Campagnolo(カンパニョーロ)-Zonda(ゾンダ)2-Way Fit 2010

ついにホイールに手を出してしまった・・・

 

ずっと欲しかったZONDAを購入!!

 

 

Fハブはこんな感じ

 

 

 

Rはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHAMALと迷いましたが予算の都合と

チューブレスにしたかったので、

2-Way(クリンチャー、チューブレス対応)がZONDAでも出たってことで決定しました。

 

なのでもちろんタイヤはチューブレスにしました。

ハッチンソン フュージョン3 です。

 

 

噂に聞いていましたが、チューブレスのはめずらさは半端なかったです。

 

何かコツがあるのでしょうか??

私の場合、手がもげそうなくらい痛くなり、はめるまで苦戦しました。。

 

パンクしてタイヤ交換と想像するだけでちょっとヘコみます。

 

が、

 

シーラントも入れているおかげか、走行距離2000kmを超えていますが

今のところパンクもなく大きなトラブルはありません。

 

 

 

ZONDAの特徴としては、

まずはラチェット音がとても静かです。

 

購入時には、ラチェット音も期待していたのですが

びっくりするほど無音です。

 

個人的にはラチェット音が欲しかったのでちょっと残念ですがww

 

 

また、前年モデルと比べるとスポークが細くなっています。

 

 

こちらも太くゴツイ方が好みなので残念ではありますが

これにより軽量化されエアロ効果もあるそうです。

G3はマジでかっこいいです!

 

早速、通勤を中心に乗ってみました。

まずは以前まで使用していたホイールが

完成車についていたALEX R-450/シマノ 2200 であるため

こちらと比較するにはあまりにも違い過ぎのでなんですが

比較した感想としては、

 

 

まずは転がりがすごくマイルドです。

 

これはホイールのおかげなのか、タイヤのおかげなのかはっきりしませんが

とにかく、転がりの違いを感じます。

ひと漕ぎでずっと回っているイメージです。

 

漕ぎだしも軽く、速度も30km台に到達するのが以前よりも早く楽になり

平地であればずっと走っていられそうな感じです。

 

当然、重量も2キロ以上あったものから、

1.5キロになっているのでその違いも大きいですが。

 

また、路面からの振動も吸収してくるので疲れにくく、

通勤やロングライドにはもってこいのホイールだと思い購入して満足しています。

もちろんロードレースも十二分に対応できると思います。

 

 

次はチューブラーにも挑戦してみたいなぁ

そのときはやっぱりBORAが欲しいな

 

—————

■商品情報

フロントホイール重量:680g

リアホイール重量:900g

スポーク数:F16本、R21本

リム高:F24mm、R30mm

リム幅:F20.5mm、R20.5mm

スポーク:ステンレス

ニップル素材:真ちゅう

対応スプロケ:カンパニョーロ、シマノ

対応タイヤ:チューブレス、クリンチャー

価格:80,850円