エンタメ, ピックアップ
チリにある砂漠の斜面(斜度45度)をマウンテンバイクのダウンヒルで167km出す動画

チリにある砂漠の斜面(斜度45度)をマウンテンバイクのダウンヒルで167km出す動画

以前紹介した「【動画あり】自転車で世界最速ダウンヒルにチャレンジ 最高速度は脅威の223km」にある通り、ただのダウンヒルの記録はすごい速度の記録があります。
これはプロトタイプバイク(エアロごりっごり&フルチューン)のバイクだし、雪斜面による記録です。

 

今回の記録は、エアロでもなんでもない通常リテール製品のマウンテンバイクで、砂利斜面を167km出して記録更新したとのこと。


写真:Markus Stoeckl reached a speed of 167.6kph at the Red Bull VMax 200 event in the Atacama Desert, Chile on December 10, 2016. Photo: Grit Koenig / Red Bull Content Pool

※今回、何がワールドレコード樹立なのかぶっちゃけよくわからなくて調べた結果、ニカラグア火山(砂利)で通常の製品マウンテンバイク(僕らが買い求めることができるもの)を使って164km出してたそうなんですが(この時点でちょっと何言ってるかわからないんですけど)、それを今回チリにあるアタカマ砂漠の斜面を使って更新したよ!ということだったようです。

 

この方は、フランスの山では210kmという記録を持っていたりするようです。
(もっというとそれぞれのそういう斜面に対しての記録がそれぞれ樹立されていてそれの更新を競う、ある種のアスリート競技があるようですね。)

ということで脅威のマウンテンバイクライドをご覧あれw

 

ひとつ言えることとして、とりあえずどうであろうと記録出すレベルは、ネジが一個どこじゃなく大きく何本か抜けてますね。

 

参考:Downhill mountain biker sets new speed record of 104mph

Share this Story

Related Posts

Facebook