サイクルロードレース, ツール・ド・フランス 2013
ラルプ・デュエズ2回の登坂は”逃げられない”リブロンが逃げ切る フルーム、コンタドールはブレーキ 明日も山岳だけど大丈夫? [ツール・ド・フランス2013 ステージ18]

ラルプ・デュエズ2回の登坂は”逃げられない”リブロンが逃げ切る フルーム、コンタドールはブレーキ 明日も山岳だけど大丈夫? [ツール・ド・フランス2013 ステージ18]

ツール・ド・フランス ステージ18
ツール・ド・フランス ステージ18 高低差

さてさて、ツール・ド・フランス2013、ステージ18(ETAPE 18)です。
欧州のプロレース大好き、新堀です。

 

ステージ解説:
きた!クイーンステージとも呼ばれているステージで、ラルプ・デュエズを2回登る、凶悪なステージです。
ラルプ・デュエズ1回目の後の下りは選手勢から相当嫌がられている(危険である)ようです。

 

ステージ結果:
ツール・ド・フランス ステージ18 クリストフ・リブロン
序盤から逃げに乗っていたリブロンが、同じく逃げていたTJヴァンガーデレンを最後の2kmのところで差しきり抜き去りました。
「リブロンが逃げに乗ると必ず捕まって逃げ切れない」というジンクスを破りましたw

そしてクリス・フルームが途中ハンガーノックでリッチー・ポートに助けてもらう場面も。
コンタドールも最後の登坂では勢いを失い、仲良くダメな日となりました。

 

 

1. RIBLON C. ALM 04h 51′ 32”
2. VAN GARDEREN T. BMC 00′ 59”
3. MOSER M. CAN 01′ 27”
4. QUINTANA ROJAS N. MOV 02′ 12”
5. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 02′ 15”
6. PORTE R. SKY 03′ 18”
7. FROOME C. SKY 03′ 18”
8. VALVERDE A. MOV 03′ 22”
9. NIEVE ITURRALDE M. EUS 04′ 15”
10. FUGLSANG J. AST 04′ 15”

 

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌの結果:

マイヨ・ジョーヌはフルームは守りきりました。結果総合上位勢ではクインターナ、ホアキンに続いてゴールでしたので。
コンタドール、クロイツェゲルが落ちたため、クインターナが一気にジャンプアップで3位に。

1. FROOME C. SKY 71h 02′ 19”
2. CONTADOR A. TST 05′ 11”
3. QUINTANA ROJAS N. MOV 05′ 32”
4. KREUZIGER R. TST 05′ 44”
5. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 05′ 58”
6. MOLLEMA B. BEL 08′ 58”
7. FUGLSANG J. AST 09′ 33”
8. ROGERS M. TST 14′ 26”
9. KWIATKOWSKI M. OPQ 14′ 38”
10. VALVERDE A. MOV 14′ 56”

 

ポイント賞 マイヨ・ヴェールの結果:

中間スプリントでまたサガンが少しだけポイント稼ぎました。

1. SAGAN P. CAN 380 pts
2. CAVENDISH M. OPQ 278 pts
3. GREIPEL A. LTB 227 pts
4. KITTEL M. ARG 177 pts
5. KRISTOFF A. KAT 157 pts
6. ROJAS J. MOV 145 pts
7. KWIATKOWSKI M. OPQ 110 pts
8. FLECHA GIANNONI J. VCD 110 pts
9. FROOME C. SKY 92 pts
10. IMPEY D. OGE 91 pts

 

山岳賞 マイヨ・ブラン・アポワ・ルージュの結果:

ポイントは入った物の、各自がまんべんなくポイント稼いだという感じで順位は変化なし。

1. FROOME C. SKY 104 pts
2. QUINTANA ROJAS N. MOV 97 pts
3. RIBLON C. ALM 77 pts
4. NIEVE ITURRALDE M. EUS 63 pts
5. VAN GARDEREN T. BMC 62 pts
6. RODRIGUEZ OLIVER J. KAT 59 pts
7. MOSER M. CAN 58 pts
8. ROLLAND P. EUC 51 pts
9. PORTE R. SKY 48 pts
10. VALVERDE A. MOV 34 pts

 

新人賞 マイヨ・ブランの結果:

クインターナが圧倒的な差を開きました。もうほぼ決まりかな。

1. QUINTANA ROJAS N. MOV 71h 07′ 51”
2. KWIATKOWSKI M. OPQ 09′ 06”
3. TALANSKY A. GRS 10′ 52”
4. BARDET R. ALM 25′ 13”
5. VAN GARDEREN T. BMC 01h 01′ 50”
6. VUILLERMOZ A. SOJ 01h 12′ 17”
7. VICHOT A. FDJ 01h 21′ 09”
8. DUMOULIN T. ARG 01h 22′ 55”
9. GENIEZ A. FDJ 01h 26′ 04”
10. GALLOPIN T. RLT 01h 28′ 08”

 

余談:
フルームのハンガーノックが心配。明日、明後日に大きな影響が出るのでは・・・。

そして、リッチー・ポートがすごすぎてどうしよう。
途中下がってコンタドールとクロイツェゲルの様子見て戻ってきたり、
ハンガーノックに気づいて食料もってきたり、
坂道、下り坂を牽引しまくっていたり。
劉邦の蕭何のような縁の下の力持ち感が、半端無い。

 

(texted by 新堀 勝)

 

Share this Story

Related Posts

Facebook