毎年恒例 サイクルモード2018に行ってきた Part.2 その他役立つ&おもしろグッズ

毎年恒例 サイクルモード2018に行ってきた Part1の続き。
いろんな面白い製品を写真と共に解説&コメントしていくよー。

CDJ Big Pulley Kit。
プーリーを大きなサイズに変更することで、チェーンの抵抗が減りスムーズに回るようになるのと、そのおかげかアウターローとか斜めのテンションでも使えるようになるそうで。

 

こっち通常のプーリー。

これがそのプーリー。
これはもうペダル自体を回してみないとわからないですが、デモで手で回させてもらいましたが、そのレベルで全然違いがわかるレベル。
足で回したら余計にこれを感じるんだろうなと思う次第です。

詳細はCDJさんのところにデータと共に掲載がありますのでそちらで。

 

OGK Kabutoさんのシールド付きエアロヘルメット。

 

こっちはGiroのVanquishというシールド付きエアロヘルメット。

メガネユーザーには朗報では?と呼ばれているシールド付きエアロヘルメット。
空気抵抗軽減を目的に作られているエアロヘルメットですが、TTとか特殊な条件ではなく通常ロードバイク使用でもイケてるデザインになっていたり、実物を被ってみました。
メガネフレームが分厚かったり大きかったりするとシールドと干渉しますが細身フレームやフレーム無しなどであれば全く問題なく使えるレベルでした。
シールドは逆向きに取り付けることもできる&強力なマグネット接着のため、アタッチメント感は優秀です。個人的には「これは有り」と思いました。

OGKさんの方が圧倒的に値段は安く、重量も優秀(約20000円で約230g程度)。
Giroの方がデザインはカッコいいなと思いましたが、値段も重量もOGKと比べると悪いです(約40000円で約350g程度)。
ちなみに安全性能や空気抵抗削減性能などは、2つをきちんと比べてるエビデンスは見つかりませんでした。
それぞれがそれぞれの性能を語っている状態で、一応OGKよりGIROの方がちゃんとしたエビデンスを持ってそうな情報はありました。
とはいえ、倍の価格でこの数値じゃなーという感じがしますねw

参考(一部):
OGK Kabuto Aero-r1のインプレ ライター浅野のインプレブログ
AERO R1、これは褒めざるを得ないエアロヘルメット – Boriko Cycle
Giro独自の「MIPS(MULTI-DIRECTIONAL IMPACT PROTECTION SYSTEM)」という安全性能
Cycling weeklyによるエアロテストの結果まとめ – 十三峠十三分切

参考にさせていただいたサイトは他にもいっぱいあったんですが、すいません覚えてませんww
OGKのインプレやレビューは、腐るほど出てきますので是非参考にどうぞ。

 

Wahoo。
WahooというかEliteさんやTacXさんとかもなんですが、「ローラー元年」という感じ。
脱輪しない3本ローラーや、室内ローラーとZwift連携などが普通、定常化してきていて「え、まだやってないの?」みたいな空気にしてくる感じ。

家でのローラーは設置が大変だったり場所を取るしうるさいしといったデメリットが多くあるわけですが、
それを差し置いても部屋で走れるというのが良いわけです。
しかも最近はZwiftなどのおかげで、ストイックからエンタメへ変わってきていることもあって、いい入り口が出来たのかなと実感します。
Zwiftの課金が高いと感じてしまうので僕はやってないけど。Zwift無料にならねぇーかな。

 

カンパニョーロの12速。これが12速でございます。
サイクルモードで12段ある恩恵はほぼ無いですw
山や峠で使ってみたいですね。

 

fizikの靴。ズラッと。

靴はオンラインで買うと失敗することが大変多く「あれ?このフィット感なんか違うわ」とか「(同じサイズ買ったはずなのにメーカーによって)フィット感違うじゃん」というよくあるやつ。
靴こそ実地でフィット感確かめながら買わないといけなくて、靴は特にずっと履いてるわけですので走行環境に大きく影響してくるパーツの一部ですので違和感は✕。
fizikやシマノさんとかは毎年フィッティングやってて、このフィッティングはいつも大盛況です。
靴買い替え検討の方は是非フィッティングしてから買いましょう。僕はSidiを長年使ってますけどフィッティング大事。

 

なんだお前は(knogブースにいた人形)。

 

ロックマンバイクw
昨年のガンダムに続き、ロックマンバイク。こういうエンタメは毎年ありますw

 

うわさのホバーシステムのロードバイクバー。

ニュースなどで出てきた時に「なんぞこれ!(だっせぇ)」と衝撃でした。
グラベルロードと考えたときとハンドル部分での手の落ち着き(リフレックス)はCanyonの技術の人たちが必死に考えた結果だと聞いて「ふーん」と思ったものですw
発想は面白いし既存概念をぶっ壊してくる形はすごく良いですねw

で、実物見てみてですが、やっぱダセェなという感じですw

参考:
キャニオンから2階建てハンドルバー搭載 「GRAIL」登場 遅れて来た過激で保守的なグラベルバイク – cyclist

 

風洞実験(空気抵抗バカとしては常識的な単語なので説明割愛)を、小さな設備で実現しようとしてる製品。

風洞実験は、大学の実験室的なもので、価格も3000万以上の設備。研究機関的なところが扱っててそこに行かないと使えないという大仰な物というイメージ。
それをまさかコンパクトに実現しようとしてる人たちがいたとは、笑いがこみ上げてきますね。

物としては確かにあ、なるほどという感じで、ちゃんとしてます。ちゃんと風送られるしデータも取れます(データを取るためのソフトウェアもついてます)。
個人で買うもんじゃないのは確定ですが、実業団とかであれば買ってみてもいいんじゃないかと思うレベルまできました。

 

ヴィンテージブースで見かけたCinelliのLazerタンデム。

写真でしか見たことがなかったLazerタンデムですが、思ったよりもすらっとしててカッコ良かったです。思ったよりってのも失礼ですが。
この自転車が活躍できるようなところが日本にはほぼ無いのが残念ですが(2人乗りがOKなところでしか乗れないため)、最高クラスのタンデムといえます。
間近で見れて感動しましたw

 

新城幸也選手のトークショー。栗村さん司会進行。

この観客の数よ。

「食べるものがそのまま体になるから、走行性能に影響が大きい。食事は大事」。
大事よ。ご飯。ぶくぶくと太る一方のこのからd・・・あ、いやなんでもないです。

 

今年も大盛況のサイクルモード2018でした。

総括はPart1のところに書いてありますのでそちら参考にどうぞ。
ビッグプーリーと、エアロヘルメットは買って試したいなと思った一品でした。