位置情報を記録して盗難されてもわかっちゃうペダルが登場 充電不要のスグレモノだが?

pedal_in_gps001

Connected Cycle pedalは、ペダル自体が位置情報を記録し、自転車を盗まれる(動かされる)と利用者に通知するというもの。位置情報は常に記録され続けるので、ペダルがセットされた自転車が走行した経路や駐輪位置を知ることができます。

pedal_in_gps003
記録された情報はスマホアプリで確認することができる

pedal_in_gps004
システムの稼働にはペダルの回転で発電させたパワーを使う

また経路のほかにも、速度や勾配、消費カロリーを自動で記録。記録された情報は、スマホの専用アプリを使い同社のクラウドサーバー経由で確認することができます。自転車での毎日の走行ログ管理など、ライフログのひとつとして役立てることができそうです。

 ペダルをこぐことで発電されるので、電源やバッテリー残量の心配は不要。さらにペダル自体に通信機能が搭載されているため、Wi-FiやBluetoothの接続を気にする必要もありません。盗難や紛失でスマホから遠く離れた場所にあっても、利用できますね。

機能はすげぇっすね。

 

ただ、さ。

 

 

だ・・・ださいよね?

両面で踏めないし、既存でビンディングしてる人は採用しづらい。。。

 

販売に関しては、

発売は2015年の中頃を予定し、価格や発売される国は未定です。

とのことで、いまいちハッキリしません。
日本対応かどうかもよくわかりませんな。

 

正直新しいペダルじゃなくて、
既に持っているペダルに取り付けられるようにしてほしいなぁと思いましたわ。

引用元:
ペダルが発信する愛車の現在地 自転車盗難防止の新しいソリューション – cyclist

 
(texted by 新堀 勝)