自分は安全でも子供の安全は?子供用ヘルメットを調査してみた

child_helmet001

ロードバイカーのみなさんはもちろんヘルメットしてると思います。


こういうやつ(これカッコイイですね)。

ヘルメットしないでロードバイクをかっ飛ばしてる人とかいますが、時速30kmも出していたら大抵頭打ったら致命傷です。
(私も通勤にロードバイクを使いますが、ヘルメットしてない時は時速15km程度で大通りを避けてます)

 

問題は子供だ!
今回は子供用ヘルメットに注目します。

おすすめの自転車ヘルメット6選!子供の安全を守る主婦必見です

子供が成長すると、自転車も補助輪を外して近所の広場などに行き、乗り方を練習するようになります。しかし補助輪を外せば、不安定な車体から不慣れな子供には怪我などのリスクがあるでしょう。そのため安全面での配慮が必要となり、特に頭部を守る子供用ヘルメットは大切です。

練習中は、不意にバランスを崩すこともあります。たとえ自在に乗れるようになっても、小学生になれば友達と自転車で出かけることも増え、思わぬ事故が起きかねません。そのため、子供用ヘルメットは子供の活動範囲が広がる前に準備してあげる必要があるでしょう。そこで今回は、5歳頃〜小学生中学年頃までを対象とした“子供用ヘルメット”をご紹介します。

僕も子供が居ますが、まあ気をつけたい。子供は特になんてことないところで転んだり、僕らの考えの斜め上をいくことをします。

 

コスパ、サイズ、規格などに留意しながら購入して、子供の安全を守りましょう。

 

あとの続きは「おすすめの自転車ヘルメット6選!子供の安全を守る主婦必見です」で見れます。

 

子供本人が自転車に乗る場合も、ママチャリなどに2人乗りなどをする場合もヘルメットは付けてあげましょうね。

引用元:
「マサルでもわかる自転車保険ブログ」

 
(texted by 新堀 勝)