自転車で走ると飲料水が出来る!空気中の水分を取り込んで「水」を作り出す不思議デバイスが登場

Fontus(フォンタス?フォントス?)という商品名。

タイトルどおり、空気中の水分を取り込み電力を使って冷却、水を作り出すというガジェットです。

商品レパートリーとして2つあり、自転車用と歩行者用があるそうです。

fontus002
写真:Gizmag

自転車用の「Ryde」モデルは、自転車のフレームに取り付けることが可能(写真のとおりトップチューブに)。

 

fontus001
写真:Gizmag

自転車で走ることで吸気口(ボトル底面の上にあるスポンジような箇所)から空気を取り込み、その空気に含まれる水分から飲料水を創りだしてボトルに。

約1時間で500mlの水を作り出せるそうです。まじかよ。

 

fontus003
写真:Gizmag

尚、歩行者用の方「Airo」は自転車には取り付けられないものの、バッグには取り付けることが可能で、しかもこちらはソーラーパワーで電力を作りファンを回して、走行中と同じ状況を作り出すそうです。

 

あれ?どっちもありじゃね?

 

写真および参考:This self-filling water bottle is the ultimate in vaporware Gizmag
公式:fontus.at