毎年恒例 サイクルモード2019に行ってきた PART.1 プロ仕様のハイエンドロードバイク

サイクルモード2019。
毎年サイクルモードを見ることで大体のトレンドを見ることができますね。
恒例、幕張メッセ。2018年の時と会場が同じ状態で開催されました。動員数やブース数はさほど変わってないように思いますが、メーカー側の規模感はパっとしない。というかイマイチ?な感じでした。

プロ仕様のロードバイク
今年はまたもチームスカイが採用しているPinarelloを全面に。。。あれ?他のメーカーどうした?というブース。
DerosaやCanyonはあったものの、Bianchi含め色々席巻したメーカー郡はほぼ展示がありませんでした。あれ?こんなにいなかったっけ?と。
かなり肩透かし感すごかったです。

eBike郡の伸び
電動アシストのゾーンが大きく伸びていて、多目的な電動アシストバイクが増えたように思います。
BOSCHなどは持ち前のバッテリー技術を電動アシストのモーター部として色々なメーカー(Trekなど)に提供したり形はそれぞれあれど、BESVを始めスポーツバイクではなくママチャリでもなく、荷物運び用やミニベロ用など様々なバラエティに富む形になっていました。

サイクルトレーナー
増えすぎ。全ブースの15%ぐらいはローラー系の展示だったんじゃないかと。
Zwiftが間違いなくその牽引元になるのですが、Wohooがこれに参加してきたためローラーの会社各社がこぞって展示。
各ブースのブロックを越えていくとローラーがあるという感じで、正直客側目線としては非常に退屈な展示になってしまったという印象です。

 

上記したとおり、閑散としてる感。メーカーブースが少ないため派手さが弱い。。。

 

ピナレロは毎年恒例。もはや展示は外せないのでは。

 

ツール・ド・フランス2019を制覇した若干22歳のエガン・ベルナルくんのピナレロ。
サイン入り。

 

今年は大怪我でシーズンを棒にふったフルーム専用機。
さいたまクリテリウムの記事で紹介したのですが、フルームのこのピンク1つ、赤2つ、黄色4つの6文字は、かなりいいセンスだと僕自身は思うのですよ。

 

ルック。
トップチューブとステムが一体化していたモデルは個人的にかっこ悪いと思ってて、こっちのスタイルのほうが好きです。白とフロントフォークのカラフルなブロックカラーが良い。

 

Canyonのパトリック・ラング仕様のTTバイク。

 

同社のマチュー・ファンデルポールのシクロクロスバイク。もちろん世界チャンピオン仕様。

 

そういえばと思い出してピナレロへカムバック。
「グラベルロード」というジャンルが今回ちらちらと。各メーカーからこのグラベルロードというジャンルへのアプローチは結構あります。

 

BESV。eBikeこと電動アシスト自転車。
eBike中心の各ブースエリアに普通に歩いていくとたどり着く大きな能年玲奈様。

 

BAFANGというクランクと電池パックとで、あとから電動アシスト付きにできるよという製品まで、普通に展示されるようになりました。
これを積んだデローザとかもうなにがなんだかわからない感じですごいんだかすごくないんだかと。

 

そしてこのサイクルトレーナーばかりのブース達よ。
正直飽き飽きしてしまって火付け役のZwiftさんのブースを撮るのを忘れてしまう(というか飽きる)始末。
前々からブームや兆しはあったものの、サイクルトレーナー元年というか、Zwiftが作った突破口で一気に各メーカーも乗り気で参入してきているという感じがします。

 

PART.2に続きます!