サイクルロードレース, ツール・ド・フランス 2013
三つ巴の全力スプリントを制したのは早駆けのキッテル カヴ、グライペルの猛追は届かず [ツール・ド・フランス2013 ステージ21]

三つ巴の全力スプリントを制したのは早駆けのキッテル カヴ、グライペルの猛追は届かず [ツール・ド・フランス2013 ステージ21]

ツール・ド・フランス ステージ21
ツール・ド・フランス ステージ21

さてさて、ツール・ド・フランス2013、ステージ20(ETAPE 20)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
ついに今年のツール・ド・フランス、最終日となってしまいました。くぅー、なんか今年もいろいろあったなぁ。
最終ステージはいつもどおり、パレードラン後にシャンゼリゼでのスプリント勝負でしょう。

なお、今年は夜のシャンゼリゼにゴールするとのことで、日本での放送も夜中から朝までという”月曜殺し”のスケジュールでした。

 

ステージ結果:
ツール・ド・フランス ステージ21 マルセル・キッテル
キッテル早ぃ!
カヴェンディッシュ、グライペルとの3人のピュアスプリンター同士のバトルとなりましたが、
早駆けしたキッテルがそのスプリント力が落ちずにステージ勝利を取りました。

カヴェンディッシュ、グライペルは猛追したのですが、後一歩届かず。

 

今年はこれでおしまいですね。終わっちまったなー。
ちなみに最後のゴールはチームスカイは並んでみんなで肩組んでゴールでした。

 

 

1. KITTEL M. ARG 03h 06′ 14”
2. GREIPEL A. LTB 00′ 00”
3. CAVENDISH M. OPQ 00′ 00”
4. SAGAN P. CAN 00′ 00”
5. FERRARI R. LAM 00′ 00”
6. KRISTOFF A. KAT 00′ 00”
7. REZA K. EUC 00′ 00”
8. GENE Y. EUC 00′ 00”
9. BENNATI D. TST 00′ 00”
10. FISCHER M. FDJ 00′ 00”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

終わっちまったなー(二度目)
フルーム強かったですね。決して安定感があったとは言えない、危ない感じの漂う各ステージを実力と覇気と仲間で乗り切った感じです。

1. FROOME C. SKY 83h 56′ 40”
2. QUINTANA ROJAS N. MOV 04′ 20”
3. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 05′ 04”
4. CONTADOR A. TST 06′ 27”
5. KREUZIGER R. TST 07′ 27”
6. MOLLEMA B. BEL 11′ 42”
7. FUGLSANG J. AST 12′ 17”
8. VALVERDE A. MOV 15′ 26”
9. NAVARRO D. COF 15′ 52”
10. TALANSKY A. GRS 17′ 39”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

サガンが2年連続でマイヨ・ヴェール確定。サガンは今年はパフォーマーでしたなw
勝利数こそ1ステージだけでしたが、ウィリー走行とかドリフト走行で楽しませてくれました。

1. SAGAN P. CAN 409 pts
2. CAVENDISH M. OPQ 312 pts
3. GREIPEL A. LTB 267 pts
4. KITTEL M. ARG 222 pts
5. KRISTOFF A. KAT 177 pts
6. FLECHA GIANNONI J. VCD 163 pts
7. ROJAS J. MOV 156 pts
8. KWIATKOWSKI M. OPQ 110 pts
9. FROOME C. SKY 107 pts
10. RIBLON C. ALM 104 pts

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

序盤から積極的にピエール・ローランが取りに行ったんですが、残念でした。
コロンビア人が山岳賞というのは、ルイス・ヘレラを思い出しますねぇ。

1. QUINTANA ROJAS N. MOV 147 pts
2. FROOME C. SKY 136 pts
3. ROLLAND P. EUC 117 pts
4. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 99 pts
5. RIBLON C. ALM 98 pts
6. NIEVE ITURRALDE M. EUS 98 pts
7. MOSER M. CAN 72 pts
8. PORTE R. SKY 72 pts
9. HESJEDAL R. GRS 64 pts
10. VAN GARDEREN T. BMC 63 pts

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

開催前から期待されていたティボ・ピノー、TJヴァンガーデレン、タランスキーなどは残念な結果でした。
クヴィアトコウスキー(アシスト、スプリント、逃げ、クライム、TTと全部できるのは恐ろしいw)は今後期待ですねぇ。

1. QUINTANA ROJAS N. MOV 84h 01′ 00”
2. TALANSKY A. GRS 13′ 19”
3. KWIATKOWSKI M. OPQ 14′ 39”
4. BARDET R. ALM 22′ 22”
5. DUMOULIN T. ARG 01h 30′ 10”
6. GENIEZ A. FDJ 01h 33′ 46”
7. VAN GARDEREN T. BMC 01h 34′ 37”
8. VUILLERMOZ A. SOJ 01h 35′ 45”
9. GALLOPIN T. RLT 01h 58′ 39”
10. VICHOT A. FDJ 02h 10′ 46”

 

余談:
終わっちまったなー(三度目w)
また後日まとめ作りますねー。

 

(texted by 新堀 勝)

 

Share this Story

Related Posts

Facebook