サイクルロードレース, ツール・ド・フランス 2013
ツール・ド・フランス2013(第100回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

ツール・ド・フランス2013(第100回)まとめ 〜各ステージのダイジェストとともに〜

ツール・ド・フランス2013 表彰式

今年のツール・ド・フランスは凶悪なステージもあり、非常に楽しめた方が多かったのではないでしょうか。

 

100回記念ということでコルシカ島が初登場だったり、ラルプデュエズを2回登る地獄ステージなど、かなり見応えのある大会だったと思います。

しかしながら開始前から予想されていた通りのフルームがマイヨジョーヌであろう、マイヨ・ヴェールはサガンだろうなどなど、
大方の想像や予想の枠からは、はみ出さない展開になったのは物足りない点だったかもしれません。

 

ただ、その予想通りの結果とはなったかもしれませんが、フルームの凶悪な強さ、リッチー・ポートの献身的な行為などは活目だったかと思います。

 

今回のツール・ド・フランスまとめです。
公式サイトのダイジェストとともに酒のつまみにでもどうぞw

えりすぐりのスナップショット!
ツール・ド・フランス2013 スプリント
スプリント対決!

ツール・ド・フランス2013 リッチー・ポート
フルーム優勝の立役者、リッチー・ポート

ツール・ド・フランス2013 コンタドール
落車などの怪我もあり本調子ではなかった、アルベルト・コンタドール

ツール・ド・フランス2013 フルーム
登坂力、TT力、全てで優っていた総合優勝者、クリス・フルーム

 

※動画貼ったんですが、どうやら公式サイトからしか閲覧できないようなので削除いたしました。以下公式からご覧ください。
http://www.letour.fr/

 

[ステージ1] スプリントの有力勢が次々と落車し荒れたステージ 残ったキッテルが勝利

初日が通常ステージというのは珍しかったですね。およそ後にも先にもスプリンターがマイヨジョーヌを着る機会はそうは無いでしょう。キッテル強し。去年の腹痛リタイアから一変。カヴェンディッシュ抑えちゃう強さ。

 

[ステージ2] 意を決した飛び出しで1秒差で逃げ切ったバークランツが勝利 期待のサガンは2位

伏兵バークランツ。こういう展開があるからロードレースは楽しいですよねー。ここしかねーと飛び出して「来るなー追ってくるなー」という気持ちがこちらに伝わってくるラスト数kmはドキドキしましたw

 

[ステージ3] 集団スプリントでサガンを抑えてサイモンギャランスが制す またサイモンクラークが敢闘賞でサイモン祭り

サガンの切れ味が悪かったステージ。今年のサガンはダメなんじゃないかと疑いたくなる結果でしたね。

 

[ステージ4] チームTT 時速60km超えの巡航を制したのはオリカ・グリーンエッジ

ド平坦で巡航速度60kmという超ハイペースのチームTTはラストまで面白かったですね。

 

[ステージ5] 名だたるスプリンター同士の対決を制したのはカヴェンディッシュ 新城は200km以上逃げたが逃げ切れず

新城が逃げ切れそうな展開だっただけに残念でしたね。カヴェンディッシュは対キッテル以外では最強でしたね。キッテルは全く登れないので平坦オンリーですね。

 

[ステージ6] ロットトレイン炸裂 集団スプリントを制したのはグライペル

ゴ・リ・ラ!ゴ・リ・ラ!個の力ではキッテルの方が上、トレイン、個人の両方ともすごいのがカヴェンディッシュとしたらトレイン最強がゴリラ。ヘンダーソンはいつもバンザイしてますwかわいいw

 

[ステージ7] 怪童サガンがスプリントを制す ピュアスプリンターを置いてけぼりにしたキャノンデールの作戦勝ち

サガンさすがです。でもサガンが勝ったというよりキャノンデール全員で勝った感じ。

 

[ステージ8] 爆速のフルーム 他者を圧倒 他エース勢は軒並み遅れる スカイがワンツー

ピレネーに突入したため、総合が動くだろうと思われた今大会最初のステージ。フルームが圧倒的な強さで蹂躙。

 

[ステージ9] ダニエルマーティンが一騎打ちに競り勝つ 序盤から仕掛けまくったガーミンが実を結ぶ

ガーミン・シャープが全員で仕掛けたステージ。どうでもいいけどヘシェダルの眼鏡なんなの?

 

[ステージ10] 追い風の海風を受けた集団スプリント勝負はキッテルに軍配

今大会の平坦はキッテルが強い。グライペルも完璧なスプリントだったんですけどね。。。

 

[ステージ11] TTチャンピオンは早かった 制したのは僅差でトニー・マルティン 総合争いはフルームが差を広げる

トニマル先生は初日の怪我なんだったの?仮病?フルームに中間計測で抜かれてからゴールするまでの間の泣きそうな顔はチャーミングですw
あとモン・サン・ミッシェルはマジで綺麗ですね。

 

[ステージ12] 完璧なリードアウトから発射されたカヴェンディッシュを差しきったキッテルが3勝目

ここまで強いとキッテルの時代なんでしょうか。カヴェンディッシュのトレインは完璧だった。が、しかし。

 

[ステージ13] 強烈な横風ステージをカヴェンディッシュが制す 穏やかな平坦が一転 総合争いにも火が着くステージに

横風でフルームすら置いて行かれる中、カヴェンディッシュはちゃんと前方に残ってました。経験値の差ですよねー。

 

[ステージ14] 最後の最後まで勝敗がわからない展開を制したのはトレンティン 逃げ集団のスプリント勝負を制す

伏兵2のトレンティン。ジュリアン・シモンは逃げ切れず。シモンの飛び出しからゴールまでは超ドキドキします。是非動画でラスト10km見てください。

 

[ステージ15] 超級山岳モン・ヴァントゥ 鬼のようなアタックでフルームがライバル勢を蹴散らす

モン・ヴァントゥ。ここで今大会は決まったように思います。フルーム無双。登りで多分30km以上は出てると思われます。恐ろしい。吸収されるときのサガンのウィリーにも注目ですw

 

[ステージ16] 最後の山岳頂上付近から逃げ切ったファリア・ダ・コスタ 改心の走りと勝利ポーズ

ツール・ド・スイス連覇者は、ひと味違うなぁというステージ。レースのススメ方うますぎ。勝利ポーズかっこいいよ。

 

[ステージ17] 最後の最後までわからなかった山岳TTステージは秒差でフルームが勝利 コンタドールは肉薄するも惜敗

TTでも早かったフルーム。コンタドールにやっとエンジンがかかってきたステージでした。

 

[ステージ18] ラルプ・デュエズ2回の登坂は”逃げられない”リブロンが逃げ切る フルーム、コンタドールはブレーキ 明日も山岳だけど大丈夫?

ラルプデュエズ2回という地獄ステージ。フルームがハンガーノックで、ポートが助ける姿が非常にかっこよかったです。

 

[ステージ19] ステージ16再来 最後の山岳で抜けだしたファリア・ダ・コスタ 勝利ポーズかっこ良すぎ

ファリアダコスタ2度め。モビスターはもっとちゃんとやれば絶対総合優勝できるよね。

 

[ステージ20] コロンビアの新星 クインターナがステージ優勝、新人賞、山岳賞と根こそぎ制圧 フルームは3位に入り総合優勝を確定的に

クインターナ。恐ろしい子・・・。この顔で年齢が24歳だなんて・・。冗談はさておき、このステージで根こそぎ、がばっと持って行きましたね。そして見どころはサガン。ゴール時のウィリー&ドリフトは必見。

 

[ステージ21]三つ巴の全力スプリントを制したのは早駆けのキッテル カヴ、グライペルの猛追は届かず

カヴェンディッシュは5年連続というわけにはいきませんでした。止めたのはキッテル。素晴らしい。

 

 

第100回、いかがでしょうか。

フルームの超登坂力は最高の見ものだったのではないでしょうか?w
あとフルームといえば楕円チェーンリングですが、非常にピーキー性能なようでフルームのような脚質にあっているんだそうです。
ペダリングがうまくなるという話もあって、ちょっと試してみたいなぁーと思う次第です。

そしてステージ18などでフルームを献身的にアシストした、リッチー・ポートは、チームスカイの生命線ですね。
彼の働きはもっと賞賛されるべきだと思いました。というか、かっこいい男の姿です。

Share this Story

Related Posts

Facebook