 


Photo by ©Yuzuru SUNADA

最後はカヴェンディッシュの猛烈スプリントで別府史之選手を僅差で破って勝利となりました。

 

 

ここからはオフショット。というかこの記事的にはこっちが本編w

コミッセールカー。審判が普段乗るやつですね。

 

毎年恒例の悪魔おじさんこと、ディディ・ゼンフトさんと、去年も居た悪魔女子達!

 

アーレンキーでハンドルを締めるカヴェンディッシュ。レース前の風景なんですが、なにかすごいオーラを感じました。

 

談笑していたフルームとクヴィアトコウスキー、ゴラスに「Sorry,Photo OK?」と言ったら「OK」とにこやかに笑ってくれて写真いただきました。
スマホいじってるエリッソンドは何かに夢中だった。

 

リオ金メダリストのヴァン・アーベルマート。この貫禄。おもったより身体は大きくなかったです。

 

新城幸也選手の愛犬、コリンちゃん。可愛い。

 

このいかつい顔はニキアス・アルント。アルントはスプリント力があるので来年名前を聞くことになると思います。期待してます。

 

おちゃめなバルギル。

 

メンバー的にはフルではなかったと思いますが、今年もまぁ盛大な感じで盛り上がりもあり良かったと思います。
本当に年々企画の精度というか微細な部分が、成長していてより完成度が高くなったイベントという感じがしています。

また今年は気候もよかったせいか選手たちが本当にOFFな感じで来ており、カヴェンディッシュは初来日、バルギルは2度目ですが、二人共記者会見で「本当に日本は良い」と言ってくれていました。全くカメラがないところでもこういってくれていたので本当に日本を良いと思ってくれているのでしょう。

来年も見るぞー

 

カヴェンディッシュの何か言葉でいえないオーラが凄かったです。

Share this Story

Related Posts

Facebook