ニュース・イベント, ピックアップ
メカニカルドーピングの女子選手に6年出場停止&約200万円の罰金という処罰ってどうなんでしょうか?

メカニカルドーピングの女子選手に6年出場停止&約200万円の罰金という処罰ってどうなんでしょうか?

先日のシクロクロスの世界大会、U23の女子大会で、世界初となるメカニカルドーピング(人体にどうこうではなくて機材側でズルをすること)が確認されていた件。
参考:http://www.roadbike.jp/lifehack/entertainment/21038

 

cyclocross_fraud001
引用:『不名誉な機材ドーピング第1号はファン・デン・ドリエッシュ (C)Tim D.Waele』 CYCLINGTIME.com

ついにUCIからこの選手に対しての処分があったことを公表。4/26日に報道がありました。

国際自転車競技連合(UCI)は26日、競技用の自転車にモーターを隠していたベルギーのフェムケ・ファン・デン・ドリエッシュ(Femke van den Driessche)に対し、6年間の出場停止処分を科した。

引用:モーター隠した自転車選手に6年間の出場停止、UCI (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

 

以下が主な処分内容。
・6年間の出場停止
・昨年10月からの全記録削除
・その期間に取得した賞金およびメダルの変換
・2万スイスフランの罰金(約200万円)

 

UCIの声明によれば、今回のケースでは「vivax drive」という会社のモーターが「バッテリーと共にシートチューブに隠されていた。装置は、ハンドルバーテープの下に内蔵されたブルートゥース(Bluetooth)によってコントロールされていた」という。

引用:モーター隠した自転車選手に6年間の出場停止、UCI (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

結局vivaxでしたね。。。残念。

 

チームやバイクメーカーとかは特に罰則はなかったんでしょうかね?
それと選手は永久追放ではないのですね。。。

正直、軽い処分な気がするのですが。。。。

 

モーター隠した自転車選手に6年間の出場停止、UCI (AFP=時事) – Yahoo!ニュース
モータードーピングのファンデンドリーシュに6年の出場停止と2万スイスフランの罰金 | cyclowired

 

Share this Story

Related Posts